今日の迷言・余言・禁言

時代がTV番組の“中身”を変えていく

最近、フジテレビの昼「笑っていいとも」の後番組として“不評”だった「バイキング」が“好評”に変わりつつあるという。それは坂上忍氏中心の“激論スタイル”に変化させてからのようだ。確かに、切り替わってすぐは“何”をやろうとしているのかが分からなかった。無駄に芸人ばかりが多くワイワイやっていくスタイルは、見ていて癒されるものではなく、第三者的に楽しいものでもなかった。それが昨年の半ばくらいから“激論スタイル”が定着して、大衆の関心事や芸能ネタを“本音で語り合う形”には、それなりに興味深い部分が生まれてきていた。例えば“高畑親子の問題”を、それぞれが自分の問題に置き換えて“語り合う”ようなとき、そこには“芸能ネタ”としての問題だけでなく、仕事と家庭・家族を“どう位置付けるか”という普遍的なテーマが隠れていた。それは必ずしも、芸能人だけの問題ではない。親子の関わり方、仕事と家庭の関わり方は、誰もが経験し、その“最良の接点”を模索している部分だからだ。台本のない“激論”は、日頃“ふざけている”ことも多い芸能人たちが真摯に生きている証拠でもあった。この番組の前身は、言うまでもなく「笑っていいとも」だが、近年は“弾けた部分”がなくなって、笑い転げるような番組ではなくなっていた。番組終了は、自然な流れであった。時代が、昼間“笑って過ごす”雰囲気ではなくなってきたからなのかもしれない。しかも「笑っていいとも」の“売り”は「友だちの輪」だったが、番宣中心になり、それすら“消えて”しまったのが実情だった。実際、タモリ氏は最近「友達なんかいらない」と発言して注目された。同じように橋田寿賀子氏も「もう友達はいらない」と言い出した。時代は、国家も含めて“内向き”に変わり、みんなが手を取り合う時代ではなくなりつつあるのかもしれない。TVは時代に逆らえない。向かっていく時代は果たして正しいのであろうか。


最近の記事はこちら

「大富豪」と「ホームレス」だけ居住する街になる

世界で一番“お金持ち”が沢山暮らしている街はどこだろう? そう、ニューヨークだ。もちろん、東京ではない。それでは世界で一番“ホームレス”が多い街はどこだろう? 実は、これもニューヨークなのだ。つまり、…続きを読む

「病は気から」は本当だったが…

北大の村上教授を中心とする免疫学チームが「病は気から」のことわざを実証するデータを15日オンライン科学誌上で発表した。つまり、マウス実験により睡眠不足などの慢性的なストレスを与えて、それに神経細胞を攻…続きを読む

「心霊スポット」は避けたがるのが霊視者

人には“霊的存在”を見たり感じたりできる体質と、そうでない体質の人達がいる。そして実際には“そうでない体質”の人達が圧倒的に多い。したがって“見たり感じたりできる体質”を否定したり、逆に、羨ましがった…続きを読む

「三つの国」へのメッセージ

昨日、北朝鮮で拘束されていたカナダ人の牧師が解放された。なぜ解放されたのか、答えは簡単である。カナダが水面下で北朝鮮との交渉に応じて何かの交換条件を呑んだか、いくばくかの金銭を支払ったか、いずれかであ…続きを読む

超アウトな「わいせつ罪」の施行

世の中にはいろいろな趣味・嗜好の人がいて、最近はいろいろな“わいせつ犯罪”が報道されるので、滅多なことでは驚かなくなった。そういう私でも“超アウト”に感じたのが今回の逮捕劇だった。静岡県で起きた父親が…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.