今日の迷言・余言・禁言

死者が“殺人事件”を告発する?

横浜の刑務所に収監されていた“詐欺罪”の男が、昨年12月、県警の方に手紙を書いた。「死体遺棄事件で自首したいので調べてほしい」奇妙な告発の手紙である。依頼者は収監されている若い暴力団関係者の男である。一応、告発に従って調査すると、実際に指定された建設会社の浄化槽から細かく溶かした骨や肉片が無数に出てきた。その数約300個。手紙の内容は真実だったのだ。そこでDNA鑑定によって調べると、手紙に記されていた被害者名と一致したので、改めて昨日、容疑者二人が逮捕された。ところが、実際に逮捕すると、自ら“自首”をほのめかしていたはずの主犯は“黙秘”へと変わり、共犯者とされた会社員の方が“素直に自白”した。主犯の暴力団関係者が被害者を殴り殺し、その後、チェーンソーを使って死体を細かく切断、そのあとで劇物カセイソーダ漬けにして死体を溶かし、そのあとで浄化槽に遺棄した事件らしい。いかにも暴力団らしい殺害の仕方である。ただ、何か腑に落ちない。まず、何故主犯は“自首”の手紙を書いたのか。当たり前の話だが「詐欺罪」より「殺人罪」の方が重い刑罰となる。しかも、自分自身は“収監中”であった。仮に共犯者も収監させたかったのだとしても、自分は出られない。殺人の方法などからいっても“自首で罪が軽くなる”ような事件ではない。もし反省しての“手紙”なら、実際に“再逮捕”となって黙秘するはずがない。大体、自分から告白しての逮捕なのだから、黙秘する理由がない。考えられるのはただ一つ。主犯は“死者”に告白するよう迫られていたのではないか、ということだ。今のままでは“浮かばれない霊”は、必死の思いで殺人鬼を呪ったのだ。その呪縛によって、犯人は怖くなって、その呪縛から逃れたくて“告白してしまった”というのが本音なのではないだろうか。そして死体が丁重に弔われた今、もう主犯の前に“怨念霊”は出なくなった。そこで主犯は、どう対処して良いかわからず、“黙秘”に変えているのではないだろうか。


最近の記事はこちら

「カジノ」で“勝つ”か“負ける”かの選挙戦

北海道と大阪府の知事選で“勝つ”か“負ける”かの「鍵」を握っていそうなのが「カジノ」である。カジノというのは文字通り“勝ち・負け”を競うところだが、そのカジノ誘致が経済活性化の起爆剤と「噂」されている…続きを読む

不可思議なもの「親の血を引く兄弟」

昔、北島三郎氏は「♪親の血を引く兄弟よりも…」と歌った。実際、世の中には“実の兄弟”よりもはるかに“兄弟的な関係”となる友人・仲間・同僚を持つ人達もいる。特に20代から50代くらいまでの間、血縁者たち…続きを読む

「未来」には“さまざまな選択肢”がある

人は思いつめると「もう、これしかない」という結論に陥りがちなものである。さまざまな事件とか、犯行とかは、そういう時に起こる。世の中には、最初から“犯罪者的素質”を持って生まれている人もいることはいるが…続きを読む

「怖い女たち」を彩ったトプカプの至宝

今日3月20日から六本木の「国立新美術館」でオスマン帝国の栄華を誇った時代の「トルコ至宝展」が開かれている。15世紀から18世紀の時代に使われていたトプカプ宮殿秘蔵の品々が展示されているのだ。どうして…続きを読む

「ネット民」は“敵”か“味方”か⁉

現代は「世間の声」としてのインターネット上の“書き込み”を無視できない時代となっている。時として、それが“幸運をもたらす”場合もあれば、“不幸を引き連れて来る”場合もある。昨日、モデルでタレントの梅宮…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.