今日の迷言・余言・禁言

日経平均は一気に2万6千円まで駆け上がる⁉

“闇の中”を抜けたという感じで、ドル円相場も、日本株も、力強い上昇が始まっている。当面の“課題”が一応クリアされた格好だからだ。特に、私が注目するのはドル円相場で、ここに来て明確に“ドル高方向”へと舵を切ったかに見える。前から言っているように、なんだかんだ言っても、日本株は“円安”に傾かないと勢いづかない。なぜなら外国人は“ドル換算で日本株を見る”からだ。したがって、円安方向に動かないと、ドル換算では上がっていても、円換算では上昇できない。一時期ほどではないが、ドル円相場と日経平均とは“相関関係”にある。極端なことを言えば、円安方向にさえ動いて行けば、黙っていても日本株は上昇するように出来ている。輸出企業の多い日本株は、基本的に円安が進んだ方が利益が出やすい。しかも、今は“原油価格”も丁度良い水準にある。原油が1バレル大体60ドル~80ドルの範囲内にある時が世界的な“相場上昇”を促す時なのだ。この点は日本株にとっても重要で、ヨーロッパからの資金の多くは、この価格に左右される。つまりヨーロッパとはいうものの、実際には“中東”からのオイルマネーが長期資金で日本株を買うかどうかに掛かっているからだ。オイルマネーに余裕が出て来ると、必ず日本株は買われる。原油価格が50ドル以下になってしまうと、中東からの資金はいっせいに引いていく。そういう意味では、サウジアラビアからのオイルマネーを自由に使えるソフトバンクの“投資枠”は徐々に拡大される可能性もある。今年8月まで、ドル円相場は“もみ合い状態”だった。年初は1ドル113円だったが、4月には105円まで円高が進んだ。それと歩調を合わせて日経平均も大きく低迷した。今年7月には一時的に113円まで戻したがすぐに切り返された。そして8月には109円台まで巻き戻しが起こった。そこから徐々に挽回し、9月半ば以降は明確に“ドル高方向”に動いて7月高値も抜け、現在は113円台後半にある。日経平均の方も9月上旬に22250円まで低迷したが、その後に切り返し24250円(28日高値)まで丁度2000円も一気に急騰していたことになる。しかし、急騰はこれで終わりではない。いったん動きを止めるかもしれないが、再び2000円分急騰して一気に2万6千円に“王手をかける”ことになるだろう。その場合は、必ずドル円相場も連動して117円まで上昇していくに違いない。


最近の記事はこちら

全盲でも「太平洋」をヨットで渡れる

今から6年前、冒険旅行に旅立ったはずのキャスター辛坊治郎氏は太平洋上でヨットが動かなくなって漂流し、自衛隊に救助されて終るという“お粗末な出来事”があった。私はニュース映像で何となく見ただけで、事件の…続きを読む

神の館で「心の衣裳」は剥ぎ取られていく

近代に入って世界的にじわじわと勢力を拡大しつつあるのが「イスラム教」という宗教である。一日5回の厳格な礼拝義務を課すこの宗教が、ITが普及した現代でも受け入れられているのは奇妙な気もするが、一つだけ“…続きを読む

「くじ」で決まった“落選”が覆される⁉

人には“運不運”というものが有る。その象徴ともいえるものが「くじ運」だ。もし「くじ」で“その職業”を失ったとしたら、あなたは黙っているだろうか。松浦千鶴子氏は黙っていなかった。昨日、選挙管理委員会に対…続きを読む

「悪い予感」が的中した話

書こうか書くまいか、私には珍しく迷った。けれども、もう20年も前のことなので“懺悔”的な意味も含めて書くことにした。先日、パリのノートルダム寺院が焼けたが、あの映像を見ていて、私には何故か20年前の“…続きを読む

“最悪三人組”が経営する「怖~い病院」

「類は友を呼ぶ」という言葉があるが、確かにそういう傾向はある。昨日、福岡県警に摘発された医師達などは正にその典型と言える。どういう仲間だったのかというと、まず一人目は院長で井上勉(61歳)。この人物は…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.