今日の迷言・余言・禁言

東洋の神秘「minoriアート」に世界が注目‼

近年、日本や日本人に関する「美」が世界的に注目を集めている。そういう中の一コマとしてBBCニュースでも取り上げられるネット上のファッションがある。26歳の日本人アーティストminoriさんの「生きる芸術作品」だ。彼女は自らの肉体をキャンバスに見立てて“独特の白塗りメイク”を施し、年代物の衣裳を自分でデザイン制作し、自然や建物などと一緒に自らモデルとなって撮影、ファッションブログとして発信し続けているのだ。それは、いつの間にか「日本の生きる芸術」として、国内よりも世界各国からファンを集めるサイトになっていった。そして、ファンから招かれるような形で、世界各地のファッションイベントにも招待されるようになりつつある。元々が原宿に通っていた少女は、上品な“ゴスロリ・ファッション”がお気に入りだった。けれども、だんだん、それは“自分ではない”と感じるようになる。そうして徐々に“白塗りメイク”へと傾斜し、やがて自らがデザイン制作した“年代もの衣裳”を纏うようになった。そうして、そのファッションが似合いそうな“風景”を探す。こうして出来上がるのが、自然界と一体となったかのような「minoriアート」なのだ。時には“古い建物”が“自然界”の代わりを果たすこともある。どこかに“なつかしさ”を漂わせているのは、実際に“白塗りメイク”を行っていたのが、平安貴族や江戸時代の芸者達だからであろうか。ストリート・ファッションの延長線上に誕生した「生きる芸術作品」だが、正直、日本ではほとんど知られていない。一つには日本人にとって「東洋の神秘」は、特別、注目を集めるほどのものではないからだ。確かに神秘性はあるが、その点で言うなら他にもいろいろとあるからだ。或る意味で「日本」や「日本人」は、その存在自体の中に、生来の神秘性を宿している国民なのかもしれない。もしかすると「minoriアート」が、日本で本当に“評判”になる頃には、世界中から“カルト的に支持され”逆輸入する形でブームが訪れることだろう。


最近の記事はこちら

インディオが怖れる「黒い雨」が降る

太古そのままに密林を伴って南米を流れているのがアマゾン川だ。南米の“母なる川”と言っていい。そのアマゾン川で“異変”が起こっている。森林火災が異常発生しているのだ。今年に入ってブラジルで発生した“森林…続きを読む

やがて「香港」は“廃墟”と化すのか⁉

私が最初に《飲み込まれていく「香港」》というタイトルで、その“危うさ”を書いたのは数年前だ。それから2018年1月15日には《台湾やマカオまで「一つの中国」と言われても…》と不吉な予兆について書いた。…続きを読む

“7度目”と“4度目”の「愛の終着駅」

日本人は他の人種に比べて「執念」というものが、それほど強くない。「和食」で“こってり”とか“とことん”とかいう表現はほとんど出て来ない。どちらかと言えば“あっさり”や“さっぱり”を好むのが日本人なのだ…続きを読む

「令和」が感じられない“即位記念切手”

意外に気付かないでいた10月からの“切手代値上げ”だが、それを気付かせる意味もあってのことなのかどうか知らないが、10月18日から「天皇陛下即位記念」の新たな切手が発行されることが公表された。昨日、そ…続きを読む

「風水家相」で大切なのは“基礎的な事実”

吉本興業の“闇営業問題”で謹慎処分になっていた芸人たちの多くが8月19日に「東京吉本」の舞台に立った。その中にはスリムクラブの内間政成氏の姿もあった。彼は妙な形で多くの同情を集めている。何度か5年前に…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.