今日の迷言・余言・禁言

死者が“殺人事件”を告発する?

横浜の刑務所に収監されていた“詐欺罪”の男が、昨年12月、県警の方に手紙を書いた。「死体遺棄事件で自首したいので調べてほしい」奇妙な告発の手紙である。依頼者は収監されている若い暴力団関係者の男である。一応、告発に従って調査すると、実際に指定された建設会社の浄化槽から細かく溶かした骨や肉片が無数に出てきた。その数約300個。手紙の内容は真実だったのだ。そこでDNA鑑定によって調べると、手紙に記されていた被害者名と一致したので、改めて昨日、容疑者二人が逮捕された。ところが、実際に逮捕すると、自ら“自首”をほのめかしていたはずの主犯は“黙秘”へと変わり、共犯者とされた会社員の方が“素直に自白”した。主犯の暴力団関係者が被害者を殴り殺し、その後、チェーンソーを使って死体を細かく切断、そのあとで劇物カセイソーダ漬けにして死体を溶かし、そのあとで浄化槽に遺棄した事件らしい。いかにも暴力団らしい殺害の仕方である。ただ、何か腑に落ちない。まず、何故主犯は“自首”の手紙を書いたのか。当たり前の話だが「詐欺罪」より「殺人罪」の方が重い刑罰となる。しかも、自分自身は“収監中”であった。仮に共犯者も収監させたかったのだとしても、自分は出られない。殺人の方法などからいっても“自首で罪が軽くなる”ような事件ではない。もし反省しての“手紙”なら、実際に“再逮捕”となって黙秘するはずがない。大体、自分から告白しての逮捕なのだから、黙秘する理由がない。考えられるのはただ一つ。主犯は“死者”に告白するよう迫られていたのではないか、ということだ。今のままでは“浮かばれない霊”は、必死の思いで殺人鬼を呪ったのだ。その呪縛によって、犯人は怖くなって、その呪縛から逃れたくて“告白してしまった”というのが本音なのではないだろうか。そして死体が丁重に弔われた今、もう主犯の前に“怨念霊”は出なくなった。そこで主犯は、どう対処して良いかわからず、“黙秘”に変えているのではないだろうか。


最近の記事はこちら

人は「生まれて来る環境」を選べない

どんな両親から生まれたか、どんな環境のもとに生まれ育ったか、時々、人はそれを考える。一冊の興味深い自伝が出版されていた。死刑囚・麻原彰晃こと松本智津夫の三女として産まれた松本麗華さんの回想記『止まった…続きを読む

“7000体の遺体”の上に“医療センター”がある

昔『ミステリーゾーン』という雑誌があった。なかなかマニアックな雑誌で気に入っていたのだが、三年ほどで廃刊となった。後に、その編集者だった男性と出逢って、占いに関する執筆をいろいろと依頼された。あの雑誌…続きを読む

何が「チャンスの女神」か、誰にも解からない

世の中には簡単には“評価できない職業”というものがある。“俳優・タレント”という職業も評価が難しい。週三日・不動産会社の事務をして生計を立てている“女優・タレント”多岐川華子さんも、そういう一人だ。こ…続きを読む

本田&家長→同一生年月日の謎

日本人のプロサッカー選手で世界的に名を知られている選手の一人、それが本田圭佑氏だ。その本田選手が、在籍する“ACミラン”との契約終了に付き移籍することを自ら公表した。実は同じく今年、国内だが“大宮”か…続きを読む

本当に「心の狭い神」なのか

今、アメリカでは「スカーフをしていなかった」ことが論議をかもしている。ハッキリ言って、どうでも良いようなことだ。つまり、サウジアラビアを訪問中のトランプ大統領メラニア夫人がスカーフなしで公式の場に参列…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.