今日の迷言・余言・禁言

日本人に「はとバスツアー」が大流行?

「はとバス」といえば“東京観光”の定番として知られる。私も大昔、利用したことがある。その時は何となく“古めかしい”印象を持った。確かに東京の主要スポットを巡るので、効率は良いのだが今一つ盛り上がらない。個人で乗ったせいもあるのだろうが、車内もシーンとして“何かが違う”ような気持ちが最後まで抜けなかった。ところが、近年「はとバス」が見事に蘇ったと噂されている。実際、数字的にもバブル期並みの乗車人数なのだ。昨年は93万人が利用している。しかも、それは“外国人観光客”が利用しているからではない。日本人の観光客、或いは地元・東京に在住している人たちでさえ競って利用し始めているのだ。特に予約しなければ絶対無理なのが、午後7時からの2階建てで屋根がない「オー・ソラ・ミオ号」という「はとバス」である。夜のライトアップされた景色が、通常の窓だけでなく、頭上にも広がる。今まで“見たことがない光景”を疾風と共に体験することが出来る。ライトアップされた国会議事堂は異国の建物のような印象を与えるし、夜の東京タワーはすぐそばを通るだけに大迫力で迫るのだ。「灯台下暗し」という言葉があるが、日本人はとかく“身近な観光”を忘れがちになる。私など、地元の「札幌雪まつり」は歩いて行けるのに、ライトアップされた夜に出向いて観光したことがない。考えてみればもったいない話である。ただ造りかけの雪像の近くを通ったりするので、改めて見物する気になれないのかもしれない。「はとバス」観光は、東京在住の人が見ても感動するのだから今後ますます人気が高まっていくだろう。少なくともニューヨークの変なパフォーマンスのバスツアーより感動的である。そう東京は住むところではなく“観光するところ”として、日本人たちに「はとバスツアー」が異常人気となっている…と海外のマスコミに不思議がられる街と化していくべきだ。


最近の記事はこちら

「自由&平等」は「責任」の元に与えられる

何かが違う。そんな“違和感”をおぼえるのは私だけなのだろうか。全国各地の“同性カップル”が2月14日に国を相手取り“損害賠償”を求めて一斉提訴するというのだ。つまり、同性婚を認めないのは憲法が保障する…続きを読む

長寿「113歳の顔」の特徴

男性としては「現存する世界最高齢」と昨年ギネスで認定されたばかりの足寄町の野中正造氏が亡くなった。1905年7月25日生まれなので享年113歳だった。前日までは元気にしていたらしい。これこそ“大往生”…続きを読む

本人よりも詳しい「オタク」がいる⁉

最近はどういう分野でも“熱烈ファン”や“追っかけ”や“マニアックなオタク”がいる。そして、それらの人は、その人物のあらゆることを知っている。時には、その本人よりも“詳しく知っている”こともある。驚くべ…続きを読む

ホロスコープは「真実」を告げるか

私は、或る程度、どういうところでは何か書くか、何となくだが決めている。そして、ここでは基本的に「占い」を真正面から扱うことはほとんどしないのだが、今日は“どうでも良いニュース”が多かったので、たまには…続きを読む

「竜宮の遣い」出現は“幸運”?“災い”?

「リュウグウノツカイ(竜宮の遣い)」と呼ばれる“深海魚”をご存じだろうか。深海魚であるから、滅多なことでは姿を現さない。体長が3m以上ある太刀魚に似た体形の奇妙な魚類である。昨日、舞鶴市の沖合でこのリ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.