今日の迷言・余言・禁言

暦の誕生は「冬至」から始まった

われわれは誰でも、この季節になるとクリスマスとか正月とかを意識する。そして“今年一年”を振り返り、“来年”というものを漠然とではあるが意識する。奇妙なことに、時代が進んでも“一年の区切り”の意識は変わらない。なぜか、年間の区切りの時期は“夏”ではなく、“冬場”なのだ。この奇妙ともいえる“切り替えの意識”は、一つには“冬至の現象”によってもたらされる。「冬至」とは、24節気の一つで“一年中で最も日照時間の少ない日”のことを言う。今日が、その「冬至」である。誰もが感覚的に正月が近くなると「日が短くなったなぁ」と感じる。暗くなるのが早くなり、明るくなるのが遅くなる。それは毎年、必ず同じころに訪れる。そして、当たり前の話だが「冬至」が過ぎると徐々に日が長くなるので、“春に向かっていくような気分”になっていく。そこに「年始」が置かれているのは、中々合理的ではある。実際の季節は、これからが“冬本番”で、とても「春」などという感覚はないが、それでも“新春”と言い、“迎春”と言うのは、われわれが“気温”に反応しているのではなくて、“日照=光”に反応しているからに違いない。それは、古代人も同様であった。だから、古代人は“光で季節を区切った”のだ。「24節気暦」が誕生したのは、今から3000年位前になる。最初は“二至・二分”といって“冬至・夏至・春分・秋分”の4つだけが発見された。次が“四立”といって“立春・立夏・立秋・立冬”が定まった。この“二至・二分・四立”を「八節」ともいうが、これが24節気の基なのだ。だから、24節気というのは“太陽暦”の一種で、決して“太陰暦”でも“昔の暦”なのでもない。同じ日でも気温は毎年変化するが、光の時間は一定である。だから合理的な“季節の区分”は「節気暦」のほうにある。もし、気温で区分けするとしたなら、その年によって、或いは地域によって、季節が異なってきてしまう。光を基とすることで“科学的な季節分け”となるのだ。そう、古代人はわれわれよりも、ずっと“科学的な意識”の強い人たちだったのだ。


最近の記事はこちら

「宝石」には“念”が宿っている

大昔、王侯貴族は好んで宝石を身に付けた。その典型がツタンカーメン像だ。彼らは、もちろん、宝石に光り輝く財宝としての価値を見出していたからだが、それだけで常に身に付けていたわけではない。古代において、宝…続きを読む

子供たちが“女性となった”「父」を祝福する?

世の中、最近、面倒になってきている。「父の日」は、性転換して女性となった父親にも“その権利?”があるらしい。海外の話題だが、性転換して女性となった父親が、二人の娘たちから「父の日」を祝福されている写真…続きを読む

日経平均2万円は「最初の通過点」

昨日、久しぶりに日経平均が2万円を超えた。これまで何度か超えているが、どうもその後がいただけない。ドル円相場が不安定なので2万円台を維持できずにいたのだ。日本株の場合、どんなにアメリカ株が上昇しても、…続きを読む

狙われたミンダナオ島

6月17日、フィリピンの南部ミンダナオ島に「戒厳令」が出された。過激派組織「イスラム国」に忠誠を誓うフィリピンの武装組織「マウテグループ」と治安部隊との間で戦闘が激化しているからだ。報道によると、マラ…続きを読む

奇跡は“二度”起こらない

時々“奇跡的生還”という言葉が使われる。実際、神秘としか言いようがないような“奇跡”によって、死を免れる人たちが稀に居る。彼カーク・ジョーンズ氏もそういう一人だった。彼は2003年、一つの「挑戦」とし…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.