今日の迷言・余言・禁言

時代は「グルメ」から「物件」へと移行

一時期、どのTV番組もがタレントを使った「グルメ」番組を放映していた。タレントたちが評判の店とか美味しいものを“食べに行く”番組である。俗にいう「食レポ」番組だ。ただ当然のことながら、こういう番組ばかりが増えると視聴者は飽きてくる。その代わりのように最近多くなったのが「物件探し」の番組だ。分譲物件の場合もあるし、賃貸物件の場合もあるが、タレントたちが何人かで本物の不動産屋さんと一緒に“家探し・部屋探し”を行う。実際に購入するとか、実際に暮らしてみる…という観点からの「住宅内覧」番組だ。時には、田舎から都会に出てくる女性のための“部屋探し”のケースもある。ほとんどの場合は都内や、その近郊に限られるが、最近は地方の放送局でも同じような番組が出てきて、この手の番組が“視聴者受けが良い”ことを物語っている。考えてみればTV局側とすれば“低予算”でのロケ番組ができることになり、実際の不動産屋さんが説明することでリアリティーもある。しかも、或る意味では不動産会社そのもの、或いは住宅物件そのものの宣伝にもなる。「グルメ」番組と共通する要素が多いのだ。実際、地方に暮らして居て、都会で生活しようかと考える若い方の場合、或いは、東京などの都心や郊外に投資用や別宅用として物件を購入したい方の場合、おおよその価格とか間取とか住環境とかを映像で知ることが出来るので大いに役立ちそうだ。大体が「家」というのは番地や図面だけではわからないことがいろいろとある。不動産屋さんと一緒に行っても、初めての場所だと環境面がよく解からない場合もある。そういう時にタレントがその地域的な雰囲気とか話題を示しながら雑談的に“借りる者”或いは“買う者”の目線からいろいろと質問してくれる。おそらく、しばらくは「グルメ」から「住宅内覧」番組への移行が続くだろう。


最近の記事はこちら

驚異のベストセラー⁉『反日種族主義』日本語訳の誕生

北朝鮮中央通信が9月13日、韓国で出版されている書籍に対して痛烈な批判を行った。北朝鮮のマスコミが海外の民間人が執筆した書籍に対して批評・論評することは滅多にない。どんな本に対して批判したのかというと…続きを読む

“高齢者”と“独身者”の「ハーフ婚」はいかが⁉

最近、どの調査を見ても「日本」がダントツに“1位”を獲得できるものはなくなってきている。そういう中で、唯一“ダントツ1位”をこれからも維持していけそうなのが、65歳以上の高齢者が占める人口比率であるら…続きを読む

「長命」でも「長寿」ではなかった夫婦

世の中には“何となく哀しい”と思えるような事件が時々ある。9月14日早朝、一人の老人が逮捕された。自ら110番をしてきて「家内を殺してしまった。自殺できなかった」と告白し、警察が110番した男の自宅に…続きを読む

「名月」&「雅楽」こそ“日本の美”

私はときどき、自分が日本人らしい生活の仕方をしているのか疑問に思う。少なくとも“平安時代”のような生活からは程遠い。けれども日本に産まれ、日本人の両親を持ち、日本の大地で育ってきたから、日本人特有の「…続きを読む

「ウルトラマン・ブッダ」が地球を救う⁉

タイが“仏教王国”であることは広く知られている。国民の94%が敬虔な仏教徒だ。けれども若い人たちは、必ずしも「仏陀(ブッダ)」だけが“人類を救う”とは思っていない。“正義の味方”であるウルトラマンだっ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.