今日の迷言・余言・禁言

歌謡曲から「哀愁」が“失われた”時代

初めて入った居酒屋さんで70年代~80年代の歌謡曲が流れていた。居酒屋の雰囲気の中で聞くと、より以上に“哀愁”が酒のつまりになる。どの歌、どの歌手でも共通しているのは、日本人がもともと備えていた“哀愁”が漂っていて、虚勢を張らずに聴ける、ということである。そう、今の歌には元々“歌詞が判然としない”せいもあるが、曲が残っても、歌詞の方は耳を通り過ぎていく。自分自身の人生を無意識に“重ね合わせる”ことが難しい曲が多い。そこへいくと70年代~80年代の歌謡曲は、別に“聞き耳”を立てていなくても、ごく自然に自分の人生に“重ね合わせられる”歌詞が多い。2000年代以降の歌謡曲の歌詞が、居酒屋さんに向いていないのは“心境描写だけで出来上がっている”からである。人は“心境描写”そのものだけに“自分を重ね合わせる”のは容易ではない。その人が“何”をし、“どういう情景”の中で、“どう感じたか”、それらが合わさって、自分の人生に重ね合わせられていく。つまり“具体的に何をしているか”、“具体的にどういう情景なのか”この二つが絶対に必要なのだ。ところが、2000年代以降の歌謡曲には、この二つを失った内容のものが多い。この二つを失うと、単なる心理描写、心理風景となって、それが“どこから来ているのかがわからない”から、重ね合わせられない。単に“頑張っているんだな”とか、“愛しているんだろうな”とか、第三者的に見守るだけの歌となる。例えば「永遠に…」という歌詞が時々使われる。こういう歌詞は、第三者には何が“永遠”なのか、さっぱりわからない。それが例えば「千切れるほど手を振る あなたの眼を見ていた」と謳われると、いやでもその情景が浮かび「永遠」などという言葉はないのに、本当は“永遠に結ばれることを夢見た”二人だったに違いない、と連想してしまう。それこそ日本人が持っている「言葉なき哀愁」で、酒を飲みながら聴くと、ほろりとさせられてしまうのだ。


最近の記事はこちら

同じ“不満”を感じさせないために…

最近は仕事では滅多に札幌から動かない。その私が珍しく動いた。あまりにも熱心に天童春樹先生や天晶礼乃先生から何年もの間、大阪で“占いの講習会”を開くよう勧められたからである。まあ、ハッキリ言うと断り切れ…続きを読む

子供たちは「わるもの」の正体を知っている

新日本プロレスのエース・棚橋弘至氏が主演する映画であることは知っていた。その内容も、棚橋選手が“悪役レスラー”として登場する映画だということも知っていた。ただ、その原作が人気絵本の『パパのしごとはわる…続きを読む

15人のうち「7人の癌(がん)」が消えた!

さまざまな分野で“奇跡の療法”と呼ばれるものが存在する。正式な“医学療法”もあれば“民間療法”もある。ただ、どちらの療法にしても人によって“合う・合わない”はあって、誰にでも“確実に効く”と言う療法は…続きを読む

「宥恕(ゆうじょ)」で“新しい人生”が始まる

永年、日本人をやっているが、時々、未だに“知らなかった言葉”に出くわして面食らうことがある。今回は「宥恕=ゆうじょ」だ。決して「遊女=ゆうじょ」ではないので、念のため。さて「宥恕」とは何だろう。辞書に…続きを読む

「日本の自由」は“素晴らしい国”の証

9月18日発売『新潮45』10月号の特集では、8月号で問題となった自民党・杉田水脈氏の論文《「LGBT」支援の度が過ぎる》に対して、擁護する趣旨の論文を掲載。《そんなにおかしいか「杉田水脈」論文》とし…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.