今日の迷言・余言・禁言

易占では、大谷は「カブス」に決定⁉

アメリカ大リーグに移籍する大谷翔平選手の移籍先が7球団に絞られた。ここまでは誰もが知っている。では、この先を教えよう。もっとも、この先を教えてくれるのは私ではない。「易占」の神様だ。7球団まで絞られているのだから、その中から“最終的な一つ”を選び出せば良い。しかし、日本人選手も、良い身分になったものだ。球団から“択ばれる”のではなく、大谷詣でをする多数の球団から一つだけ“選択する側”に23歳の若者が成っているのだ。そして、私自身も、この移籍は中々に興味深い。なぜなら、私は彼が日ハムに入団した年、まだプロとして通用するかどうかも解からない段階で、その年の暮れに北海道新聞の記者に対して「大谷選手はプロでも二刀流として成功するし、やがて大リーグの選手になっても二刀流として成功できる」と断言した。但し、日ハムに入ってすぐ活躍とはならず、実質的には「秋くらいからが本当の活躍となる」と断言した。奇妙なことに、大谷選手に関しては、昨年も正月用のTV番組占うことになり「開幕時に足を痛めるので活躍できない」と断言した。まさに、その通りの状態で今日を迎えたわけだが、7球団に絞られた中から「易占」の神様が選び出したのは「カブス」という球団だ。正直、私は余り大リーグに関心がないので、どういうチームかよく解からない。ただ、易占で次々に占っていった限りでは「カブス」という球団だけが「風火家人」の四爻変が出て、易経原文に「家を富ます。大吉」とある。それ以外のチームには、入っていきそうな“易卦”が出て来なかった。つまり易占上では、このチームの一員となって客を呼び、収益を上げ、チームへの貢献度が高く、最大級の活躍が出来る、と暗示している。大谷選手にとって、これ以上のチームはない。おそらく彼の決め手は「家族的な雰囲気」を感じ取ったことからだろう。それは、北海道日ハムの球団・選手・監督・ファンと、どこか重なるものを感じさせたからに違いない。こうして、大谷選手は一点の迷いもなく“自分が入るべき大リーグ”を決めた(?)のだった。


最近の記事はこちら

中村医師は「IS」存在誇示の標的となった

アフガニスタン周辺が“危険な地域”であることは誰もが知っている。けれども、少なくとも支援活動をしているNGOに対して銃口を向けることはないだろう…という甘い観測が、平和な国で暮らしていると、どうしても…続きを読む

「反面教師」が「血が流れる娘」に変貌する時

歌手・女優の神田沙也加氏と俳優の村田充氏が“離婚していた”ことが明らかになった。結婚当初は「おしどり夫婦」としてマスコミに取り上げられていただけに、あまりにも早い離婚劇が驚きを与えている。正直、私も、…続きを読む

「思いやり予算」は「ぼったくり予算」だった

ときどき政治家たちの資質を疑ってしまう時がある。連日「桜を観る会」のメンバーについて騒ぎつづけている。誰を招待しようが、そんなことはどうでも良い。もっと、政治家がやらなければならないこと、議論しなけれ…続きを読む

「希望」は自らが“見つけ出す”もの

今年9月に池袋のホテルで死体で発見された36歳の女性は、容疑者として逮捕された私大生に“殺人を依頼”していたことが初公判で明らかとなった。被害者とは初対面であったのに、容疑者は「嘱託殺人罪」という珍し…続きを読む

「7本指のピアニスト」は“7年間”で蘇った

「業(ごう)」という言葉にはさまざまな解釈がある。「仕事・職業」という解釈もあるし「日頃の行い」という解釈もあるし「過去世の報い」的な解釈もある。とにかく運命的なニュアンスの強い言葉ではある。時々ピア…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.