今日の迷言・余言・禁言

本当は「水」なのに「血」が流れて来る⁉

「親子」とか「兄弟」とか「配偶者」とか、いったん“縁故関係”が成立した間柄というのは、実質的にその関係性が失われたとしても妙な形で付き纏う場合が多い。昔から「血は水よりも濃い」というが、最初から「水」だったのに、イメージとしての「血」がいつまでも作用し続けるケースもある。昨日、元光GENJIの大沢樹生氏と女優・喜多嶋舞氏との間に出生したことになっている長男22歳が、交際女性を「窒息死させようとした」ということで逮捕されていることが明らかになった。この長男というのはDNA鑑定によって、父親であった大沢氏との“親子関係不一致”が証明されている人物で、つまりは父親以外の男性と母・喜多嶋舞氏との性交渉で妊娠した児である、と法律的には判定が下っている。したがって、大沢樹生氏と喜多嶋舞氏が既に離婚している今、完全に“赤の他人”つまり「水」なのだが、世間のイメージとしては未だに「血」の関係として扱われ、昨日のニュースも喜多嶋舞氏の写真ではなく、大沢樹生氏の方の写真が使われていた。“とばっちり”としか言いようがない。このようなケースは、よく初婚の時の元配偶者が犯罪や事件を起こしたようなときとか、十代半ばで家を飛び出し音信も途絶えていた息子や娘が事件を起こしたようなときにも起こる。或いは交流のない義兄弟とか、親戚が事件を起こしたようなときにも起こる。大沢氏の事務所では「こちらには警察からも連絡がありませんので答えようがありません」とのコメントを出したが、もっともなことである。もはや何のゆかりもない。それでなくても彼は、DNA鑑定をしたことで勝訴したのに“悪者”のように扱われた。今になってみれば、あの時「水の関係」になっておいて良かった…と胸を撫で下ろしているに違いない。なにしろ22歳の長男は相当な“ワル”である。日本に戻ってすぐに知り合った女性宅に転がり込んで“ヒモ生活”をしながら、酒を飲むとDVを繰り返したのだ。こんな息子と“血が繋がっていたなら”今頃、大沢氏自身も大バッシングを受けていたことだろう。それにしても、大沢氏の額中央の髪際付近にはホクロがある。これは公的な履歴上の問題、或いは家系系譜上の問題に巻き込まれやすいことを意味する。未だに「光GENJI」としての“十字架”を誰よりも引き摺っているのは彼なのかもしれない。


最近の記事はこちら

64%が「婚活」の“出逢い”を休止

最近の調査によると、近年の“成婚者”の場合、4人に一人は「マッチングアプリ」などの“婚活サービス”を利用しているという。そういうものを活用する方が「結婚」に到達しやすい時代に入ったということだろう。正…続きを読む

「美白」に反応し過ぎる差別感覚

われわれ日本人にとっては“「白」=「美」”という感覚には、どうしてもならない。元々「白」の方が「黒」よりも“美しい色”という観念が存在していないからだ。例えば同じ日本人でも、沖縄に暮らしている人は北海…続きを読む

「モンブランの氷河」が溶け出したら…

「予想しにくいこと」というのが世の中にはある。アルプスの最高峰であるモンブランの“氷河が溶け出す”という現象も、現実にはなかなか予想しにくい。けれども、実際にもう“溶け出して”いるらしい。「地球温暖化…続きを読む

「透明な壁」の時代なのか

昨日、久しぶりに人と逢わなければならず、カフェとレストランへ行ったが、その両方で各テーブルごとに「透明な壁(アクリル板⁉)」が置かれていた。カフェの方は丸くオシャレな感じのもの、レストランの方は四角で…続きを読む

「日本の母」から「我が児の母」へ

人生において、人はときどき「方向転換」をする。それは“意識的”に行われることもあれば“無意識的”に行われることもある。私は、この人は多分“無意識”にそれを行ったのだと思う。つまり「日本の母」になること…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.