今日の迷言・余言・禁言

昔の「チャンバラ映画」を思い出す

何かと“世間を騒がす”上西小百合衆議院議員だが、その事務所に「殺害予告」が何通も届き、今日18日に浦和レッズサポーターとの間で“話し合いの場”を持つ方向で調整しているらしい。本来なら、警察に届けるのが先決だと思うが、まず“サポーターとの直接対決を行いたい”というのが、いかにもこの人らしい。問題の経緯は彼女のツイッターから始まっている。浦和レッズの試合をボロクソに批判し、それに怒ったレッズのサポーターたちから“怒りの反論”が届き、そこで黙れば良かったのだが、強烈な批判で返し“炎上”へと向かった。要するに、彼女からいわせると、たかがサッカーの試合に熱上げて“バカじゃないの”という論法なのだ。確かに、サッカーのサポーターたちは他のスポーツのファンと違って、少々“熱狂しすぎている”と思われる言動がないではない。実際、ファン同士のトラブルも後を絶たない。もう少し冷静に応援できないものだろうか…と個人的には思う部分もある。だが、サポーターたちの側に立つと、日頃、サッカーとは無縁のところに居るはずの政治家が、たまたま“カッコ悪い負け方”をした時にだけツイッターで口を出し、選手やサポーターたちを“へなちょこ扱い”するとは何事だ…ということになる。怒り心頭で、その勢いが“殺してやる”という「殺害予告」にまで発展したもので、もう口出しさせないための“脅迫”なのかもしれない。そうは言うものの、やはり「殺害予告」は行き過ぎだし、許されるものではない。それにしても、上西小百合議員は、よほど“闘い”が好きなのか、実にさまざまな方と闘っている。正に「闘士」であることは間違いがない。しかも「殺す」と言っている本人たちの前に出ていき、何百名か、何千名か知らないが、サポーターたちとの“直接対決”を望んでいる。私は、幼い頃によく見た「チャンバラ映画」を思い出す。敵陣にたった一人で乗り込んでいって、次々と敵を切り倒して本丸へと突き進んでいく“剣豪”の姿だ。そういう意味では“無駄にカッコ良い”。但し、何で政治家が、いつも政治とは関係のないところでバトルを繰り広げているのか、その辺のところは今一つ解からない。ただ、この人が度胸の良い人であることは間違いがない。多少、ドンキホーテ的なところを持ってはいるが、そして“庶民への理解力”に多少欠けてはいるが、彼女なりの“正義感の強さ”だけはひしひしと感じられる。


最近の記事はこちら

バブル期88年の「13連騰」に並んだが…

私は9月13日に「日本株反転の兆し」を予言し、9月28日に「日本株“長期上昇の形”は整った」と予言した。それらは不思議なほどに的中し、日経平均はバブル期真っただ中1998年2月の記録「13連騰」に並ん…続きを読む

聖心女子大卒同士の対決‼

世の中にはいろいろな対決がある。この二人は共に「夫の身代わり」である。そして共に「聖心女子大」という“お嬢様学校”を卒業している。そして「母親」でもある。そして一応「美人」に属する。そしてここからは私…続きを読む

「イスラム国」は滅んでも…

シリア民主軍が昨日、過激派組織IS(イスラム国)が「首都」と位置付けるシリア北部ラッカ全域の制圧に成功した。このところISには以前の勢いがなく、主要モスクも奪われ、首都も失ったことで、事実上の崩壊とな…続きを読む

セレブは“告発“より“パーティー”がお似合い

モデルで社長の鈴木亜子氏公式ブログに、笑顔でドレス姿の松居一代氏の姿が掲載された。NPO主催のパーティに出席した控室で鈴木氏とのツーショット写真だ。ちゃんと化粧して、ちゃんとドレスを着たタレントで投資…続きを読む

アメリカを襲う「ドクロ」の数々

米カリフォルニア州の山火事が強風にあおられ拡大している。既に40人以上が死亡し、200名以上が行方不明となっている。1万人以上の消防隊員が招集され、16か所から消火や鎮火の活動を行っているが、今のとこ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.