今日の迷言・余言・禁言

日本社会における「セクシャリティな部分」

薬物疑惑報道で一人の俳優が芸能界を去った。その自筆コメントには「人には絶対知られたくないセクシャリティな部分」という表現が出て来る。なかなか“意味深な表現”である。そして日本の社会において、まだまだそれは“絶対知られたくない部分”なのだということを改めて感じさせる。正直、私は彼が実際にどのようなセクシャリティなのか知らないが、世の中に彼のような“秘密”を抱えて生きている人物が山ほどいることは知っている。私自身だって、そういう点ではとても恥ずかしくて“普通じゃない方が好い”なんて言えない。だが、人間、どこかに“アブノーマルな部分”は持っていて、それが“人それぞれなだけ”であるような気もする。ただ、その“アブノーマルな嗜好”も、年齢によって徐々に変わっていくような気がするから不思議である。例えば小学生の頃、私は“年上の官能的な女性”に憧れを抱いた。年上と言っても、自分がまだ10歳前後の時に“30歳くらいの妖艶な女性”に憧れたのだから、今考えると、どうかしている。友達の家に行ったときに出てきた女性だが、シースルーのネグリジェを着ていたのだ。あれは友達の叔母さんとして紹介されたような気もするが、“あらぬところ”ばかりに目が行って、それどころではなかった。もう一人、12歳の頃、引っ越し先で大家さんの令嬢に出くわした時にも、一瞬で悩殺された。“濃厚な香水の香り”に、私の幼いセクシャリティが嫌というほど刺激を受けたのだ。しかも、その女性は洗濯機の籠に無造作に脱ぎたてのショーツを放り投げていた。その“汚れだらけのショーツ”が12歳の私には宝石のように見えた。だから、どうしても欲しくて、私は“それを盗んだ”のだ。今考えると、よくもまあ…と我ながらあきれるが、その時は“夢心地”であった。“激しい汚れ”そのものが“天使”のように思えたのだから終わっている。う~ん、やっぱり“セクシャリティ”は守ってあげないと…。


最近の記事はこちら

「慰安婦はアイドル」の訪日韓国人たち

韓国にも良識のある人はいる。その一人は世宗大教授の朴裕河(パク・ユハ)氏だ。彼は『帝国の慰安婦』を出版、その内容が慰安婦の方々の名誉を傷つけるとして起訴されたが、今年1月無罪となった。その朴氏だが、こ…続きを読む

「大富豪」と「ホームレス」だけ居住する街になる

世界で一番“お金持ち”が沢山暮らしている街はどこだろう? そう、ニューヨークだ。もちろん、東京ではない。それでは世界で一番“ホームレス”が多い街はどこだろう? 実は、これもニューヨークなのだ。つまり、…続きを読む

「病は気から」は本当だったが…

北大の村上教授を中心とする免疫学チームが「病は気から」のことわざを実証するデータを15日オンライン科学誌上で発表した。つまり、マウス実験により睡眠不足などの慢性的なストレスを与えて、それに神経細胞を攻…続きを読む

「心霊スポット」は避けたがるのが霊視者

人には“霊的存在”を見たり感じたりできる体質と、そうでない体質の人達がいる。そして実際には“そうでない体質”の人達が圧倒的に多い。したがって“見たり感じたりできる体質”を否定したり、逆に、羨ましがった…続きを読む

「三つの国」へのメッセージ

昨日、北朝鮮で拘束されていたカナダ人の牧師が解放された。なぜ解放されたのか、答えは簡単である。カナダが水面下で北朝鮮との交渉に応じて何かの交換条件を呑んだか、いくばくかの金銭を支払ったか、いずれかであ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.