今日の迷言・余言・禁言

日本人にとっての“剥き出しのアメリカ”

アメリカのダウやナスダックの株価が急伸している。クリントン氏の“メール問題”が一応の決着を見たからだ。それによってトランプ氏が大統領となる「リスク」が後退したと投資家たちは判断しているらしい。大統領選を控えて、アメリカはいろいろな意味で大騒ぎだが、多くの日本人にとっては今一つ“興味の外”に置かれている。なぜ興味を持てないのか。多分、クリントン氏もトランプ氏も、両方とも平均的“日本人の体質”に合わない人たちだからだ。もっとも、当のアメリカ人たちにも“ふたりを嫌う人達”は多い。それでも、この二人のうちのどちらかは“次期アメリカ大統領”となる。70歳直前の“年老いたアメリカ大統領”となる。なぜ平均的な日本人は、この二人を応援できないのだろう。それは二人とも共通して“剥き出しのアメリカ人”だからだ。特にトランプ氏は“開拓者時代のアメリカ人”そのもので、政治家というより商売人であり、気品を欠いていることおびただしい。彼にとって政治は“新たな商売”であり、どっちが“損か得か”だけが判断の基準となる。彼を熱狂的に応援している人たちは、同じような発想を持っているアメリカ人だ。したがって、もし彼が大統領になったら、その商売の相手国として中国は相手にするが、日本は相手にしない。儲けが少ないからだ。一方のクリントン氏も“典型的なアメリカ女性”であり、どうも私には日本で活躍する芸能人カイヤさんの顔が思い浮かんで仕方がない。男を踏み台にし、のし上がっていく“攻撃的なアメリカ女性”の典型に思えて仕方がないのだ。まあ政治家なのだから、アメリカという大国を背負っていくのだから、それくらいでなければ務まらないのだが。多分、日本の安倍首相は女性に優しいので、気に入られそうではあるが…。


最近の記事はこちら

「勤労感謝の日」84歳、深夜7時間の激務

「勤労感謝の日」というのは、日頃働いている労働者が“骨休め”をして良い日だと多くの人が思っている。ところが、そうではないのだ。この日は元々「新嘗祭(にいなめさい)」という“大祭の日”であった。それが戦…続きを読む

若者より老人の方が“外出好き”だった⁉

国土交通省の調査だから多分、本当なのだろう。日本の場合、20代の若者よりも、70代の老人の方が“多く外出している”という驚くべき結果が公表された。この若者の外出が減ってきていること自体は世界的な現象ら…続きを読む

日馬富士は「流行語大賞」を狙っていたのか?

予想外の方向へと動き出した感のある「日馬富士の暴行事件」。どうも雲行きが怪しくなってきた。人は誰でも酒が入ると、ついつい口が滑る。気持ちもふらつく。だから、時には“タブーな言葉”なんかもぶつけてしまう…続きを読む

21世紀は「海底遺跡」の時代

時代が進むことで、過去が解かって来る。近年、水中考古学というものが脚光を浴び始めている。これまでは、海の底の探索はいろいろな意味で難しかった。それが、ここに来て徐々に可能となった。その結果、まだまだ知…続きを読む

人間の身体は「機械」なのかもしれない

これを読まれる99%の人が「何をバカな…」と思うことだろう。けれども、私は“人間の身体は機械かもしれない”と本気で思っている。だからこそ時々信じられないようなミスが生じる。機械として埋め込まれている部…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.