今日の迷言・余言・禁言

殺せば「優秀な息子」の“記憶”だけが残る

人には誰でも「虚栄」の部分がある。現状よりも“より良く見せたい”とか“より高く評価されたい”という本能がある。だが、それは多くの場合、“知らない人達”に対してだ。身近で自分の“隅から隅まで知っている”ような者には隠さないのが普通だ。ところが、そうではなくて、全ての人に対して、隠し続けようとする人がいる。家族で一緒に暮らしている者に対してまでも、自分の本当の「姿」を知られまいと努力する人たちがいる。“虚栄の塊”ともいうべき“生き方”をしている人物だ。それは多くの場合、本人が願っているのとは「逆」の現象をもたらす。つまり、不幸を呼びやすいのだ。彼の場合も、犯罪の根源にあったのは「虚栄心」である。今の段階で殺してしまえば、家族全員、自分を「州立ヨーク大学で電子工学を学んできた息子」として死後も記憶する。誰に殺されたかがわからなければ、その記憶だけが永遠なのだ。自分が本当に学んでいたのはオンタリオ州のセネカ・カレッジ電子工学部で、しかも途中でついていけなくて退学したことなど、誰も知らなくて良い。退学したのちも、毎日学校に通うふりをし続けてきた。郊外のショッピングモールやジムなどで時間をつぶしていたのだが、家族に知られるはずはない。家族構成は、祖母と母親と姉と父親と一緒に5人で暮らしていた。家族の仲は良く、特に祖母と母親は自分に優しかった。だから余計に話せなかった。祖母と母親とは「優しくて優秀な息子」という表現をいつも使った。だから、真実を知らせてはならないのだ。本来であれば、自分が卒業すべき日の“前日”こそ、殺害を実行する日になった。全員、後からバールを使って頭部を殴り、倒れ込んだところを抱き上げ咽喉を掻っ切る。そうすれば確実に絶命する。実際、そういう方法で4人共殺害した。精神的には何の迷いもなかった。しかも、見事な殺人だった。ほとんど抵抗されることもなく、4人の喉を掻っ切ることに成功したのだ。嬉しくなって、オンラインのゲーム仲間に、あっという間に家族を次々殺したと自慢した。本来であれば、卒業となるはずだった記念の日、メナーズ・ザマン(24歳)は仲間からの通報によって逮捕された。


最近の記事はこちら

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.