今日の迷言・余言・禁言

昔を連れてくる「真夏の青い空」

「真夏の青い空」は不思議だ。ただ「青い空」なのに、僕を“昔へ”“昔へ”と引き摺り込んでいく。

多分、あの頃の色と同じなのだ。あの頃の空と同じなのだ。だから、“記憶”が前に出て来たのに違いない。

ぼくは、あの時も「空」を見ていた。それも窓からだった。二階の窓だった。家の向いが食料品のお店で、店先には八分の一に切られたスイカが並べられていた。僕は食べたことがなかったので、その美しさに魅了されていた。

僕はいつも一人だった。窓から「青い空」ばかり見ていた。母は病院に居た。

商店街の通りだったので、いつもどこからか、大きな声が聞こえていた。だから、うるさかった。

「青い空」を見ていると、僕はいろいろな人間になれた。少年剣士とか、少年探偵とか、少年レスラーとか、そういう人間だった。かわいい少女を救ってあげる役だった。時々“悪者”が僕を襲ってきた。僕は必死に戦い、必ず、最後は“正義だから”勝つのだった。いつも、そういう戦いをしていたから、忙しかった。

僕は一人で「空」を見ていたけど、本当は“戦いをしていた”ので、“美しいスイカ”をそんなに食べたいとは思わなかった。部屋の中は薄暗く、蒸し暑くて、誰もいなかったけど、僕は忙しかったので、寂しくはなかった。

或る時、僕は少年剣士だったのだが、“悪者”に“般若の仮面”をつけられてしまった。これをつけられると、その心まで“般若”となって悪人が住み着き、次々と少女たちを捕まえ、悪徳代官に売り渡す役に代わるのだった。僕は必死に仮面をはがそうとするのだが、はがれなかった…。

そのあと、どうなったのか、よく思い出せない。確か、仮面をはがすためには、何かを探し出さなければならないのだが、それが何だったかも、憶えていない。“美しいスイカ”は、クレヨンで書いたような気がする。

あの「青い空」は、どこへ行ったのだろう。この12階から見える「空」じゃない。

僕の「青い空」は、これじゃないんだ。似てるけど、違うんだ。“美しいスイカ”もないし、“街の大声”も聞こえない。第一、僕はもう“正義の味方”なんかじゃない。“勝てない”し、この“仮面”も、なぜだか剥がれない。きっと、あの時から“仮面”をつけたままだったんだ。


最近の記事はこちら

神の館で「心の衣裳」は剥ぎ取られていく

近代に入って世界的にじわじわと勢力を拡大しつつあるのが「イスラム教」という宗教である。一日5回の厳格な礼拝義務を課すこの宗教が、ITが普及した現代でも受け入れられているのは奇妙な気もするが、一つだけ“…続きを読む

「くじ」で決まった“落選”が覆される⁉

人には“運不運”というものが有る。その象徴ともいえるものが「くじ運」だ。もし「くじ」で“その職業”を失ったとしたら、あなたは黙っているだろうか。松浦千鶴子氏は黙っていなかった。昨日、選挙管理委員会に対…続きを読む

「悪い予感」が的中した話

書こうか書くまいか、私には珍しく迷った。けれども、もう20年も前のことなので“懺悔”的な意味も含めて書くことにした。先日、パリのノートルダム寺院が焼けたが、あの映像を見ていて、私には何故か20年前の“…続きを読む

“最悪三人組”が経営する「怖~い病院」

「類は友を呼ぶ」という言葉があるが、確かにそういう傾向はある。昨日、福岡県警に摘発された医師達などは正にその典型と言える。どういう仲間だったのかというと、まず一人目は院長で井上勉(61歳)。この人物は…続きを読む

ジェドカラー「貴族の墓」は“大発見”の予兆か⁉

4月13日エジプトのサッカラで、今から4400年前のものとみられる「貴族の墓」が報道陣に公開された。古代エジプト王朝で言えば第5王朝の時代のもので、ギザの大ピラミッドで有名な「クフ王のピラミッド」から…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.