今日の迷言・余言・禁言

日本人のは「ちっこい」とブラジル大統領

こういうジョークをどう受け止めれば良いのか。「その通りです」と見せ合うべきなのか。それとも恥ずかし気に“うつむく”べきなのか。難しいところだ。ただブラジルという国には、日本からの移民の子孫が数多く居る。そういう人達には、あまりに失礼な冗談だ。しかも、それを述べたのが一般人ではなくて現役の大統領だからなおさらである。既に「人種差別的だ」として問題視しているマスコミもある。けれども欧米では「小ささのたとえ」として、この人種差別的なジョークがよく使われるそうだ。ナルホド…と納得してしまって良いのか。どうやら、これはブラジルにおける“年金改革”が「小幅にとどまれば辞任する」と示唆した経済相を意識し、記者会見の場で飛び出した言葉らしい。そうするとますます日本人の“身長”ではなくて、“あそこ”を意識してのジョークとしか受け止められない。う~ん、上手いこと言うなぁ…ではなくて、何という侮辱、そして屈辱。実はこの言葉には“伏線”があるらしく、たまたま空港で日本人男性に記念撮影を依頼され、その時にも用いていたジョークらしい。しかも、その時には手指で長さを表現しながら「全部ベキニニーニ(ちっこい)なんだろ」と笑っていたらしい。おそらく日本人男性は小さなカメラを使っていて、そのカメラも意識してのジョークだったに違いない。それにしても、こういう冗談は普段から日本人男性を「ちっこい」と思っていなければ口にしない。ん?…何かおかしくないか。つまり、彼は普段見慣れているのか。いや、そんなはずはない。だとすれば、このジョークは彼が普段付き合いのある「女性」の言葉だった可能性が強い。その女性は“日本人男性”を何人も知っていて、或いは何人も相手をしていて、その男性達がみんな「ちっこい」ので大統領に対して“寝物語”に話して聞かせたに違いない。「ねえ、知ってる? 日本の男ってねえ、とっても小さいのよ、みんな手指で隠れちゃうの」「まさか、そんなに小さいわけないだろう」「本当よ、私にむしゃぶりついた男たちはみんなそうだったもの」「そんなんじゃ感じないだろう」「だから想い出したの、あなたのようにブラジリアンでなきゃってね」大統領はこの時、日本の年金改革法案が「小幅に改定された」というニュースをどこかで聴いたような気がした。日本人は「全部ちっこいんだな」と、深く記憶に留まった。だから無意識に記者会見でも、ああいう表現が出てしまったのだ。


最近の記事はこちら

「不協和音」は不協和音を生み出した⁉

アイドルグループ欅坂46で不動のセンターとされた平手友梨奈氏が「グループ脱退」を発表した。アイドルグループで使われる「卒業」ではなく自らの意志で「脱退」という表現を択んだらしい。強烈な個性でグループを…続きを読む

「恋」は「世間に謝罪」すべきものなのか

文春報道で俳優の東出昌大氏と女優の杏氏とが別居していることが明らかになった。そして同時に、東出氏が共演女優・唐田えりか氏と“不倫”したことがその決定的原因であるとも報道された。それらの報道を受けて、不…続きを読む

中国の「春節」は「日本」が1位

それが何であっても、1位に選ばれるのは気持ちが良い。ましてや“おめでたいこと”ならなおさらである。このほど中国の旅行予約サイトで、興味深いランキングが発表された。今年の春節期間中、どこに出掛けるか、そ…続きを読む

「日本刀」で、妻と弁護士の魂を分つ⁉

アメリカ人には時々、ユニークな行動を真顔でとる人がいる。カンザス州に暮らすデビット・オストロム氏もそういう一人だ。彼は今、妻から“離婚訴訟”を起こされ、その内容にひどく憤慨していた。そこで彼は真摯に裁…続きを読む

1日16時間で「歌う弁護士」になる⁉

或る雑誌に、12歳から芸能活動を始め、17歳で歌手になってTV番組エンディングでも使われ、その後大学に入って大学院まで出て外資系製薬会社で働き、33歳から別な大学で法律を学び、5年後に司法試験を突破し…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.