今日の迷言・余言・禁言

本当の「占星学的な相性」を誰も言わない

「生涯未婚率」という統計がある。簡単に言えば“50歳まで未婚の人”を算出した比率だ。最近は50歳以降に結婚される方も出て来ているので、本当はもう少し上の年齢の統計でも良さそうだが、確率的には1%未満なので実質変わらないらしい。この「生涯未婚率」だが、もちろん離婚経験者などは含まれない。だから「単身率」ではない。実はこの数字、1950年代の日本では1.5%未満だった。驚くべき低さである。つまり、ほとんどの人は結婚していたのだ。男女ともである。この数字は1985年頃となっても、それほど増えなかった。男女とも4.5%に上昇したくらいである。この程度であれば“たまに見かける”くらいで問題となることはなかった。ところが、その後、この数字は一気に駆け上がるのだ。今や男性23.4%、女性14.1%となり、2030年には男性が30%にまで達するのではないか、と予測されている。三人に一人が“生涯未婚”となる時代がやってこようとしているのだ。実は“未婚率”は“死亡率”とも関係があって、早期死亡率が二倍以上となることが確認されている。又なぜなのか判然としないが、肺炎による死亡率が五倍以上に跳ね上がるらしい。そこで未婚の男女たちに、なぜ結婚しないのかを探ってみると、25歳~35歳の男女では圧倒的に「適当な相手に巡り合わない」という理由になっている。それならば“適当な相手”を見つけ出せばよい。ところが、一般に流布されている“良き相性”とされているもののほとんどはあてにならない。特に女性雑誌などで盛んに取り上げられる“星占いの相性”ほどあてにならないものはない。なぜ、当てはまらないかと言えば、実例を十分に調査せず、勝手な理論だけで組み立てているからだ。私は、実例を何百、何千と調査したが、その結果“生れ月”による相性など何の役にも立たない。そうではなくて、“同じような性質や運命”をホロスコープ的に持っている男女が、その“同じ部分”に吸い寄せられるかのようにして惹かれあっていく。それこそ、本当の相性なのだ。それは太陽の位置だけの「星座占い」ではなくて、本格的な占星学、それも実践的なホロスコープ解釈に基づかないと見出せない。逆に言うと、それさえ引き合わせることが出来れば“結婚に至る相性”は見つけられるのだ。あとは“結婚のタイミング”で、それにも特殊な法則がある。ただ、それほど絶対ではなく融通性が利くことが判っている。一般的な「星座占い」を頼っている限り、占いは結婚に役立たないだろう。


最近の記事はこちら

「病は気から」は本当だったが…

北大の村上教授を中心とする免疫学チームが「病は気から」のことわざを実証するデータを15日オンライン科学誌上で発表した。つまり、マウス実験により睡眠不足などの慢性的なストレスを与えて、それに神経細胞を攻…続きを読む

「心霊スポット」は避けたがるのが霊視者

人には“霊的存在”を見たり感じたりできる体質と、そうでない体質の人達がいる。そして実際には“そうでない体質”の人達が圧倒的に多い。したがって“見たり感じたりできる体質”を否定したり、逆に、羨ましがった…続きを読む

「三つの国」へのメッセージ

昨日、北朝鮮で拘束されていたカナダ人の牧師が解放された。なぜ解放されたのか、答えは簡単である。カナダが水面下で北朝鮮との交渉に応じて何かの交換条件を呑んだか、いくばくかの金銭を支払ったか、いずれかであ…続きを読む

超アウトな「わいせつ罪」の施行

世の中にはいろいろな趣味・嗜好の人がいて、最近はいろいろな“わいせつ犯罪”が報道されるので、滅多なことでは驚かなくなった。そういう私でも“超アウト”に感じたのが今回の逮捕劇だった。静岡県で起きた父親が…続きを読む

「間近で見たい」と思わせるスター

私は個人的に人を差別する方ではないので、一般の方達の“ファン気質”というものが今一つよく解からない。例えば芸能人でも、スポーツ選手でも、政治家でも、その人が有名だから「間近で見てみたい」という風な気持…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.