今日の迷言・余言・禁言

最後まで日本に馴染めなかったカルロス・ゴーン

カルロス・ゴーン容疑者の“逃亡劇”は、昨年末に飛び込んで来た“驚くべき事件”だが、日本人たちの反応はそれほど強くない。もしも、ゴーン容疑者がもう少し日本人たちから親しまれ、或いは尊敬されている人物であったなら、違った反応になるだろうに…と私は思う。まず、一つには彼の“強烈な外貌”が怖そうで、薄味好きの日本人からあまり好まれていなかった。彼はフランスから日本にやって来て、もう20年以上になるのに、ほとんど日本語を覚えようともしなかった。彼の書いた手記を読むと、いかに彼が“日本に貢献したか”については書かれているが、どれだけ日本に馴染んでいるか、日本を好んでいるか、日本人の友達については、まったくと言ってよいほど書かれていなかった。つまり、彼は確かに日本に来て、多くの仕事を成し遂げ、日産を“世界企業”に押し上げ莫大な財産を築いたが、日本では「孤独な人」だったような気がする。だからこそ、最後になって日産幹部は“検察”に彼を売ったのだ。彼自身が述べているように、本来であれば日本の幹部だって、特に西川前社長はゴーン容疑者と同じくサインしていて、或る意味では共謀者だった。それなのに「自分だけが逮捕されたのはおかしい」という彼の主張は、その部分だけで言えば正しい。けれども、彼は知らなかった。或いは“知らないふり”をしていた。日本人は、絶対的権限を持つ会長に逆らえるほど自己主張は強くない。だからサインするのだ。そういう日本人たちを上手に操って私腹を肥やした。強面のゴーンに、逆らえる者など居るはずがなかった。もう少し彼が日本と日本人を尊重して振舞っていたなら、自分の部下たちから検察に“売られる”こともなかっただろう。レバノンでは大人しくしていられるのだろうか。日本の“司法”と闘うことを晩年の目標とするのは、あまりにも寂しい。けれども、最期まで「容疑者」の十字架を背負って生きなければならない彼に“安息の日”はこない。


最近の記事はこちら

「神様」にも「マスク」は必要だったのか⁉

偉大なる建築家アントニオ・ガウディ氏の“没後100年”を記念して“完成”する予定であったスペインの「サグラダファミリア教会」がピンチを迎えている。新型コロナによって“工事中断”を余儀なくされている建設…続きを読む

「嘘」はついていないような気が…

女性同士がぶつかり合う場合、その気迫がすごいと、なかなか男性はその中に割って入れない。そうなりそうな対立の予感が国会の中で勃発している。自民党の杉田水脈(53歳)氏と共産党の田村智子(55歳)氏だ。杉…続きを読む

来るか「印鑑」が“不要”になる日

新政権になって河野太郎行革大臣が「ハンコ不要」に取り組みだしている。もちろん、これは役所の“行政手続き”に限ってのことで、一般社会にまで強制する“簡素化”ではない。ただ、これまで一番「ハンコ」にこだわ…続きを読む

元気があれば「脱獄トンネル」も掘れる⁉

人間には簡単に世をはかなんで自殺してしまう人もいるが、たとえ“死刑囚”になっても、せっせと「脱獄トンネル」を掘り続ける人もいる。しかも、彼の場合には、それが“初めて”ではなかった。2017年にも一度ト…続きを読む

「もう良いのでは…」と言いたい“極細ウエスト”

世の中、いろいろな分野で「世界一」を目指す人はいる。アメリカのジョージア州に住む1児の母サミー・ウィルソン氏(26歳)は2年前まで、お世辞にも“美しいプロポーション”とは言えなかった。体重が89㌔もあ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.