今日の迷言・余言・禁言

日本人のギャンブルアレルギーが理解不能

「公明党」というのは、時々、理解に苦しむことを主張する。今回、政府案として提出された“カジノ案”では、日本人に対して2000円の入場料を取るという形でまとまった。それに対して公明党では最低でも8000円の入場料を取るべきとの主張を展開している。“8000円の入場料”って、何? そんな高い“公共リゾート施設”なんて聞いたことがない。まるで「日本人はカジノなどすべきではない」と主張しているようなものだ。それでいて名目上は「ギャンブル依存症対策」だと言っている。冗談じゃない。もし、本当にギャンブル依存症対策として行うのであれば、パチンコとか、競馬とか、競艇とか、ロトとか、全てのギャンブルを対象にすべきで、カジノだけを防いでも何の対策にもなってはいない。極端な話、全ての公営ギャンブルを廃止にでもしない限り、依存症などなくならないのである。しかも、依存症というのはギャンブルに限らない。買い物依存症だって、アルコール依存症だって、依存症であり、極端な場合は生活を破綻させている。じゃあ、デパートは閉鎖しますか。飲み屋さんはすべて閉鎖しますか。結局、そんなことで“依存症”などなくならないということを解かっていないのだ。多くの人間は“何かに依存しながら”生きている。例えば“仕事依存症”の人だっている。どんなに休みの日でも、休み時間でも、仕事をしなければ気のすまない人たちで、そういう人たちの多くが定年退職して、仕事がなくなると“もぬけの殻”のようになって生きる目標を失っていく。つまりは、日本人の多くは元々“依存症的な要素”を持っているケースが多いのだ。もし、建設的な意味合いで“依存症対策”というのなら、入場する時に日本人の場合はフロントで“一律3万円を預かる”という風にすれば良い。そうすれば、どんなに負けても、帰りには必ず“預けていた3万円”が戻るので、別に悲惨な結果にはならない。また、手元に余裕資金がなければ土台が入場しようとは思わなくなる。そうすれば日本人でも後ろめたさを持たずに入場できるカジノ場となる。公明党案の何がいけないのかというと、第一に“ギャンブル”を「悪」と決めつけている部分があることである。そういう議員には、家族全員がギャンブルで楽しんでいるカジノを実際に見学させてやった方が良い。


最近の記事はこちら

「19,000人減」発表で1位→17位転落

2019年卒業予定の学生たちによる就職希望企業ランキングが発表された。そこには“常連”の顔がない。昨年度1位だったはずの「みずほ銀行」が消えているのだ。何んと今年は17位。別に大きな不祥事があったから…続きを読む

「宝くじ」当選で人生が変わる⁈

昨日、たまたま「宝くじ」売り場の前を通った。そうしたら、珍しいことに誰も人が並んでいなかった。それで久しぶりで購入する気になった。そういう日、宝くじが当たるのは何かしらの偶然が作用しているケースが多い…続きを読む

大仁田「フォール負け」からの出発

当然と言えば当然のことなのであるが、昨日開票となった佐賀県神埼市の市長選で現職の松本茂幸氏の四選を阻もうと出馬した元プロレスラー・参議院議員の大仁田厚氏が大敗をした。何んと十倍近い得票数の差があった。…続きを読む

過酷過ぎる減量で王者は作れない

極めて珍しい形の“王者剥奪”が起こった。ボクシングのWBC世界フライ級王者・比嘉大吾選手が、対戦前の“前日軽量”で体重が900gオーバーし“不戦負け”となってしまったのだ。ボクシングは各階級の体重制限…続きを読む

神には「救い」の“ひとかけら”もなかった

世の中には「救いようのない事件」というのが時々起こる。今回、インドで8人の男たちが逮捕された事件は、正にその典型だった。8人の中には未成年者もおり、警察官もいた。事件とは、8歳の少女が雑草林の中から遺…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.