今日の迷言・余言・禁言

昨年9月の“予告”が現実になりつつある

昨年9月17日、私は「この一言で救われる」の中で民進党の党首になった蓮舫氏について書いた。その顔貌から、法令線がクッキリとして使命感の強いリーダー型だが、顎のラインが弱く、肉付きも乏しく、組織のトップとしてはふさわしくないこと。こだわりが強すぎて大勢の人々を率いる人物の相ではないこと。したがって、今後の民進党は弱体化していくであろうこと。特に星の配置から、2017年の夏場をどう乗り切るかが課題となっていくだろうこと。…残念ながら、その通りに進んできていて、7月2日の都議選の結果いかんでは“責任論”が出て来るのは必至の情勢となっている。政治家や実業家の場合、その地位を受け継いだ後に、顎のラインに変化が出て来て骨太になり、肉付きも豊かに変わる例がある。ところが彼女は変わらなかった。むしろ、ますます顎のラインが寂しくなった。せめて髪を長くして顎のラインの細さをカバーすれば、多少、印象的にも違ってくるのだが、ますます“カリアゲ気味”で顎の鋭さが強調されている。元々このタイプの人は“攻撃型”で、攻めは強いが守りは弱いという特徴がある。したがって勢いのある時には“輝いて見える”のだが、衰えて来ると妙に“寂しい”のだ。実際、都議会議員の民進党離れが加速している。6月6日には側近の柿沢前役員室長の妻である柿沢幸絵都議が離党した。わざわざ蓮舫氏が応援に駆け付けた後の反旗であった。こういう時、古代の賢人は「人徳」という言葉を使う。人徳が無ければ、人心をとどめることは出来ないというのだ。その人徳はどうすれば得られるのかというと「清濁併せて飲む」ことが出来るかどうかに掛かっている。この言葉の元々の意味は、大海が清流も濁流も隔てなく受け入れることから、善人でも悪人でも受け入れる度量の大きさこそが「器」の大きさとなり、人の指導者として必要なことであると説く。蓮舫氏だけでなく、今の日本人全体に必要な“教え”なのかもしれない。


最近の記事はこちら

「勤労感謝の日」84歳、深夜7時間の激務

「勤労感謝の日」というのは、日頃働いている労働者が“骨休め”をして良い日だと多くの人が思っている。ところが、そうではないのだ。この日は元々「新嘗祭(にいなめさい)」という“大祭の日”であった。それが戦…続きを読む

若者より老人の方が“外出好き”だった⁉

国土交通省の調査だから多分、本当なのだろう。日本の場合、20代の若者よりも、70代の老人の方が“多く外出している”という驚くべき結果が公表された。この若者の外出が減ってきていること自体は世界的な現象ら…続きを読む

日馬富士は「流行語大賞」を狙っていたのか?

予想外の方向へと動き出した感のある「日馬富士の暴行事件」。どうも雲行きが怪しくなってきた。人は誰でも酒が入ると、ついつい口が滑る。気持ちもふらつく。だから、時には“タブーな言葉”なんかもぶつけてしまう…続きを読む

21世紀は「海底遺跡」の時代

時代が進むことで、過去が解かって来る。近年、水中考古学というものが脚光を浴び始めている。これまでは、海の底の探索はいろいろな意味で難しかった。それが、ここに来て徐々に可能となった。その結果、まだまだ知…続きを読む

人間の身体は「機械」なのかもしれない

これを読まれる99%の人が「何をバカな…」と思うことだろう。けれども、私は“人間の身体は機械かもしれない”と本気で思っている。だからこそ時々信じられないようなミスが生じる。機械として埋め込まれている部…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.