今日の迷言・余言・禁言

欧州を襲う「45度」の恐怖

昨日ドイツとフランスでは一部地域で38度を記録している。この時期としては異例の暑さだ。けれども、この程度であれば、日本でも時々経験する。ただ「45度」という気温は、さすがに日本でも聞いたことがない。ところが、フランス南部では今月末に“45度予報”が出ているのだ。これはフランスだけの問題ではない。スペイン、ドイツ、スイス、ベルギーなど、フランスを取り巻く諸国でも、同様の熱波予報が示されつつある。実は2003年8月にも同様な現象があって、その時フランスでは15000名もの人たちが“暑さ”のために亡くなった。だから「暑ければ裸になれば良い」とかいうレベルの問題ではないのだ。日本では、それほどの予報は今のところ出ていないが、数年以内に“同じような現象”が起こるとも限らない。だから、今からその対策を練っておくのが、賢い予防法となる。特に東京では来年8月に「オリンピック」が控えている。暑さに慣れている国の人達ばかりがくるわけではない。経験的に誰でも知っているように、暑さとか寒さとかは“慣れ”が非常に有効で、慣れてしまえば40度前後程度であれば、何とかしのげるようになる。人間の身体はその程度であれば、適応できるように作られている。但し、それは、あくまで“慣れていれば”という条件付きなのだ。慣れないと、例えば北海道のように30度でさえも経験することが少ない者にとって40度は“耐え難い暑さ”になる。逆に、その程度であれば年に何度かは経験する地域の人達であれば、一応、“耐えられないレベル”ではない。もっとも、それらの地域でも“45度”となったなら話は別で、やはり“警戒が必要なレベル”に達する。時折、お年寄りの方が節約のため冷房を使わず生活していて、その結果、病気になるとか死亡してしまうとかいう話を聞く。ヨーロッパ人の場合も、必要以上に自然環境を重視する人達がいて、冷房を入れたがらない地域も多い。そうかと思うと、日頃から30度越えの東南アジアでは室内の冷房を極端に下げていて、あれはあれで身体に良くない。われわれのようにデリケートな人種は室内と屋外との気温差にやられてしまうのだ。そういうわけで南フランスにお住まいの方(?)は、どうか冷房を使って月末を耐え忍んでいただきたい。


最近の記事はこちら

「ガイロク」は“人生とは何か”を教えてくれる

人には誰でも「人生最大のピンチ」と言えるような時期がある。それを街角インタビューの中から“抜粋していく”のが、あまり目立たないTV番組「ガイロク(街録)」だ。近年は、普通の人達に街角でインタビューする…続きを読む

技術・研究者なら飛躍できる水星&土星《0度》の危険

誰でも疲れている時とか、あまりにも神経過敏となっている時に「幻影」を見るとか「幻聴」を聴くとかすることは稀にある。けれども、それが日常生活となったら、もはやそれは“病気”一歩手前か、本格的な“心霊現象…続きを読む

「007」が“黒人女優”に変わる時代

映画「007」シリーズと言えば、私が「男はつらいよ」と同じくらい十代の頃から好んで見た映画だ。それにしても長い、もう「寅さん」は終わったというのに「007」の方は主人公ジェームズボンド役をさまざまな男…続きを読む

なぜ今頃「人肉事件」の映画なのか

「おいしそうだったから食べたかった」という言葉はよく聞く。けれども、それが「人肉」に向けられたものだったとしたら、思わず絶句する。それが通常の感覚だろう。けれども、世の中には“そうではない人達”がいる…続きを読む

「新たなピラミッド」が発見されるか⁉

エジプトのダハシュールと言えば、ギザのピラミッドで有名なクフ王の父親スネフェル王による「赤いピラミッド」と「屈折ピラミッド」が建てられていることで有名である。そのダハシュールで新たに複数の棺やミイラが…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.