今日の迷言・余言・禁言

昔を連れてくる「真夏の青い空」

「真夏の青い空」は不思議だ。ただ「青い空」なのに、僕を“昔へ”“昔へ”と引き摺り込んでいく。

多分、あの頃の色と同じなのだ。あの頃の空と同じなのだ。だから、“記憶”が前に出て来たのに違いない。

ぼくは、あの時も「空」を見ていた。それも窓からだった。二階の窓だった。家の向いが食料品のお店で、店先には八分の一に切られたスイカが並べられていた。僕は食べたことがなかったので、その美しさに魅了されていた。

僕はいつも一人だった。窓から「青い空」ばかり見ていた。母は病院に居た。

商店街の通りだったので、いつもどこからか、大きな声が聞こえていた。だから、うるさかった。

「青い空」を見ていると、僕はいろいろな人間になれた。少年剣士とか、少年探偵とか、少年レスラーとか、そういう人間だった。かわいい少女を救ってあげる役だった。時々“悪者”が僕を襲ってきた。僕は必死に戦い、必ず、最後は“正義だから”勝つのだった。いつも、そういう戦いをしていたから、忙しかった。

僕は一人で「空」を見ていたけど、本当は“戦いをしていた”ので、“美しいスイカ”をそんなに食べたいとは思わなかった。部屋の中は薄暗く、蒸し暑くて、誰もいなかったけど、僕は忙しかったので、寂しくはなかった。

或る時、僕は少年剣士だったのだが、“悪者”に“般若の仮面”をつけられてしまった。これをつけられると、その心まで“般若”となって悪人が住み着き、次々と少女たちを捕まえ、悪徳代官に売り渡す役に代わるのだった。僕は必死に仮面をはがそうとするのだが、はがれなかった…。

そのあと、どうなったのか、よく思い出せない。確か、仮面をはがすためには、何かを探し出さなければならないのだが、それが何だったかも、憶えていない。“美しいスイカ”は、クレヨンで書いたような気がする。

あの「青い空」は、どこへ行ったのだろう。この12階から見える「空」じゃない。

僕の「青い空」は、これじゃないんだ。似てるけど、違うんだ。“美しいスイカ”もないし、“街の大声”も聞こえない。第一、僕はもう“正義の味方”なんかじゃない。“勝てない”し、この“仮面”も、なぜだか剥がれない。きっと、あの時から“仮面”をつけたままだったんだ。


最近の記事はこちら

“占い界”における藤井聡太はどこに?

最近、プロスポーツの世界では次代を担う“若き天才”たちが続々と誕生している。ここで取り上げる将棋世界の藤井聡太君など、その典型だ。まだ14歳の中学生だが、既に昨年10月からプロ棋士四段に昇格した。そし…続きを読む

「EU」が揺れている

11人が立候補したフランスの大統領選で、予想されていた通り過半数を得たものがなく、改めて5月7日に「国民戦線」のルペン氏と、「前進!」のマクロン氏との間で“決選投票”が行われることが決まった。ルペン氏…続きを読む

北朝鮮にも“隠れキリシタン”がいた!

“隠れキリシタン”と言えば、江戸時代の長崎を思い浮かべる。現在でも、その子孫の方々が存在していて“隠れキリシタンの信仰”が維持されている。もう、日本では堂々と“キリスト教徒”を名乗って良いのに、子孫の…続きを読む

“究極の美”は、“マゾ体質”の証明

確かに、その人は美しい。とても50歳には見えない。「美のカリスマ」と呼ばれる。本人も「肌の美しい人を見ると、つい傍に行って話しかけてしまう」とおっしゃる。確かに“美”へのこだわりが強いようだ。君島十和…続きを読む

寄付によって財産を使い果たす

日本電産の創業者・永守重信氏は最近、あちこちの教育機関に寄付金を与えている。寄付金と言っても一千万とか二千万とかのけちな金額ではない。70億とか100億とかいうとてつもない金額である。彼は「日本電産」…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.