今日の迷言・余言・禁言

昔、縁起の悪かった「元号」は変えられた⁉

記憶力があいまいで、それが日本の話だっだか、中国の話だったか、判然としない。けれども、どちらかの国で間違いなく“そういう年”は、存在している。つまり「新たな元号」に変わって、悪いこと続きで“縁起が悪い”と変更されてしまった「元号」がある、という歴史的事実だ。誰もが何となく感じていることだから、書いても「罪」には問われないだろう。日本は「令和」になって、ろくなことがない。もちろん、日本ばかりの話ではないので「令和」に“罪”を擦り付けるのは良くない。けれども、オリンピックが開催されるはずだった“我が日本”は、特に“新型コロナ”の影響をもろに受けた。いや、そればかりではない。私が年初から懸念していたように「防ぎようのない自然災害」は今また各地で“集中豪雨”による災害をもたらし、鹿児島・熊本・長野・群馬・石川・東京(西之島)にある火山の噴火を招いた。また大きくはないが、各地で地震を頻発させてもいる。文字通り「防ぎようのない自然災害」ばかりだ。それで、各都道府県の自治体で災害などのため“プールされているお金”が、このところ急速に目減りしているらしい。したがって、“新型コロナ”の「第二波」とか「第三波」とかがやって来ても、今度はもうそれに対して「給付金」をホイホイ差し出してあげられません、と言われている。つまり、日本は急速に「貧乏」になったのだ。これはやっぱり「令和」のせいなのか、などと思っても言ってはいけない。1970年代~1980年代にかけての「バブル景気」を復活させれば良いことなのだ。もう「カジノ」や「オリンピック」は当てに出来ないから、新たなる“何か”を発見しなければならない。海底資源を発見するとか、海底遺跡を発見するとか、各地の温泉を掘り当てて近隣諸国に販売するとか、漫画の世界同時発売で“日本思考”を世界に普及させるとか、日本の“可愛いファッション”で世界を制するとか、日本の“匠”や“日本酒”で世界を酔わせてしまうとか…何かで世界をリードして、日本の活性化を促さないと、我が日本丸は“沈みそう”な雰囲気ではないか。みんなが「元号のせいだ」などと思わないうちに、はやく変えていかないと…。


最近の記事はこちら

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.