素顔のひとり言

正月用の紫微斗数と測字占法

近日中に私が関わった二つの雑誌が発売されます。その一つは「北海道ウォーカー」であり、もう一つは「占い堂」です。

まず「北海道ウォーカー」ですが、新年号用の占い特集で「紫微斗数が導く2004年あなたのお金と恋」というタイトルで、紫微斗数という占いを使った運勢判断を22ページにわたって掲載しています。紫微斗数という占いは、かなり複雑な手続きを要する占いで、実際には、こういう雑誌で扱うのは無理があります。そこで、今回は、実際には、紫微斗数的な判断方法を取り入れたオリジナルな占法となっていることは否めません。雑誌社側によると、読者からの要望として、お金に関して知りたい、という読者が最も多いらしく、その要望を取り入れて書かれてあります。

一般には知られていないことですが、紫微斗数は西洋占星学を中国的に創作し直した占いで、北斗七星の動きを重視しているのが特徴です。この紫微斗数と同系列にある占いとして、七政四余、星平会海、十二歳建神殺法などがあります。そのうち、このホームページの中で、私の研究の一端を発表するかもしれません。

一方「占い堂」の方は「災害特集号」として、不慮の災難や天災などの予知法を取り上げています。今回は、手相・人相による予知法だけでなく、「測字占法」という占い方によって、誰でもが04年の災害予知が出来るようにしてあります。この測字占法も、あまり一般には知られていない占法ですが、本来は占う事柄に対して、何か1文字書いてもらって、その文字(漢字)を元に、さまざまな角度から分析して占うものです。ただ、そういう方法では一般読者を対象に出来ないので、こちらから文字を多数提出して、その中から1文字だけ択んで貰う方法を採用しています。元々、漢字というのは象形文字から出発しているので、こういう占いが可能となるのです。この占法についても、やがて研究の一端を発表する機会があるかもしれません。


最近の記事はこちら

波木星龍の公的な「予言の的中率」

占い師の評価というのは、必ずしも“的中率”にあるわけではないが、そうは言っても“どの程度的中しているのか”は、その評価の重要なポイントであるには違いない。よく“口コミ”と言われる“やらせっぽいサイト”…続きを読む

自らが創り出す「未来」

占星学や推命学の研究者の中には“先天的な運命”を動かしがたいものとして、本人の“意志”とか“選択”とか“努力”などを認めないような判断の仕方をされている方が多い。私自身も占星学や推命学の研究者であるか…続きを読む

あまりにもお粗末な「ツタンカーメン」番組

こういう番組をどう捉えれば良いのだろう。制作サイドは日本の視聴者をあまりにも軽んじすぎているのではないだろうか。7月18日のTBS古代エジプト世紀の大発見プロジェクト「ツタンカーメンと伝説の王妃330…続きを読む

日進月歩で「後退していく」占いの世界

世の中、日進月歩で進んでいくものが多い中で、まるで“後退りしている”ような世界が「占いの世界」だといってもよい。どうして後退りなのか、ここ20年ほど「新たな研究」「新たな学説」「新たな占い」「新進気鋭…続きを読む

人は“さまよいながら”生きていく

人間社会は「勘違い」で成り立っている。例えば、私は“書きもの”などでは何でも明確に“ズバズバ書く”ので、現実にもさぞかし「即断即決の人」「迷いのない人」「怖い人」であるかのよう誤解されがちだ。とんでも…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.