今日の迷言・余言・禁言

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている。日数が経ちすぎている場合、情報が少なすぎる場合、画像を公開していない場合には、見つかるケースが少ない。現代はほとんどの人がスマホ・携帯を持ち歩いているので、情報が行き渡りやすい。今回のケースでも、情報公開したその日のうちに24件の情報が寄せられ、同一地域での目撃情報が多かった。そこで習志野市の警察署は90人体制で一斉捜索を掛け、無事、大型商業施設内に一人で居た少女を発見・保護できたのである。昔から“行方不明者”に対しては、各警察署の対応が大きく異なる。事件の可能性を察知してすぐ動いてくれるところもあるが、家庭内の問題であるとして本格捜査したがらない警察署も多い。今回の場合でも、早い段階で「画像公開」したから発見できたが、もしも“画像公開”や“情報公開”をためらっていたなら、発見できていたという保証はない。一つには警察には「管轄」という問題があって、自分の管轄外の捜査を行いにくいからである。今回のように管轄外でも、外部からの確実な情報が多く寄せられると捜査に着手できる。そういう意味でも、今回の情報公開の意味は大きかった。おそらく、こういうものは管轄内での署長が最終的に「OK」を出すかどうかに掛かっているような気がする。現代は「早期公開」さえしてしまえば、自宅から外出して後の“中学生までの行方不明”であれば発見できるような気がする。日数が経つと、人の記憶はあいまいになるし、十代の少女は“変身してしまう”可能性も高い。事件性があるかないかの判断も重要なのだが、後になって家族や関係者が必死に“ビラ配り”などしている姿をTV等で見ると、やはり多少微妙な状態でも“情報公開”はしてあげた方が、発見・保護できるケースが多くなるような気がする。


最近の記事はこちら

不気味な「予言論文」が示唆する「次のコロナ」

都市伝説的に過去の時代「既にそれは予言されていた」という出来事がしばしば存在する。そういう可能性を秘めている“不気味な医学論文”が存在する。それは医学の専門誌で2008年に発表された8人の連名研究者に…続きを読む

「才能発揮」には忍耐強さも必要

昨日、毎年行われる「プロ野球ドラフト会議」が行われた。新人選手に対する“スカウト交渉権”を得るための場だが、今年の場合さまざまな面でいつもとは異なり、異色のドラフト会議になった。私が何よりも感じたのは…続きを読む

混乱の「大阪都構想」“言い出しっぺ”は居ない

11月の1日に“住民投開票”が行われる「大阪都構想」の“賛・否”が揺れに揺れている。住民自体の意見が「真っ二つに割れている」のが現状のようだ。アンケート調査を行っても、年代別、男女別、政党支持別で、そ…続きを読む

「500年前の件」で謝罪し、絵文書も貸せ⁉

500年前、現在のメキシコは「アステカ王国」だった。それなのにスペイン人たちがやって来て、先住民たちに対して残虐な行為を働き、略奪をし、服従させた過去を持っている。だから「謝れ」と、現メキシコのアムロ…続きを読む

ホテルに残された「遺影」「骨壺」は忘れ物なのか

客足が戻りつつあるホテル業界だが、そのホテルマンが語ったという“忘れ物”についての記事が興味を引いた。ホテルの忘れ物で圧倒的に多いのが「スマホの充電器」「アクセサリー」「洋服」の三種であるらしい。確か…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.