今日の迷言・余言・禁言

本田&家長→同一生年月日の謎

日本人のプロサッカー選手で世界的に名を知られている選手の一人、それが本田圭佑氏だ。その本田選手が、在籍する“ACミラン”との契約終了に付き移籍することを自ら公表した。実は同じく今年、国内だが“大宮”から“川崎”へと移籍した選手がいる。家長昭博選手だ。こちらの方は本田ほど世界的にも、日本の中でも、特別知られている存在ではない。けれども日本で、最初に“その将来性”が注目されたのは家長の方だった。この二人、同一の生年月日なのだ。面白いことに、二人とも高校生時代に現在の夫人と出逢って交際を開始している。髪が長く目の大きい美人妻である。そして2008年の同じ年に結婚しているのだ。さらに子供が二人というのも共通している。本田は海外での活躍が有名だが、実は家長もスペインや韓国のチームに在籍し、海外で活躍していた実績を持つ。二人とも高額所得者である。本田はともかく、家長の方も毎年何千万もの年収を得ている。二人とも肢を怪我したことがある。この二人、あまりにも共通項が多い。そこでホロスコープを見てみると、個性が強く、独立自営型の典型であり、体力や行動力に恵まれ、経済的にも大いに恵まれるであろうことが予測できる。要するに、生年月日からだと、ここまでは共通なのだ。ただ、これ以上は個々の生き方、人生の選択、生活環境などが作用するので、さまざまな人生模様となる。みんながみんなプロサッカー選手として成功するわけではない。ただ私の経験として、同一生年月日の人は“同じような分野”に興味を持つとか、同じような時期に運命が大きく変化していることが多い。注目すべきは夫人との出逢いの時期、結婚の時期、子供の数、ストレートの長い黒髪で目が大きく美人であることなど、どう考えても“偶然の一致”だが、偶然では済まされない“何か”を感じてしまう。ここに生年月日の謎がある。


最近の記事はこちら

「反則タックル」はプロレスで活かせ!

最近、スポーツ関係での「パワハラ」問題、行政関係での「セクハラ」問題などが報道されることが多い。どのような分野でも“行き過ぎ”“やり過ぎ”は問題なのだが、過度に神経質になって、何でもかんでも「パワハラ…続きを読む

「グランドクロス」を生きる人々

「ピーター」と呼ばれていた池畑慎之介氏がちょっとだけ“休業”し、もう「ピーター」の名は使わないらしい。これを「休業宣言」と受け止めて良いかは疑問だが、とにかく「休み」が欲しくなったのだな…ということだ…続きを読む

「ZOZO」は“世界”へ飛翔できるか

ファッション通販のショッピングサイトとして絶大な人気を誇る「ZOZOTOWN」を運営している株式会社スタートトゥディが6月26日の株主総会で社名変更を決議する。社名も「ZOZO」に変更・統一するという…続きを読む

「二刀流・松坂」が始まる

私が開幕前から予告していたように、中日の松坂大輔投手が「二刀流」で2勝目を挙げた。20日の試合で、その第2打席、第3打席で二打席連続のヒットを放ったのだ。「松坂大輔」といえば、もう“過去の人”だった。…続きを読む

子供を働かせる「アイドル商法」

週刊文春で今年3月21日に首を吊って自殺した愛媛の“農業アイドル”「愛の葉」主力メンバー大本萌景(おおもとほのか・享年16)さんの母親が、娘が自殺に至った経緯を詳細に語っている。それを読むと、これは明…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.