今日の迷言・余言・禁言

最後まで“不運を引き摺らせた”元交際相手

2015年の6月、“死体遺棄の共謀容疑”として逮捕された一人の女性がいる。本人は“死体とは知らなかった”として無罪を主張したが、結局、認められなかった。その再申請求が弁護側から出されている。元々、白百合女子大を出て“お嬢様”として育っている彼女が、前の交際相手に何も知らされず“死体遺棄”を手伝わされたのか、それとも、感じてはいても“断れない事情があった”のか、中々微妙な事件なのだ。いずれにしろ“ブルーシートに包まれた死体”を一緒に引きずる役目を担ったことは間違いない。そういう意味では、元交際相手は、最後まで“不運を引き摺らせた相手”なのだ。証言女性によると、彼女はその中身を“虎の死骸”と相手に教えられ、そのまま信じていたらしい。もっとも、それを聞いた証言者は“信じられない話”と当時から思っていたらしい。ただ世間知らずのお嬢様が、相手の言うことをそのまま“鵜呑み”にしてしまうケースはしばしばあり、必ずしも、彼女が意図的に嘘をついていた証言にはならない。実は彼女には、新しい婚約者がいて、既に実家に戻り“結婚待ち”の状態の中で逮捕された。もし、彼女が、意図的に嘘をついていた場合、その婚約者に、元の交際相手とのことを“知られるのが嫌”で、そのために薄々感づいてはいたが“死体遺棄を手伝った”可能性もないとは言えない。その一方、まったくの“お人好し”で元の交際相手から頼まれ何も考えずに“動物の死体”と信じて遺棄した可能性もある。いずれにしても、幸福な結婚をするはずだった彼女の人生は、良くない相手と付き合った過去が災いして、殺人遺棄の容疑者という“汚名”を背負って生きていくことになる。例え、再申請求が認められ、仮に“無罪”を勝ち取ったとしても、彼女を見る“白い眼”は決して消えない。


最近の記事はこちら

仮想通貨は持っても、現金決済する日本人

不思議な国「日本」。何しろ“形の無い”通貨=「仮想通貨」を沢山の人達が持っているのだ。何んと世界一。その一方で、実際に支払いに使用しているのは圧倒的に“現金”。それを証明するデータが公表された。日本、…続きを読む

誰も悪くないのに…

世の中には、誰も悪くないのに“不幸”が忍び寄って来ることがある。女優の藤真利子さんは、10年間の自宅介護生活を経て2016年11月に母親・藤原静枝さんを亡くした。4歳の時に人気作家だった父親・藤原審爾…続きを読む

東京五輪の「江頭2:50」が危ない!

そう言えば、この人、どこにでも出かけていく。平昌五輪に出掛けて行って「北朝鮮の美女応援団」の手前で“独特のポーズ”をとっていたとしても驚くに当たらない。ネットユーザーが見つけて拡散したらしいが、そのざ…続きを読む

毎年1000名以上が「凍死」している

今年は全国的に“寒い冬”だと言われる。確かに寒い。だが日本では、まだ「凍死」するほどの寒さではないだろう。誰もが、そう思う。ところが、そうではないのだ。実際に“凍死している”人達が沢山いるのだ。それは…続きを読む

札幌市が“二つの問題”で揺れている

昔と違って、行政が頭ごなしに“物事を決めていける”時代ではなくなった。ましてや周辺環境の整備問題や、莫大な税金が投じられる問題の場合には、なおのことである。札幌市の場合、今年は“二つの問題”で、揺れに…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.