今日の迷言・余言・禁言

日本最初のカジノは「大阪」で決まり⁉

ラスベガスなど世界27か所で「カジノ」などの“統合型リゾート施設”を運営しているMGMリゾーツ・インターナショナルの会長・ジェームズ・ボンドならぬジェームズ・J・ムーレン氏は6日「大阪の夢州でIRを実現したい」と発言。日本初のカジノ施設は大阪をターゲットとして考えていることを明言した。彼によれば、それ以外の地域は眼中にないそうだ。その理由は“人気観光地へのアクセスの良さ”と“食文化の豊かさ”だそうである。確かに、欧米人が好む「京都・奈良・神戸」に大阪は近いし、交通網が設備されている。“食文化”は大阪だけに限らないと思うが、総体的に関西風味の方が欧米人に受けそうではある。フレンドリーな性質も関西人が優っている。つまり、彼の狙う外国人とは「欧米人」を意図している。日本に来る外国人の多くが近隣諸国だということは考慮に入れていないかのようである。確かに“埋立地”である「夢州」なら広い面積が確保され、地域住民との摩擦の心配もない。要するに無駄な労力や経費を使わなくても済む。しかも、彼は日本の各企業と提携して事業を進めたいと希望している。その方が「日本らしさ」や「独自性」を打ち出せると考えているようだ。つまり、彼は世界27か国での経験は生かすが、日本では「日本らしさ」を前面に打ち出した“新しいタイプの統合型リゾート”を企画しているのだ。アメリカの方式を日本にそのまま持ち込んでも上手く行かないことを見抜いている。「日本」を愛し「日本」をよく理解している経営者なのだ。確かに、大阪は一番先に手を上げたところであり、立地的に恵まれていることは間違いがない。例えば、沖縄や北海道にもってきても、欧米人を何度も通わせることが出来るか、という点になると疑問符が付く。海外のセレブたちを飽きさせない所を最初のターゲットとすれば「大阪」こそ最適の地なのだ。


最近の記事はこちら

「反則タックル」はプロレスで活かせ!

最近、スポーツ関係での「パワハラ」問題、行政関係での「セクハラ」問題などが報道されることが多い。どのような分野でも“行き過ぎ”“やり過ぎ”は問題なのだが、過度に神経質になって、何でもかんでも「パワハラ…続きを読む

「グランドクロス」を生きる人々

「ピーター」と呼ばれていた池畑慎之介氏がちょっとだけ“休業”し、もう「ピーター」の名は使わないらしい。これを「休業宣言」と受け止めて良いかは疑問だが、とにかく「休み」が欲しくなったのだな…ということだ…続きを読む

「ZOZO」は“世界”へ飛翔できるか

ファッション通販のショッピングサイトとして絶大な人気を誇る「ZOZOTOWN」を運営している株式会社スタートトゥディが6月26日の株主総会で社名変更を決議する。社名も「ZOZO」に変更・統一するという…続きを読む

「二刀流・松坂」が始まる

私が開幕前から予告していたように、中日の松坂大輔投手が「二刀流」で2勝目を挙げた。20日の試合で、その第2打席、第3打席で二打席連続のヒットを放ったのだ。「松坂大輔」といえば、もう“過去の人”だった。…続きを読む

子供を働かせる「アイドル商法」

週刊文春で今年3月21日に首を吊って自殺した愛媛の“農業アイドル”「愛の葉」主力メンバー大本萌景(おおもとほのか・享年16)さんの母親が、娘が自殺に至った経緯を詳細に語っている。それを読むと、これは明…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.