今日の迷言・余言・禁言

時代を「逆行」していく車両

ドイツの公共放送ZDFは6月29日のW杯ロシア大会における“サッカー解説者”クラウディア・ノイマン女史に対して、ソーシャルメディアで繰り返し中傷したとして二人のネットユーザーを刑事告発した。解かりやすく言うと、女性がサッカー解説することに批判的だった男性達を“女性差別だ”として刑事告発したということだ。普通の日本人なら「刑事告発?」の部分でギョッとなる。そこまですることだろうか。確かに“性差別”はいけないが、どちらかと言えば男性的なスポーツであるサッカーに対し、女性解説者を起用していることに批判的な男性達がいたとしても、まあ大目に見るべきことのような気が私にはする。最近、欧米では、この種の出来事が多いような気がする。男女平等を叫ぶのは良いが、すぐに“対決姿勢”で挑むのは大人げない気もするのだ。それに“男女平等”と言いながら、その一方では痴漢被害防止対策としての「女性専用車両」が各地で設けられ始めている。ところが、それでは“不平等”という意見もあって「男性専用車両」も設けるべきだという要望が多くなってきた。そして、アンケート調査では男女とも半数近くがこれに賛成している。う~ん、男女がそれぞれの車両に分かれて乗る時代がやって来るのか。私にはアラビア圏で行われている“男女別々の部屋”が連想される。同じ家族でも“男子の部屋”と“女子の部屋”に分かれていて、入り口も別々で、簡単には顔も合わせられない、という閉鎖社会。イスラム原理主義はサウジアラビアの“女性の車免許”だけでなく、あらゆる面で“男女不平等”である。その結果としての“別々の部屋”なのだ。そういう社会を“時代遅れ”と思っていたのが我々ではなかったのか。その一方で、女性解説者に対して“揶揄する発言”を刑事告発までして“平等化”しようとする。それぞれ、男女には先天的な違いがあり、だからこそ“男は女を求め”、“女は男を求める”形が続けられてきた。過度な“男女平等”は“同性愛”を助長することとなって「女性専用車両」では女性同士が抱き合い、「男性専用車両」では男性同士が抱き合い……ということにならなければ良いのだが。


最近の記事はこちら

ただ働きで借金⁉「連邦職員はつらいよ」

昨年末からアメリカの政府機関が閉鎖したままになっている。当然のことながら、そこで働く人たちに給与は出ていない。その数約80万人である。政府機関の中には仕事そのものも休止した状態で閉鎖されたままの部署も…続きを読む

「もう一つの学校」が必要な時代

中学校などの教育現場で今、深刻な状態を引き起こしているのが「隠れ不登校」の問題だ。病気とかイジメとか精神的な問題から「不登校」が生じてしまうことはしばしば耳にする。学校側が定義する「不登校児」というの…続きを読む

「天使のはしご」で空を飛ぶ

ときどき神様はイタズラをする。神様というのはイタズラ好きなのだ。「天使のはしご」も、その一つなのに違いない。昨日、朝、東京上空には「天使のはしご」が降りた。私はその名称を知らなかった。重く垂れこめた雲…続きを読む

「深くて暗い川がある」商法の限界

このところ“嫌な告発事件”が続いている。「NGT48山口真帆」「純烈・友井雄亮」「YouTuberヒカル」こういった“時代の寵児”と、その周辺で巻き起こった出来事が“告発”という形で次々と表に出て来て…続きを読む

ジョンベネ事件とドンファン事件の結末

愛くるしい笑顔で“美少女コンテスト”の動画が何度も流されたジョンベネ・ラムジーちゃんが殺害されて22年が経った。アメリカ有数の大富豪の美少女がクリスマスに殺害されたということで世界中の注目を集めた。外…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.