今日の迷言・余言・禁言

日本社会における「セクシャリティな部分」

薬物疑惑報道で一人の俳優が芸能界を去った。その自筆コメントには「人には絶対知られたくないセクシャリティな部分」という表現が出て来る。なかなか“意味深な表現”である。そして日本の社会において、まだまだそれは“絶対知られたくない部分”なのだということを改めて感じさせる。正直、私は彼が実際にどのようなセクシャリティなのか知らないが、世の中に彼のような“秘密”を抱えて生きている人物が山ほどいることは知っている。私自身だって、そういう点ではとても恥ずかしくて“普通じゃない方が好い”なんて言えない。だが、人間、どこかに“アブノーマルな部分”は持っていて、それが“人それぞれなだけ”であるような気もする。ただ、その“アブノーマルな嗜好”も、年齢によって徐々に変わっていくような気がするから不思議である。例えば小学生の頃、私は“年上の官能的な女性”に憧れを抱いた。年上と言っても、自分がまだ10歳前後の時に“30歳くらいの妖艶な女性”に憧れたのだから、今考えると、どうかしている。友達の家に行ったときに出てきた女性だが、シースルーのネグリジェを着ていたのだ。あれは友達の叔母さんとして紹介されたような気もするが、“あらぬところ”ばかりに目が行って、それどころではなかった。もう一人、12歳の頃、引っ越し先で大家さんの令嬢に出くわした時にも、一瞬で悩殺された。“濃厚な香水の香り”に、私の幼いセクシャリティが嫌というほど刺激を受けたのだ。しかも、その女性は洗濯機の籠に無造作に脱ぎたてのショーツを放り投げていた。その“汚れだらけのショーツ”が12歳の私には宝石のように見えた。だから、どうしても欲しくて、私は“それを盗んだ”のだ。今考えると、よくもまあ…と我ながらあきれるが、その時は“夢心地”であった。“激しい汚れ”そのものが“天使”のように思えたのだから終わっている。う~ん、やっぱり“セクシャリティ”は守ってあげないと…。


最近の記事はこちら

習近平&トランプ「暴露本」で、勝つのはどっち⁉

アメリカと中国の貿易戦争が“休戦中”の今、にわかに注目され出したのが「習近平氏の暴露本が出る」という話題だ。もちろん、中国ではなくてアメリカで出る。元々は2015年に香港の銅羅湾書店というところから出…続きを読む

眼が“斜め型”女性の「危険なアルバイト」

一般的な日本人にとって「爬虫類」は“怖い生き物”、或いは“気味の悪い生き物”の印象が強い。私は爬虫類でなくても動物は苦手だが、そういう“生き物”を怖がらない人たちもいる。彼女の場合も、おそらくそうであ…続きを読む

男性社員たちの「奇妙な追悼」の違和感

ときどき私には「理解不能」としか言いようのない出来事が“芸能界”では起こる。例えば過日亡くなった芸能事務所社長・ジャニー喜多川氏に対して、その所属していたタレントたち、要するに男性社員たちなのだが、そ…続きを読む

「優秀な外人」と「粗悪な外人」に挟まれながら…

昨日、今後の日本を考える上で貴重なデータが公表された。十年連続で人口減となったが、その比率は徐々に拡大している。つまり「少子化問題」は待ったなしなのだ。そこでというわけでもないのだろうが、外国人の比率…続きを読む

「アイドル」で“失ったもの”は、もう戻らない

「或る朝、眼が覚めると、僕は有名になっていた」とは詩人バイロンの言葉だが、似たような雰囲気で日本のアイドル達も誕生していく。それは或る意味で、夢見る少女たちにとって“シンデレラ物語”のように魅惑的であ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.