今日の迷言・余言・禁言

“歴史の歯車”が「流行語大賞」を変える

2016年の「新語・流行語大賞」のノミネート30語が発表された。それらを一覧して、お笑い芸人などが流行らす“ギャグ的な言葉”がほとんど見当たらず、ニュースや週刊誌で使われた言葉、特に“世界の政治や経済”にまつわる言葉が多い。それだけ“笑えない一年”だったのだ。確かに「トランプ現象」「マイナス金利」「パナマ文書」「EU離脱」「民泊」など、どれも“今年を象徴する言葉”だ。今年の場合は「流行語」というより「注目語」と呼んだ方が良い。こういう言葉が頻繁に使用されたということは、それだけ世界が大きく動き出しているということで、その余波が我々庶民の生活にも及んでいることの証であるかもしれない。昔と違って、現代は“世界の動き”と“日本の生活”とが切り離されていなくて連動するようになっている。「日本だけ違います」とは言えなくなっているのだ。それが、こういう新たな言葉を日常に浸透させる原動力なのに違いない。島国である日本は、嫌でも世界的な歴史の動きを意識しながら、常に対応していくべきことを教えている“言葉達”なのだ。そうでなければ、われわれは良くても“子孫の世代”が孤立してしまう。よく日本が“世界の流れ”に飲み込まれることを嫌う人がいるが、もう完全に飲み込まれているのだから、その中で“いかに日本を大切にすべきか”考えるのが“賢い生き方”なのである。実際、世界の人達から見て、随所で“日本のすばらしさ”が再認識されつつある。そういう部分を、もっともっと世界に発信していくことが“使命として必要になりつつある”時代が始まったといえるかもしれない。


最近の記事はこちら

“車離れ”は「本当の先進国」になった証拠

“若者の車離れ”に歯止めが掛からない。それを何んとか防ごうと、19日、トヨタは新しく「GR」シリーズを発売すると発表した。スポーツカーブランドを一新することで、低迷が続く国内の自動車販売をテコ入れした…続きを読む

「生前継承」された7代目の“宗教”

先日、テレビで今も継承され続ける「カクレキリシタン」に関するドキュメンタリーが放映されていた。その中で印象的だったのは、現在の指導者が口にした“普通のキリスト教やカトリックとは違う”という発言だった。…続きを読む

甲冑姿の「サムライ」が刀を向ける

近年の歴史・時代物ブームで“古戦場跡”観光というものが盛り上がっている。それ自体は良いことなのだが、その“古戦場跡”の一つ「関ケ原」で全身甲冑姿の「サムライ」が、山頂に続く階段を登りきったところで待ち…続きを読む

「時代について行く」選択は正しいのか

毎日、そこかしこに情報があふれている。無意識にわれわれは、その情報の多くを吸収しながら生きている。それが「時代について行く」という“生き方”である。けれども、本当に、それが“幸福な生き方”なのかどうか…続きを読む

「ノーベル賞の卵」が“非正規雇用”で働く

山中伸弥氏と言えば、謂わずと知れた“ノーベール賞科学者”である。現在は京都大学の細胞研究所所長を務めている。そのHP上に「ご支援のお願い」が掲載された。彼によると、研究所で働く教職員の9割が“非正規雇…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.