今日の迷言・余言・禁言

日本人にとっての“剥き出しのアメリカ”

アメリカのダウやナスダックの株価が急伸している。クリントン氏の“メール問題”が一応の決着を見たからだ。それによってトランプ氏が大統領となる「リスク」が後退したと投資家たちは判断しているらしい。大統領選を控えて、アメリカはいろいろな意味で大騒ぎだが、多くの日本人にとっては今一つ“興味の外”に置かれている。なぜ興味を持てないのか。多分、クリントン氏もトランプ氏も、両方とも平均的“日本人の体質”に合わない人たちだからだ。もっとも、当のアメリカ人たちにも“ふたりを嫌う人達”は多い。それでも、この二人のうちのどちらかは“次期アメリカ大統領”となる。70歳直前の“年老いたアメリカ大統領”となる。なぜ平均的な日本人は、この二人を応援できないのだろう。それは二人とも共通して“剥き出しのアメリカ人”だからだ。特にトランプ氏は“開拓者時代のアメリカ人”そのもので、政治家というより商売人であり、気品を欠いていることおびただしい。彼にとって政治は“新たな商売”であり、どっちが“損か得か”だけが判断の基準となる。彼を熱狂的に応援している人たちは、同じような発想を持っているアメリカ人だ。したがって、もし彼が大統領になったら、その商売の相手国として中国は相手にするが、日本は相手にしない。儲けが少ないからだ。一方のクリントン氏も“典型的なアメリカ女性”であり、どうも私には日本で活躍する芸能人カイヤさんの顔が思い浮かんで仕方がない。男を踏み台にし、のし上がっていく“攻撃的なアメリカ女性”の典型に思えて仕方がないのだ。まあ政治家なのだから、アメリカという大国を背負っていくのだから、それくらいでなければ務まらないのだが。多分、日本の安倍首相は女性に優しいので、気に入られそうではあるが…。


最近の記事はこちら

入場料“1500円の書店”は成功するか

東京・六本木の青山ブックセンターの跡地に、昨日、新たな書店「文喫(ぶんきつ)」がオープンした。書店としては中型規模の売り場面積だが、入場する時に“入場料1500円”を支払わなければならない。新たなビジ…続きを読む

「千尋」から「弌大」への改名は最悪⁉

私はこれまでにも何度か「読めない文字を使った命名はすべきでない」と記してきた。今回は正にその典型である。昨日、プロ野球の日ハムに新規加入した元オリックス・金子千尋(かねこちひろ)選手の入団発表があった…続きを読む

両肢の間に「跪かせる治療法」は危ない⁉

世の中には「どう見たって…妖しい」と思うような治療法が山ほど存在する。けれども、それで実際に効果があるのであれば、誰も口をはさめない。ブラジルでは時折、その手の治療法が流行する。私がまだ20代の頃だっ…続きを読む

「転落死」しなかったことが奇跡⁉

欧米人の中には時々とんでもないことを思いつき、そして実行してしまう“危ない冒険野郎”がいる。12月5日に「動画サイト」に投稿され、現在は削除された「ピラミッド頂上で全裸になってSEX」動画がある。映像…続きを読む

ミャンマーの「赤い靴」

「赤い靴」という童謡を知っているだろうか。「♪赤い靴はいてた女の子…異人さんに連れられ行っちゃった」で始まる“もの哀しい曲”だ。私は幼い頃、この歌をなぜか“とても美しい歌”のように思っていた。それは多…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.