今日の迷言・余言・禁言

本当に「心の狭い神」なのか

今、アメリカでは「スカーフをしていなかった」ことが論議をかもしている。ハッキリ言って、どうでも良いようなことだ。つまり、サウジアラビアを訪問中のトランプ大統領メラニア夫人がスカーフなしで公式の場に参列した。イスラムの国を訪れた場合の“女性の行動”として問題ではないかというのだ。確かにイスラムの諸国では、公的な場に出るとき、女性たちは頭にスカーフを被る習慣がある。「人前で髪を見せてはいけない」とイスラムの神は言うらしい。日本にやって来る女性達でも、常にスカーフを被っている女性たちを見たなら、イスラムの国からやって来ているのだと一目でわかる。ところがトランプ大統領の夫人は、元々が“モデル出身”で自らのファッションには自信を持っている。実際、外貌的にもモデルにふさわしい体形をしている。彼女にしてみれば、スカーフなど自分には合わない、という考えだろう。確かに大柄の八頭身美人とスカーフは何かそぐわない。もっともメラニア夫人が、訪問国に対してのマナーを欠いているとも言い難い。なぜなら、イスラムの女性達の身だしなみとして“強いられている”肌の露出は最小限に抑えてあるからだ。衣裳も黒で統一し、派手さを控えた。それでも元々がモデルなので、どうしても“華やかさ”は消えない。長女のイバンカさんも訪問しているが、こちらもスカーフを着用していない。ただ肌の露出は最小限に抑えてある。まあ、なんというか、元々が“派手な一家”なので、この辺がぎりぎりなのだ。それにしても、どうしてイスラムの諸国では、男女の差別が未だにまかり通っているのだろう。大体が暑い国が多いのに、黒い衣装で全身を覆い隠すのは、それだけでも“罰ゲーム”のようで奇怪に映る。イスラムの神とは、何んと“心の狭い神”であることか。なぜ、そんな“心の狭い神”の言うことを一から十まで聞いて生きなければならないのか。大体、礼拝にしても、額をこすりつけすぎなのだ。神に“踏んづけて欲しいのか”と思えるほどに額をこすりつける。女王様が見ていたなら興奮してしまいそうではないか。そういえば「ムチ打ちの刑」もあった。もしかして、イスラムの神って“そっち系”なのか?


最近の記事はこちら

「慰安婦はアイドル」の訪日韓国人たち

韓国にも良識のある人はいる。その一人は世宗大教授の朴裕河(パク・ユハ)氏だ。彼は『帝国の慰安婦』を出版、その内容が慰安婦の方々の名誉を傷つけるとして起訴されたが、今年1月無罪となった。その朴氏だが、こ…続きを読む

「大富豪」と「ホームレス」だけ居住する街になる

世界で一番“お金持ち”が沢山暮らしている街はどこだろう? そう、ニューヨークだ。もちろん、東京ではない。それでは世界で一番“ホームレス”が多い街はどこだろう? 実は、これもニューヨークなのだ。つまり、…続きを読む

「病は気から」は本当だったが…

北大の村上教授を中心とする免疫学チームが「病は気から」のことわざを実証するデータを15日オンライン科学誌上で発表した。つまり、マウス実験により睡眠不足などの慢性的なストレスを与えて、それに神経細胞を攻…続きを読む

「心霊スポット」は避けたがるのが霊視者

人には“霊的存在”を見たり感じたりできる体質と、そうでない体質の人達がいる。そして実際には“そうでない体質”の人達が圧倒的に多い。したがって“見たり感じたりできる体質”を否定したり、逆に、羨ましがった…続きを読む

「三つの国」へのメッセージ

昨日、北朝鮮で拘束されていたカナダ人の牧師が解放された。なぜ解放されたのか、答えは簡単である。カナダが水面下で北朝鮮との交渉に応じて何かの交換条件を呑んだか、いくばくかの金銭を支払ったか、いずれかであ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.