今日の迷言・余言・禁言

日経平均2万円は「最初の通過点」

昨日、久しぶりに日経平均が2万円を超えた。これまで何度か超えているが、どうもその後がいただけない。ドル円相場が不安定なので2万円台を維持できずにいたのだ。日本株の場合、どんなにアメリカ株が上昇しても、円高に振れると“連れ高”とはならない。そういう風に出来ている。したがってアメリカやヨーロッパやアジア諸国がそろって上昇しても、ドル円相場が不安定なうちは駆け上がれない。そのドル円相場だが、ようやくここに来て“円安方向”へと少し梶を切り出したように見える。本当は早く1ドル114円まで行ってほしいのだ。そこまで行けば、間違いなく日経平均2万円は「最初の通過点」となる。つまり持続的に“上昇の波”に乗れるようになる。2万1千円もやすやすと超えていくだろう。2015年の夏ごろ、4か月ほど日経平均は2万円を超えていた。ただ超えてはいたが個別の株は、それほど上昇していたわけではなかった。こういう場合、持続的上昇は出来ない。本当に駆け上がる時には、個別の株もそろって一斉に値上がりし始めるのが特徴だ。だから、そういう点では2013年の5月頃の方が活気があった。実際、2015年後半から日本株というより、世界全体で株価が低迷し、2016年には日経平均が一時的に1万5千円にまで下落した。一気に5千円も下がったのだ。いろいろと理屈が点けられるが、本当のところ株価の上下にはさしたる理由はない。或る意味で“生き物”としての“不可思議な生命線”が描かれていくだけである。“生き物”であるから、理屈通りに行かないのは当たり前なのだ。それでも、どんな“生き物”にもその習性があるように、株価にも“生き物”としての習性がある。それさえ見極めることが出来れば、或る程度の予測は可能になる。そして今回、もし予測通りに駆け上げるなら、ひょっとすると予期せぬほどの“上昇ライン”が未知のボードに描かれる…。


最近の記事はこちら

「慰安婦はアイドル」の訪日韓国人たち

韓国にも良識のある人はいる。その一人は世宗大教授の朴裕河(パク・ユハ)氏だ。彼は『帝国の慰安婦』を出版、その内容が慰安婦の方々の名誉を傷つけるとして起訴されたが、今年1月無罪となった。その朴氏だが、こ…続きを読む

「大富豪」と「ホームレス」だけ居住する街になる

世界で一番“お金持ち”が沢山暮らしている街はどこだろう? そう、ニューヨークだ。もちろん、東京ではない。それでは世界で一番“ホームレス”が多い街はどこだろう? 実は、これもニューヨークなのだ。つまり、…続きを読む

「病は気から」は本当だったが…

北大の村上教授を中心とする免疫学チームが「病は気から」のことわざを実証するデータを15日オンライン科学誌上で発表した。つまり、マウス実験により睡眠不足などの慢性的なストレスを与えて、それに神経細胞を攻…続きを読む

「心霊スポット」は避けたがるのが霊視者

人には“霊的存在”を見たり感じたりできる体質と、そうでない体質の人達がいる。そして実際には“そうでない体質”の人達が圧倒的に多い。したがって“見たり感じたりできる体質”を否定したり、逆に、羨ましがった…続きを読む

「三つの国」へのメッセージ

昨日、北朝鮮で拘束されていたカナダ人の牧師が解放された。なぜ解放されたのか、答えは簡単である。カナダが水面下で北朝鮮との交渉に応じて何かの交換条件を呑んだか、いくばくかの金銭を支払ったか、いずれかであ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.