今日の迷言・余言・禁言

最新クルーズ船は魅力でも6500名はちょっと…

船と言ってもさまざまな船がある。われわれ一般人が乗ってみたいと思うのはクルーズ船くらいのものである。最近のクルーズ船は比較的安く、さまざまなコースや価格や日程なども用意されていて、昔のように“お金持ちの旅”ではなくなった。こんなことを言うと中国人に失礼だが、世界的にみると、中国人たちがクルーズ船を多く利用するようになって、船内マナーのようなものも緩和されつつあるような気がする。何しろ中国人には表現は悪いが“マナーなどクソくらえ”的振る舞いが多い。私は以前、海外の五つ星ホテルのロビーで、ソファの上に土足のまま脚を乗っけて休んでいる中国人を見掛けたことがある。せめて靴を脱ぐくらいはしてほしいものだ。カジノ内でも短パンでスリッパをひっかけたまま興じている人たちもいれば、カジノに子供達を引き連れている人たちもいる。そういう人達のおかげ(?)もあって、最近は昔ほどマナーをうるさく言われなくなった。昔は海外でディナーの服装などもうるさかった。考えてみれば、ヨーロッパで培われた伝統をそのまま“世界のマナー”として押し付けるのもどうかなという気もする。ところで、24日に「マリンポートかごしま」へとやって来たのは世界最大級のクルーズ船、スペクトラム・オブ・ザ・シーズである。何しろ今年4月から本格周遊し始めた全長347メートルの巨大な船だ。客室5000名を迎え入れる。それに乗員が1500名も加わるので総勢6500名が乗っていることになる。同じ船の中に6500名もいたなら、いったん、迷子になったなら中々発見できない。その代わり、いつも同じメンバーと顔を合わせるという“煩わしさ”もない。レストランだって18か所もある。これなら食事も選び放題ということになる。鹿児島に寄港した船の場合は、観光客のほとんどは中国人らしい。まあクルーズ船に乗って来る中国人なら、それなりのマナーは心得ているかもしれない。このクルーズ船の“売り”は、カプセル型展望施設「ノーススター」スカイダイビングの擬似体験ができる「アイフライ」船上でサーフィンが楽しめる「フローライダー」バンジートランポリンの「スカイパッド」などなのだが、何となく昔の風情ある“船上の旅”ではなくなっているようで、やっぱり、もう少しこじんまりしたクルーズ船の方が“癒される”ように感じるのは私だけだろうか。


最近の記事はこちら

「ガイロク」は“人生とは何か”を教えてくれる

人には誰でも「人生最大のピンチ」と言えるような時期がある。それを街角インタビューの中から“抜粋していく”のが、あまり目立たないTV番組「ガイロク(街録)」だ。近年は、普通の人達に街角でインタビューする…続きを読む

技術・研究者なら飛躍できる水星&土星《0度》の危険

誰でも疲れている時とか、あまりにも神経過敏となっている時に「幻影」を見るとか「幻聴」を聴くとかすることは稀にある。けれども、それが日常生活となったら、もはやそれは“病気”一歩手前か、本格的な“心霊現象…続きを読む

「007」が“黒人女優”に変わる時代

映画「007」シリーズと言えば、私が「男はつらいよ」と同じくらい十代の頃から好んで見た映画だ。それにしても長い、もう「寅さん」は終わったというのに「007」の方は主人公ジェームズボンド役をさまざまな男…続きを読む

なぜ今頃「人肉事件」の映画なのか

「おいしそうだったから食べたかった」という言葉はよく聞く。けれども、それが「人肉」に向けられたものだったとしたら、思わず絶句する。それが通常の感覚だろう。けれども、世の中には“そうではない人達”がいる…続きを読む

「新たなピラミッド」が発見されるか⁉

エジプトのダハシュールと言えば、ギザのピラミッドで有名なクフ王の父親スネフェル王による「赤いピラミッド」と「屈折ピラミッド」が建てられていることで有名である。そのダハシュールで新たに複数の棺やミイラが…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.