今日の迷言・余言・禁言

時代は「後ろ向きに進んでいる」のだろうか

こういう事件の報道を読むたび、何とも言えない“哀しさ”を覚える。パキスタンで学校の校長が自分の息子からの求婚をけった女性を捕まえ、集団暴行し、“生きたまま火あぶりにした”というのだ。しかも、その女性は自分の学校に勤めていた元女教師であったという。まだ19歳の女教師が、校長の息子からの求婚を拒否したのにはもっともな理由がある。その息子は離婚経験があり、年齢も倍以上離れていた、というのだ。あまりのしつこさに彼女は辞職までしている。通常なら、そこで諦めそうなものである。ところが、そのあとで集団により監禁・暴行して、最期は“生きたまま火あぶり”というのは、もう“異常”としか言いようがない。しかも、それが“学校の校長”なのだから、どうしようもない。近年、信仰心の強い国家で“この種”の報道が多い。つい最近もインドで、10代の少女が集団レイプを受け、最期は“自殺に見せかけ”木に吊るされた姿で発見される、という痛ましい事件が起こった。「何百年も前は、そういう時代だった」というのであれば、それはそれで理解できないこともない。ところが、この種の“理解しがたい犯罪”は、現代の事件なのだ。しかも、信仰心の強い国で起こっているケースが多い。インドなどはITの先進国ではないか。経済面ではどこよりも成長している。その成長が性欲にまで及んでいるのか、近年は“性欲絡みの犯罪”が多発している。もしかすると、インドの結婚が“90%以上”お見合いで決まることと無関係ではないかもしれない。男女の交際に“未成熟すぎる”のだ。ITの国なのだから、もう少し“性欲”も、IT機器?で抑えるべきだ。


最近の記事はこちら

「宝石」には“念”が宿っている

大昔、王侯貴族は好んで宝石を身に付けた。その典型がツタンカーメン像だ。彼らは、もちろん、宝石に光り輝く財宝としての価値を見出していたからだが、それだけで常に身に付けていたわけではない。古代において、宝…続きを読む

子供たちが“女性となった”「父」を祝福する?

世の中、最近、面倒になってきている。「父の日」は、性転換して女性となった父親にも“その権利?”があるらしい。海外の話題だが、性転換して女性となった父親が、二人の娘たちから「父の日」を祝福されている写真…続きを読む

日経平均2万円は「最初の通過点」

昨日、久しぶりに日経平均が2万円を超えた。これまで何度か超えているが、どうもその後がいただけない。ドル円相場が不安定なので2万円台を維持できずにいたのだ。日本株の場合、どんなにアメリカ株が上昇しても、…続きを読む

狙われたミンダナオ島

6月17日、フィリピンの南部ミンダナオ島に「戒厳令」が出された。過激派組織「イスラム国」に忠誠を誓うフィリピンの武装組織「マウテグループ」と治安部隊との間で戦闘が激化しているからだ。報道によると、マラ…続きを読む

奇跡は“二度”起こらない

時々“奇跡的生還”という言葉が使われる。実際、神秘としか言いようがないような“奇跡”によって、死を免れる人たちが稀に居る。彼カーク・ジョーンズ氏もそういう一人だった。彼は2003年、一つの「挑戦」とし…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.