人相教室

歯の種々相

上歯全体が外側に向かって反っている歯を真横から見た時、外側に向かって突き出ているのは自己主張の強い人の相です。性格的には明るく、前向きで、開放的なところを持っています。多少、自分の意見や考え方を相手に押し付けるところはありますが、生活意欲が強く、愛情も豊かなものです。恋愛には積極的ですが、隠し事が出来ないところがあって、浮気などが原因で恋愛が長続きしにくい欠点が見受けられます。この反っ歯が、上顎自体が飛び出すことによって出ている場合は、愛欲の強い人の相となり、面倒見は良いが愛情トラブルを引き起こしやすく、金銭トラブルにも巻き込まれやすいようです。
上歯全体が内側に向かって反っている歯を真横から見た時、内側に向かって極端に反っているのは、どちらかと云うと頤の長い人に多く見受けられます。歯が内側に反るため、どうしても口全体が引っ込んだような印象となって、見た目にも大人しい容貌となるものです。実際、性格的には、自分と云うものを主張できなくて、心ならずも相手の意見に同調したり、従ったりしてしまうケースが多いのが特徴です。運命的には身内・親戚に関することで悩むとか、迷惑を被るとかいうことになりやすいものです。金銭面では几帳面で細かく、経理的な仕事、事務的な仕事には特に適性があって信用できるものです。
門歯の間に隙間がある門歯の片方に欠けている部分があるとか、門歯が曲がっていて、二本の歯の間に隙間が出来るのは、親・兄弟・子供などの肉親縁が薄い人の相です。特に若い内から二本の門歯に隙間があれば、親に幼くして生死別しているとか、親子間の交流が完全に断たれているとかするもので、肉親縁の乏しさを象徴する相と云えます。また、金銭面では収入が多くても、家族・親せきに関して出ていくお金も多く、散財しやすい人の相です。なお、これまできれいに生えていた二本の門歯が、事故などで急に欠けると、親子関係にも亀裂が入って、反目しやすい関係となってしまいます。
歯茎が大きく露出する相笑ったときなど歯茎が大きく露出するのは、どちらかと云うと男性よりも女性に時折見かける相です。歯茎の露出が小さい場合は問題ありませんが、目立つほど大きいのは、身内関連で悩みを抱えやすい人の相ですが、好きな人に対しては献身的な愛情を表わす相でもあります。女性の場合、内に秘めた愛欲は強く、理性よりも愛欲に引き摺られる形で恋愛・交際が進んでいくのが常です。男女とも良い配偶者運には恵まれず、初婚には敗れる傾向を持っています。結婚すると、相手の身内・親戚に関して問題を抱え込みやすいようです。女性は貢ぎ易いので注意が必要です。
形良い歯並びの相笑ったときなどに歯並びがことさら美しく感じられる人がいます。大抵は門歯(手前の前歯2本)がやや大きめで、その左右に順序良く白い歯が並んでいるものです。これは健康で、家庭・家族に恵まれ幼少時代を過ごしていたことの表れです。成人後も健全で前向きな思考を持ち、規律正しい生活をしている家族に囲まれて、周囲から信頼され、幸福な愛情生活を送っていく人の相となります。ただし、これが若くして総入れ歯である場合、家庭的な幸福は得られません。50代以降であれば、或る程度、家庭運は維持されます。歯が必要以上に白すぎるのは、病弱の相です。
門歯が特別に大きいもっとも大きい2本の門歯が、特に大きくて目立つのは、生命力の強さと家庭運の強さを物語っていて、両親や祖父母から特別愛されて育ったことを暗示しています。大抵の場合、この門歯2本はやや前方に反りでているのが普通で、ビーバーのような印象を初対面の人に与えるものです。家庭的に恵まれたせいで、本人の中に、多少甘えん坊なところと、親元からの自立心が育ちにくい点はあるよう見受けられます。総じて結婚運は良く、包容力のある相手を得られるようです。中年以降、この大きな門歯に隙間があくと、身内・親戚に関する問題が次々と起こって来ます。
八重歯が目立つ相男女に関わらず、笑った時に八重歯が覗く子供はかわいいものです。子供時代にあった八重歯を、歯並びが良くないと抜いてしまう人もいますが、残しておいた方が人気運という点から云えば好ましいものです。八重歯が目立つ人の多くは片親で育っています。幼くして親と離ればなれとなる運命を背負っているケースが多いのです。けれども、周囲から可愛がられて育つ場合が多く、人気商売や接客業では、愛嬌があり、サービス精神も旺盛で、プラスに作用するのが普通です。ただ異性には甘くて押しに弱く、騙されるとか、裏切られるとかしやすい傾向も見受けられます。
乱杭歯の相歯茎の状態や、成長期の歯の成り立ちから、極端に不揃いで位置も角度も形も乱れている歯並びが「乱杭歯」です。極端な乱杭歯は、笑ったときなどに目立つし、あまり良い印象を相手に与えないものです。ほとんどの場合、年若くして親元を離れ、或いは故郷を離れて生きていく人に多く見かける相です。総じて幼少時代から我が侭な側面があり、変化の多い家庭・家族の中で過ごして来ているようです。寂しがり屋で甘えん坊ですが、親・兄弟との縁は薄いものです。愛情面では複雑な関係に巻き込まれやすいようです。結婚が、初婚で収まっている例は少ないものです。

最近の記事はこちら

【顔面上の流年法について】―その①―

●観相学上では古来「流年法」と呼ばれる特別な見方・判断方法があります。これは文字通り個々の顔面上の各部位に年齢を当てはめていくもので、その流年付近に、ホクロや、キズや、アザや、シミや、クボミや、シワや…続きを読む

人停・地停部位におけるホクロ

人停各部位におけるホクロ 部位 吉ボクロ 凶ボクロ 1にあれば… 家庭・家族に対し人一倍深い愛情を持ち続けて生きている人の相です。家庭内の問題を次々と解決していく手腕に満ちています。何世代かの家族たち…続きを読む

顔面のホクロの種々相

ホクロには、厳密に言えばホクロと呼べないものも含めて、いくつかの種類があります。まず、黒く皮膚上に盛り上がっているもの―これがもっともホクロらしいホクロで、俗に「生きボクロ」と呼ばれます。次に、黒いが…続きを読む

顎と頬の種々相

人相学上の「あご」には、口唇の真下にある「頤(あご)」と、側面から見なければ分からない「顎(あぎと)」とがあります。真正面から顎を観た時、もっとも目立つのが左右に張り出している顎です。一般的には戸外労…続きを読む

歯の種々相

歯を真横から見た時、外側に向かって突き出ているのは自己主張の強い人の相です。性格的には明るく、前向きで、開放的なところを持っています。多少、自分の意見や考え方を相手に押し付けるところはありますが、生活…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.