今日の迷言・余言・禁言

東洋の神秘「minoriアート」に世界が注目‼

近年、日本や日本人に関する「美」が世界的に注目を集めている。そういう中の一コマとしてBBCニュースでも取り上げられるネット上のファッションがある。26歳の日本人アーティストminoriさんの「生きる芸術作品」だ。彼女は自らの肉体をキャンバスに見立てて“独特の白塗りメイク”を施し、年代物の衣裳を自分でデザイン制作し、自然や建物などと一緒に自らモデルとなって撮影、ファッションブログとして発信し続けているのだ。それは、いつの間にか「日本の生きる芸術」として、国内よりも世界各国からファンを集めるサイトになっていった。そして、ファンから招かれるような形で、世界各地のファッションイベントにも招待されるようになりつつある。元々が原宿に通っていた少女は、上品な“ゴスロリ・ファッション”がお気に入りだった。けれども、だんだん、それは“自分ではない”と感じるようになる。そうして徐々に“白塗りメイク”へと傾斜し、やがて自らがデザイン制作した“年代もの衣裳”を纏うようになった。そうして、そのファッションが似合いそうな“風景”を探す。こうして出来上がるのが、自然界と一体となったかのような「minoriアート」なのだ。時には“古い建物”が“自然界”の代わりを果たすこともある。どこかに“なつかしさ”を漂わせているのは、実際に“白塗りメイク”を行っていたのが、平安貴族や江戸時代の芸者達だからであろうか。ストリート・ファッションの延長線上に誕生した「生きる芸術作品」だが、正直、日本ではほとんど知られていない。一つには日本人にとって「東洋の神秘」は、特別、注目を集めるほどのものではないからだ。確かに神秘性はあるが、その点で言うなら他にもいろいろとあるからだ。或る意味で「日本」や「日本人」は、その存在自体の中に、生来の神秘性を宿している国民なのかもしれない。もしかすると「minoriアート」が、日本で本当に“評判”になる頃には、世界中から“カルト的に支持され”逆輸入する形でブームが訪れることだろう。


最近の記事はこちら

新社名「大樹生命」は、“巨木”に生れ変れる⁉

古くからの会社が継続していることで知られる“生命保険”業界。会社そのものの業態についはよく知らなくても、その社名だけは“知っている”という企業が多い。そういう企業名の一つであった「三井生命」が、今年4…続きを読む

日本が「告発社会」に変わっていく“怖さ”

昨日から今日にかけて、二つの“小さな出来事”がニュースとなった。その両方を読みながら、最近の日本が徐々に北朝鮮と同じような「告発社会」に変わりつつあるような気がして怖くなった。小さな出来事の一つは29…続きを読む

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

「過去は幻」なぜ「今」を信じなかった⁉

誰にでも「過去」はある。時には“触れてはならない過去”もある。日本でも年末になると、普段は「宝くじ」を購入しない人が、不意に思いついて“宝くじ売り場”に並んだりする。この人も、そういう人の一人だった。…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.