今日の迷言・余言・禁言

殺された“被害者”が泣いている!

世の中には“謝って済む”問題と、“謝られても済まない”問題とがある。昨年の12月札幌で一人のリフォーム業者の男性65歳が殺害された姿で見つかった。死後一か月以上経過していた可能性もあり、遺体の一部は白骨化していた。そして死体の周囲には大量の消火剤がまかれていた。部屋は施錠されていて、遺体は作業服姿であり、何か所もの刺し傷がある。明らかに殺人事件であり、巻き散らかした消火剤と殺傷した刃物が見当たらないところから“計画殺人”の可能性が強い。父親と一か月以上も連絡が取れないところから、二人の息子さんが管理人立会いの下で室内に入ったら亡くなっていたらしい。すぐに捜査本部が置かれ、翌日になって室内から“証拠品”が押収された。そこまでは何ら問題がない。ところが、その二日後“ごみ回収日”に、証拠品として押収されたはずの衣類3点、たばこ、ライターの計5点が“ごみ”として破棄されてしまったらしいのだ。この事件は、現在も未解決だが、証拠品を破棄したことを認め謝罪したのは1月末である。もしかしたら、破棄していたこと自体、気付かずにいた可能性もある。つまり、証拠品を押収したところまでは良いが、その後の処置がずさん過ぎたのだ。おそらく段ボールに何も記載せず、捜査本部の片隅に置いておいたのか、運ぶ場所を間違えたのか、いずれにしても完全なる初動捜査のミスである。多分、証拠品として押収したものは被害者の普段着として室内にあった衣類と、たばこ&ライターであろう。したがって、殺人事件に直接結びつくものではないかもしれない。けれども、被害者やその家族の側に立てば、それらのどこかに犯人と結びつく何かが潜んでいるかもしれないのだ。“ごみと間違えました”で済む話ではない。これ以上、被害者やその家族を裏切らないためにも、白石署と捜査本部は必ず犯人検挙で汚名を晴らすべきである。


最近の記事はこちら

体外受精で毎年5万人以上が産れている

予想外に多いものの一つが「体外受精」だ。つまり、SEX無しで産れて来る子供。毎年、5万人以上もいたのだ。良く言えば“未来的な妊娠・出産”。悪く言えば“愛の伴わない妊娠・出産”。いや、正確に言えば“肉体…続きを読む

『この占いがすごい!2018年版』は300頁以上のボリューム

私の本はそれでなくても“ぎゅうぎゅう詰めの本”が多く、一般書籍の文字量からすると多めに構成されている。もっとも編集レイアウトが上手く整理・工夫されているので、読みにくくはない。本来であれば、二冊に分け…続きを読む

もう漢字一文字の時代ではないのかも…

今年の漢字一文字は「北」となったそうだが、誰もが感じているように、いまひとつピンとこない。そのせいかどうか知らないが、さまざまな人達が自分にとっての今年を漢字一文字で公表している。昨日、離婚が正式合意…続きを読む

「ふれあい」で“地位”も“名誉”も失う時代

いつからだろうか。「ふれあい」が「セクハラ」という言葉に変わったのは…。もはや優しく抱きしめるとか、肩を抱き抱えるとか、そっと頭を撫でてあげるとか…そういう行為も、みんなみんな「セクハラ」にされて、職…続きを読む

「♪心ひとつで…」大寒気に襲われる日本

どっかで聞いた気もするけど、よく知らない言葉の一つ「ラニーニャ現象」。海流と大気の状態から、今後一年、日本全体が低温化する可能性がある現象がペルー沖で発生したらしい。まずい。寒いのは困る。それでなくて…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.