今日の迷言・余言・禁言

札幌「駅」が動き続けている

通常、動くのは「駅」じゃなくて電車の方でしょ。ところがね。札幌はそうじゃないんだ。「駅」が動いてるの。何しろ2030年だからね。もう、その頃には「駅」の方が動いちゃうんだよ、って噓でしょ。それがね、新幹線の“札幌駅”の位置が、あっち行ったり、こっち行ったり、なかなか決まらなくて“動き続けてます”というお話。最初は六つくらいの候補があったんだ。それで一年以上協議して、その内の“二つ”に絞られたはずなんだけど、なんか、それがまた覆されたらしい。というのは“東側案”というのが試算したら200億掛かるということで、とてもJR北海道には出せませんということになって、半分決まりかけていたんだけど、止めちゃうらしい。それで、昔、出ていた“地下新幹線駅”が再び浮上してきたというお話。最初から、それでいけば良いのに…。でもね。これもまだ試算が出ていないらしくて、またお金かかり過ぎで止めます、って話にならないの? どうも怪しい。何しろJR北海道さん、赤字続きだからね。札幌から稚内に行くとか、札幌から函館に行くとかすると、正直、電車の揺れやガタガタが怖い。古いんだよ。それがね、実際に乗っているとよく解かる。だから実際、よく故障するし、小さな事故も起こり続けている。それでも古いまま“修復”“修復”で使い続けている。そんなところに200億なんて、確かに無理だよ。でも新幹線の地下ホームだって、相当かかりそうな気がするんだけど、また試算で“止めます”のパターンじゃないの。いっそのこと、動き続けている“日ハム”の「札幌ドーム球場」と“一体化”して、日ハムに半分出してもらうとか、中国人観光客たちに“ちょっとづつ寄付してもらう”とか、アメリカ大統領に“トランプホテル”と一体化した駅を作ってもらうとか、ロシア大統領に北方領土まで新幹線を延長して半分出していただくとか、韓国元大統領に駅一体の“駆け込み寺”を作ってもらうとか、何か良い案ありません?


最近の記事はこちら

占いは“地味なほう”が良く効く!

よく“占いの的中”というと“派手な予言”が取り上げられる。けれども実際には、現実的で地味なアドバイスの方が有効な場合が多い。27日午後、日露首脳はクレムリンで3時間にも及ぶ会談を行った。安倍首相とプー…続きを読む

「入れ墨」か「タトゥー」か

時々、どちらの言い分が正しいのか、判別が難しい対決がある。大阪地裁で争われている“医師法違反”もその一つで、医師免許がないのに“入れ墨”の施術をしたとして医師法違反に問われた“彫師の男性”が「タトゥー…続きを読む

“占い界”における藤井聡太はどこに?

最近、プロスポーツの世界では次代を担う“若き天才”たちが続々と誕生している。ここで取り上げる将棋世界の藤井聡太君など、その典型だ。まだ14歳の中学生だが、既に昨年10月からプロ棋士四段に昇格した。そし…続きを読む

「EU」が揺れている

11人が立候補したフランスの大統領選で、予想されていた通り過半数を得たものがなく、改めて5月7日に「国民戦線」のルペン氏と、「前進!」のマクロン氏との間で“決選投票”が行われることが決まった。ルペン氏…続きを読む

北朝鮮にも“隠れキリシタン”がいた!

“隠れキリシタン”と言えば、江戸時代の長崎を思い浮かべる。現在でも、その子孫の方々が存在していて“隠れキリシタンの信仰”が維持されている。もう、日本では堂々と“キリスト教徒”を名乗って良いのに、子孫の…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.