今日の迷言・余言・禁言

日本の“先行き”が決まる三日間

ここに来て「ドル円相場」が“円安方向”に反転し始めている。それに伴い「日経平均」も上昇ラインを描き始めた。私が以前指摘したように「日本の景気」を上向かせる手っ取り早い方法は「円安」しかない。一時期100円を切っていたドル円相場は、ここに来て106円前後まで戻した。どうして戻ったのかといえば日銀の“追加緩和”と政府の“10兆円超の景気対策”が予想されているからである。そう、まだ確定したものではなく、“予想・予定”に過ぎない。それでも、というかそれだけでも、これだけ「円相場」と「日経平均」は“動く”のだ。どうしてかというと、外国人投資家たちが動くからだ。特に「ヘッジ・ファンド」が動く。以前にも書いたが、結局、日本の経済指標を動かしているのは海外のヘッジ・ファンドなのだ。そして、ここからが重要なのだが、ヘッジ・ファンドというのは“先回り”して動く。物事が実際に行われて動くのではない。つまり“予想して動く”。だから、今回も、日銀と政府が“追加緩和”と“10兆円超”を実行化するだろうと予想して、先回りの“売り”や“買い”を出している。もし、日銀が“追加緩和”しなければ、100%間違いなく、再び一気に円高が進む。おそらく97円まで一気に進む。つまり、日銀は絶対に裏切ってはいけないのだ。もし、日銀が“予想”以上の大胆な追加緩和を行えば、一気に110円まで“円安”方向へ戻すことになる。ここまで戻せば、再び「円安・株高」の“アベノミクス路線”が戻ってくることになる。その試金石となるのが、実は今日からの三日間なのだ。この三日間でドル円が105円を切らないこと、日経平均が16000円を割り込まないこと、これが重要で、この条件がクリアされれば間違いなく日本の経済の先行指標は、長期的に「円安・株高」方向へと戻っていく。


最近の記事はこちら

「憲法9条」にしがみつく時代ではない

日本の“事前調査”というのは、どこかのお国と違って“きわめて正確”である。したがって、終盤になって“番狂わせ”が起こるということもなく、報道各社の事前予想通りの選挙結果になった。これでどうやら「憲法改…続きを読む

「赤い球」ではなく「蒼白い球」

人間は齢を取って来ると“自分の死”というものを考えるようになる。どういう“死に方”をするのだろうか。“いつ”死ぬのだろうか。それまでに“何”をしておけば良いのだろうか。…ということで、アントニオ猪木氏…続きを読む

前大統領へ離党勧告を下す国民

私にはどうしても解からないことがある。韓国民の心情だ。前大統領であった朴槿恵被告に対し、旧与党である自由韓国党は事実上の“除名処分”である離党勧告を下す決定をしたという。かつて日本でも、収賄罪で田中角…続きを読む

バブル期88年の「13連騰」に並んだが…

私は9月13日に「日本株反転の兆し」を予言し、9月28日に「日本株“長期上昇の形”は整った」と予言した。それらは不思議なほどに的中し、日経平均はバブル期真っただ中1998年2月の記録「13連騰」に並ん…続きを読む

聖心女子大卒同士の対決‼

世の中にはいろいろな対決がある。この二人は共に「夫の身代わり」である。そして共に「聖心女子大」という“お嬢様学校”を卒業している。そして「母親」でもある。そして一応「美人」に属する。そしてここからは私…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.