今日の迷言・余言・禁言

本当の「笑顔のメラニア」

今回のトランプ大統領夫妻の来日で一番印象に残ったのはメラニア夫人の“マスコミ向けではない笑顔”だった。「銀座ミキモト」でもそうだったし、「都内の小学校」でもそうだった。一つには明恵夫人と一緒だったからだ。明恵夫人とはアメリカで逢っている。そして、どういう女性なのか、何となく分かっている。緊張しなくて良い相手なのだ。元々がファッションモデル出身で、あまり社交は得意ではない。だから公式行事の時にも滅多に笑顔を見せない。マスコミ写真用の笑顔は見せるが、それはモデル時代からの「シャッター向け笑顔」で、本心からの楽しそうな笑顔ではない。どちらかと言えば端正な顔立ちなので、無表情に見えることが多い。美しいが無表情なのだ。それが日本に来て、明恵夫人と一緒に“真珠の店”や“小学校”に行って、心からの楽しそうな笑顔を見せた。元々が“美的なもの”に関心が深く、宝石は好きなので、自然と“居心地の良さ”を感じたに違いない。実際に真珠を採る海女さんからの説明も興味深かったに違いない。次の小学校でも子供達とハイタッチする場面があった。大勢の男子児童たちが、アイドルを囲むように集まってタッチしようとしてくれたことが嬉しかったに違いない。本国では、ありえない光景だからである。そう日本の男児は「アイドル」に絡むことが好きだし、慣れているのだ。ちょっと“年上”だが、十分アイドルでも通用するルックスを持っているメラニア夫人に対して、明恵夫人よりも男児たちが群がるのは自然なのだ。こうして、メラニア夫人にとって、日本は“居心地の良い場所”となった。リラックスできるし、何よりもマナーなどで大統領夫人としての細かな批判をされることがない。日本人は、そういう点で寛容な国民性を持っている。トランプ大統領が“鯉のエサやり”で、餌箱をひっくり返して一気に終わらせたが、それすら誰も批判などしない。そういう点で、日本人は“包容力”のある国民なのだ。韓国では、そもそもが訪韓自体に対する“批判デモ”が行われた。その団体の数が220団体というから驚く。日本人との違いが浮き彫りになる。そういう点でも、彼女に“笑顔”はなかった。欧米のマスコミは、メラニア夫人のあんなに楽しそうな笑顔を始めてみた…と驚きをもって伝えている。


最近の記事はこちら

「日経平均」より「トピックス」が“鍵”⁉

世界的に株価が“乱高下”している。以前にも述べたように、株価の動きは“実体経済”に先行する。その株価の動きが「二番底」に向かい始めた。つまり、いったん浮上して、もう一度“底値”に向かって下落し始める。…続きを読む

「祖国」「故郷」が“甦る”とき

われわれは普段、自分の“祖国”とか“郷土(ふるさと)”とかを忘れがちである。正確に言えば「…の大切さ」を忘れがちである。特に、さまざまな理由から自国を離れて暮らしている人、或いは郷土を離れて暮らしてい…続きを読む

「運気」は巡って「評価」は変わる

最近、妙な形で評価を上げている人物がいる。元衆議院議員の豊田真由子氏である。このところ、フジ系昼の「バイキング」に「感染症対策のエキスパート」として出演することが多くなった。かつての議員時代、自分の秘…続きを読む

「金持国」が「貧乏国」に“変わる”可能性⁉

アラビアの多くの国は現在「金持国」である。それはなぜかと言えば、いうまでもなく“石油が出る”からだ。昔、貧しかった国の多くは“石油”が出たことで「金持国」に変わったのだ。大昔から“お金持ち”だったわけ…続きを読む

「四川省の森林火災」が予告するもの

私が年初からもっとも“不安視”していたものが、徐々に具体化しつつある。年初から、何をもっとも“怖れ”ていたかと言えば「防ぎようのない自然災害」だった。私は年初にオーストラリアで森林火災が猛威を振るって…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.