今日の迷言・余言・禁言

“歴史の歯車”が「流行語大賞」を変える

2016年の「新語・流行語大賞」のノミネート30語が発表された。それらを一覧して、お笑い芸人などが流行らす“ギャグ的な言葉”がほとんど見当たらず、ニュースや週刊誌で使われた言葉、特に“世界の政治や経済”にまつわる言葉が多い。それだけ“笑えない一年”だったのだ。確かに「トランプ現象」「マイナス金利」「パナマ文書」「EU離脱」「民泊」など、どれも“今年を象徴する言葉”だ。今年の場合は「流行語」というより「注目語」と呼んだ方が良い。こういう言葉が頻繁に使用されたということは、それだけ世界が大きく動き出しているということで、その余波が我々庶民の生活にも及んでいることの証であるかもしれない。昔と違って、現代は“世界の動き”と“日本の生活”とが切り離されていなくて連動するようになっている。「日本だけ違います」とは言えなくなっているのだ。それが、こういう新たな言葉を日常に浸透させる原動力なのに違いない。島国である日本は、嫌でも世界的な歴史の動きを意識しながら、常に対応していくべきことを教えている“言葉達”なのだ。そうでなければ、われわれは良くても“子孫の世代”が孤立してしまう。よく日本が“世界の流れ”に飲み込まれることを嫌う人がいるが、もう完全に飲み込まれているのだから、その中で“いかに日本を大切にすべきか”考えるのが“賢い生き方”なのである。実際、世界の人達から見て、随所で“日本のすばらしさ”が再認識されつつある。そういう部分を、もっともっと世界に発信していくことが“使命として必要になりつつある”時代が始まったといえるかもしれない。


最近の記事はこちら

お遊びの「宝探し」を“神”は許さない

「宝探し」という言葉から、あなたは何を思い出すだろうか。海に沈んだ“財宝”、山奥に隠された“金塊”、埋葬された遺体と“黄金”、密林の向こうの“黄金遺跡”…いくつかのパターンやシーンが頭に浮かぶ。そうい…続きを読む

「ご要望がある限り…」という“名言”

「グラビアアイドル」という名称は、いったい誰が付けたのだろう。誰なのかはわからないが、よくよく考えると“奇妙な名称”である。だが、何となくは理解できる。そして実際に、そういう形で多くの女性達が“仕事”…続きを読む

「聖なる殺人もする」思想教育の恐ろしさ

最近、日本ではあまり「IS(イスラム国)」のことがニュースで取り上げられなくなった。けれども、刻々と情勢は変化し、5月28日早朝のロシア爆撃機スホイ34、戦闘機スホイ35の空襲で「IS(イスラム国)」…続きを読む

「神様」と「運命」

時々「神様」や「運命」は平等だろうか…と考える。正直、どちらも平等だとは思わない。私は大昔、ラジオの深夜放送をよく聴いていて、時々その番組のパーソナリティー宛に、ちょっとした詩やエッセイや物語の混ぜこ…続きを読む

「地球は生きてるんだ!」と、噴火は続く

今年4月、またまた「西之島」が再噴火した。2013年11月に噴火を始めて、2015年11月にいったん沈静化、これで収まるのかと思いきや、2017年4月に再噴火、現在も噴火継続中であり、島は少しづつ大き…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.