今日の迷言・余言・禁言

歌謡曲から「哀愁」が“失われた”時代

初めて入った居酒屋さんで70年代~80年代の歌謡曲が流れていた。居酒屋の雰囲気の中で聞くと、より以上に“哀愁”が酒のつまりになる。どの歌、どの歌手でも共通しているのは、日本人がもともと備えていた“哀愁”が漂っていて、虚勢を張らずに聴ける、ということである。そう、今の歌には元々“歌詞が判然としない”せいもあるが、曲が残っても、歌詞の方は耳を通り過ぎていく。自分自身の人生を無意識に“重ね合わせる”ことが難しい曲が多い。そこへいくと70年代~80年代の歌謡曲は、別に“聞き耳”を立てていなくても、ごく自然に自分の人生に“重ね合わせられる”歌詞が多い。2000年代以降の歌謡曲の歌詞が、居酒屋さんに向いていないのは“心境描写だけで出来上がっている”からである。人は“心境描写”そのものだけに“自分を重ね合わせる”のは容易ではない。その人が“何”をし、“どういう情景”の中で、“どう感じたか”、それらが合わさって、自分の人生に重ね合わせられていく。つまり“具体的に何をしているか”、“具体的にどういう情景なのか”この二つが絶対に必要なのだ。ところが、2000年代以降の歌謡曲には、この二つを失った内容のものが多い。この二つを失うと、単なる心理描写、心理風景となって、それが“どこから来ているのかがわからない”から、重ね合わせられない。単に“頑張っているんだな”とか、“愛しているんだろうな”とか、第三者的に見守るだけの歌となる。例えば「永遠に…」という歌詞が時々使われる。こういう歌詞は、第三者には何が“永遠”なのか、さっぱりわからない。それが例えば「千切れるほど手を振る あなたの眼を見ていた」と謳われると、いやでもその情景が浮かび「永遠」などという言葉はないのに、本当は“永遠に結ばれることを夢見た”二人だったに違いない、と連想してしまう。それこそ日本人が持っている「言葉なき哀愁」で、酒を飲みながら聴くと、ほろりとさせられてしまうのだ。


最近の記事はこちら

人は「生まれて来る環境」を選べない

どんな両親から生まれたか、どんな環境のもとに生まれ育ったか、時々、人はそれを考える。一冊の興味深い自伝が出版されていた。死刑囚・麻原彰晃こと松本智津夫の三女として産まれた松本麗華さんの回想記『止まった…続きを読む

“7000体の遺体”の上に“医療センター”がある

昔『ミステリーゾーン』という雑誌があった。なかなかマニアックな雑誌で気に入っていたのだが、三年ほどで廃刊となった。後に、その編集者だった男性と出逢って、占いに関する執筆をいろいろと依頼された。あの雑誌…続きを読む

何が「チャンスの女神」か、誰にも解からない

世の中には簡単には“評価できない職業”というものがある。“俳優・タレント”という職業も評価が難しい。週三日・不動産会社の事務をして生計を立てている“女優・タレント”多岐川華子さんも、そういう一人だ。こ…続きを読む

本田&家長→同一生年月日の謎

日本人のプロサッカー選手で世界的に名を知られている選手の一人、それが本田圭佑氏だ。その本田選手が、在籍する“ACミラン”との契約終了に付き移籍することを自ら公表した。実は同じく今年、国内だが“大宮”か…続きを読む

本当に「心の狭い神」なのか

今、アメリカでは「スカーフをしていなかった」ことが論議をかもしている。ハッキリ言って、どうでも良いようなことだ。つまり、サウジアラビアを訪問中のトランプ大統領メラニア夫人がスカーフなしで公式の場に参列…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.