今日の迷言・余言・禁言

時代を「逆行」していく車両

ドイツの公共放送ZDFは6月29日のW杯ロシア大会における“サッカー解説者”クラウディア・ノイマン女史に対して、ソーシャルメディアで繰り返し中傷したとして二人のネットユーザーを刑事告発した。解かりやすく言うと、女性がサッカー解説することに批判的だった男性達を“女性差別だ”として刑事告発したということだ。普通の日本人なら「刑事告発?」の部分でギョッとなる。そこまですることだろうか。確かに“性差別”はいけないが、どちらかと言えば男性的なスポーツであるサッカーに対し、女性解説者を起用していることに批判的な男性達がいたとしても、まあ大目に見るべきことのような気が私にはする。最近、欧米では、この種の出来事が多いような気がする。男女平等を叫ぶのは良いが、すぐに“対決姿勢”で挑むのは大人げない気もするのだ。それに“男女平等”と言いながら、その一方では痴漢被害防止対策としての「女性専用車両」が各地で設けられ始めている。ところが、それでは“不平等”という意見もあって「男性専用車両」も設けるべきだという要望が多くなってきた。そして、アンケート調査では男女とも半数近くがこれに賛成している。う~ん、男女がそれぞれの車両に分かれて乗る時代がやって来るのか。私にはアラビア圏で行われている“男女別々の部屋”が連想される。同じ家族でも“男子の部屋”と“女子の部屋”に分かれていて、入り口も別々で、簡単には顔も合わせられない、という閉鎖社会。イスラム原理主義はサウジアラビアの“女性の車免許”だけでなく、あらゆる面で“男女不平等”である。その結果としての“別々の部屋”なのだ。そういう社会を“時代遅れ”と思っていたのが我々ではなかったのか。その一方で、女性解説者に対して“揶揄する発言”を刑事告発までして“平等化”しようとする。それぞれ、男女には先天的な違いがあり、だからこそ“男は女を求め”、“女は男を求める”形が続けられてきた。過度な“男女平等”は“同性愛”を助長することとなって「女性専用車両」では女性同士が抱き合い、「男性専用車両」では男性同士が抱き合い……ということにならなければ良いのだが。


最近の記事はこちら

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.