今日の迷言・余言・禁言

暴行魔にも「正義の拳」は出せない⁉

誰にでも多少の「正義感」はある。だから深夜に「助けて‼」とか「もう止めて‼」といった若い女性の大声が聞こえてきたなら、その場に駆け付けてあげたい。すぐに助けてあげたい。本能的にはそう思うのだが、いざ実際にそういう場面に出くわして、すぐ駆け付けられるかというと、そうはいかない。第一、どんな場面なのかがわからない。相手が複数で凶器を持っているような場合、助けに向かって殺されてしまう場合だってあるからだ。11月19日の午前3時、札幌のススキノにある立体駐車場から、その悲鳴は聴こえた。丁度、後輩達とその場を通りかかったのが、長与千種氏だった。80年代「クラッシュギャルズ」として一世を風靡した元女子プロレスラーである。彼女はすぐに、現場に駆け付け、若い女性に馬乗りになっていた男性の身体を引き離した。「何やってんのよ、止めなさい」無意識に相手の両腕を抑え込む形になっていた。相手は長与氏の力に驚いたのか「もう、暴れない」と抵抗をやめた。そこで長与氏が手を離した瞬間、男は彼女の髪を鷲掴みにして後ろに引き摺り倒そうとした。ここで一般人であれば拳や膝で対抗できる。けれども、プロ格闘家は手出しができない。プロ格闘家の手足は“凶器”をみなされるからだ。仕方なく、長与氏は倒されまいと踏ん張った。相手の手を抑えようとしたが、逆にその手指もひねられた。すぐに後輩たちが男を取り押さえたが、少し遅かった。その結果、長与氏は大量の髪の毛を引き抜かれ、小指を骨折したのだ。改めて“正義の使者”としての「長与千種」の存在を知らしめる結果になった事件だが、彼女だったから軽傷で済んだ。もし、一般人であれば“小指の骨折”くらいでは済まなかったかもしれない。しかも、この事件、馬乗りの男女は“夫婦”であったことが後に判った。たまたまススキノ警察が近く、警官がすぐ駆け付けたから良いものの、もし犯人が逆上して暴行され、夫婦とも逃げ出せば“傷だらけ”のまま放置されることも十分あり得る。「正義感」は、ほどほどにしないと…。


最近の記事はこちら

入場料“1500円の書店”は成功するか

東京・六本木の青山ブックセンターの跡地に、昨日、新たな書店「文喫(ぶんきつ)」がオープンした。書店としては中型規模の売り場面積だが、入場する時に“入場料1500円”を支払わなければならない。新たなビジ…続きを読む

「千尋」から「弌大」への改名は最悪⁉

私はこれまでにも何度か「読めない文字を使った命名はすべきでない」と記してきた。今回は正にその典型である。昨日、プロ野球の日ハムに新規加入した元オリックス・金子千尋(かねこちひろ)選手の入団発表があった…続きを読む

両肢の間に「跪かせる治療法」は危ない⁉

世の中には「どう見たって…妖しい」と思うような治療法が山ほど存在する。けれども、それで実際に効果があるのであれば、誰も口をはさめない。ブラジルでは時折、その手の治療法が流行する。私がまだ20代の頃だっ…続きを読む

「転落死」しなかったことが奇跡⁉

欧米人の中には時々とんでもないことを思いつき、そして実行してしまう“危ない冒険野郎”がいる。12月5日に「動画サイト」に投稿され、現在は削除された「ピラミッド頂上で全裸になってSEX」動画がある。映像…続きを読む

ミャンマーの「赤い靴」

「赤い靴」という童謡を知っているだろうか。「♪赤い靴はいてた女の子…異人さんに連れられ行っちゃった」で始まる“もの哀しい曲”だ。私は幼い頃、この歌をなぜか“とても美しい歌”のように思っていた。それは多…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.