今日の迷言・余言・禁言

時代を「逆行」していく車両

ドイツの公共放送ZDFは6月29日のW杯ロシア大会における“サッカー解説者”クラウディア・ノイマン女史に対して、ソーシャルメディアで繰り返し中傷したとして二人のネットユーザーを刑事告発した。解かりやすく言うと、女性がサッカー解説することに批判的だった男性達を“女性差別だ”として刑事告発したということだ。普通の日本人なら「刑事告発?」の部分でギョッとなる。そこまですることだろうか。確かに“性差別”はいけないが、どちらかと言えば男性的なスポーツであるサッカーに対し、女性解説者を起用していることに批判的な男性達がいたとしても、まあ大目に見るべきことのような気が私にはする。最近、欧米では、この種の出来事が多いような気がする。男女平等を叫ぶのは良いが、すぐに“対決姿勢”で挑むのは大人げない気もするのだ。それに“男女平等”と言いながら、その一方では痴漢被害防止対策としての「女性専用車両」が各地で設けられ始めている。ところが、それでは“不平等”という意見もあって「男性専用車両」も設けるべきだという要望が多くなってきた。そして、アンケート調査では男女とも半数近くがこれに賛成している。う~ん、男女がそれぞれの車両に分かれて乗る時代がやって来るのか。私にはアラビア圏で行われている“男女別々の部屋”が連想される。同じ家族でも“男子の部屋”と“女子の部屋”に分かれていて、入り口も別々で、簡単には顔も合わせられない、という閉鎖社会。イスラム原理主義はサウジアラビアの“女性の車免許”だけでなく、あらゆる面で“男女不平等”である。その結果としての“別々の部屋”なのだ。そういう社会を“時代遅れ”と思っていたのが我々ではなかったのか。その一方で、女性解説者に対して“揶揄する発言”を刑事告発までして“平等化”しようとする。それぞれ、男女には先天的な違いがあり、だからこそ“男は女を求め”、“女は男を求める”形が続けられてきた。過度な“男女平等”は“同性愛”を助長することとなって「女性専用車両」では女性同士が抱き合い、「男性専用車両」では男性同士が抱き合い……ということにならなければ良いのだが。


最近の記事はこちら

宝石のオマケ付き⁉「ベルばら」カレー

時々どうしてコラボしているのかわからない商品が出る。昨日、宝塚北サービスエリアだけで“限定販売”され出した「ベルサイユのばらカレー」もそうだ。漫画『ベルサイユのばら』をイメージした“ご当地カレー”を宝…続きを読む

「境遇」の中で見つける「生き方」

学校ではさまざまな知識や技術を教えてくれるが「生き方」については教えてくれない。「生き方」というものを本能的に学ぶのは、その人が育ってきた境遇が一番なのだ。10月18日の夕方、埼玉県和光市でマンション…続きを読む

「温泉付き別荘」が100円で購入できる⁉

少子高齢化に伴って「空き家」はどんどん増えていく。不動産情報サイトには“驚き価格”が目白押しだ。中でも目を引くのは極端な“たたき売り価格”。本当だろうかと誰もが思う。例えば、伊豆の温泉付き二階建て別荘…続きを読む

「ジュリー」は、もういない

世の中には“美形”に生まれて来る人もいれば、そうでない人もいる。先ごろ亡くなった樹木希林さんは“美形”ではなかったことが、後年になって“重宝”された。CMでも「美しい方はより美しく、そうでない方はそれ…続きを読む

イスラム教は、やっぱり怖い!

イギリスの中東専門ニュースサイト「ミドル・イースト・アイ」は16日、サウジ人記者カショギ氏がサウジ総領事館内で生きたままテーブルの上で身体を切断され7分で死亡した、と伝えている。切断したのは“暗殺集団…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.