今日の迷言・余言・禁言

時代は「グルメ」から「物件」へと移行

一時期、どのTV番組もがタレントを使った「グルメ」番組を放映していた。タレントたちが評判の店とか美味しいものを“食べに行く”番組である。俗にいう「食レポ」番組だ。ただ当然のことながら、こういう番組ばかりが増えると視聴者は飽きてくる。その代わりのように最近多くなったのが「物件探し」の番組だ。分譲物件の場合もあるし、賃貸物件の場合もあるが、タレントたちが何人かで本物の不動産屋さんと一緒に“家探し・部屋探し”を行う。実際に購入するとか、実際に暮らしてみる…という観点からの「住宅内覧」番組だ。時には、田舎から都会に出てくる女性のための“部屋探し”のケースもある。ほとんどの場合は都内や、その近郊に限られるが、最近は地方の放送局でも同じような番組が出てきて、この手の番組が“視聴者受けが良い”ことを物語っている。考えてみればTV局側とすれば“低予算”でのロケ番組ができることになり、実際の不動産屋さんが説明することでリアリティーもある。しかも、或る意味では不動産会社そのもの、或いは住宅物件そのものの宣伝にもなる。「グルメ」番組と共通する要素が多いのだ。実際、地方に暮らして居て、都会で生活しようかと考える若い方の場合、或いは、東京などの都心や郊外に投資用や別宅用として物件を購入したい方の場合、おおよその価格とか間取とか住環境とかを映像で知ることが出来るので大いに役立ちそうだ。大体が「家」というのは番地や図面だけではわからないことがいろいろとある。不動産屋さんと一緒に行っても、初めての場所だと環境面がよく解からない場合もある。そういう時にタレントがその地域的な雰囲気とか話題を示しながら雑談的に“借りる者”或いは“買う者”の目線からいろいろと質問してくれる。おそらく、しばらくは「グルメ」から「住宅内覧」番組への移行が続くだろう。


最近の記事はこちら

旧暦「七夕」は、やっぱり“手書き”

近年、中国は急速な勢いで“IT王国”に変わった。どこでもスマホ決済が当たり前になり、タクシーアプリを使うのが当然になりつつある。そんな中国で、意外に進んでいないのが“婚活事情”だ。もちろん、それは中国…続きを読む

心を癒すのは「ペットロボット」&「3Dキャラクター」

バーチャルシンガー「初音ミク」は一部で熱狂的人気を集める“2次元キャラクター”だが、その初音ミクと“結婚した”という30代の公務員が現れた。もちろん正式な「婚姻証明書」も所有している。IOTベンチャー…続きを読む

「聖職者」が「性食者」に変わる時

アメリカのペンシルバニア州の教会で70年間にわたり、カトリックの高位聖職者たちが、そこに通う子供たちに対して“性的虐待を行っていた”という驚くべき報告書が8月14日に公表された。この報告書は専門の調査…続きを読む

“富士子容疑者”は「殺人のプロ」なのか

昨日、今年5月に三重県鈴鹿市で起きた“夫殺人”の容疑者・横山富士子(46歳)が再逮捕された。同時に、これまで除外されていた富士子の実母・愛子(69歳)も“新たに逮捕”された。つまり、21歳年下の夫を不…続きを読む

新ジャンボ1等賞金20億円、6等賞金10万円⁉

総務省から昨日2017年度“宝くじ”の売上額が20年ぶりに8000億円を割り込んだことが報告された。近年の“宝くじ”は不振が続いていて、2005年度の1兆1047億円をピークに毎年減少している。昨年は…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.