今日の迷言・余言・禁言

母親を撃ち殺した2歳半の男児

アメリカでまた“哀しい事件”が起こった。幼児が母親を殺害したのだ。まだ2歳半の男児が、一緒に車に乗っていた母親を銃で撃ち殺してしまったのだ。いくらアメリカだからと言って、2歳半の男児が本気で母親を撃ち殺そうとするはずがない。40口径の銃は、たまたま運転席から滑り出て来て、それを手にした男児が遊んでいるうち誤って発砲してしまったのである。家族4人全員で車に乗っていた時の出来事である。ミルウォーキーのパトリス家は、なんと前日に車を盗まれてしまい、仕方がないので警備員をしている友人の車をその日は使わせてもらっていた。したがって、そんなところに銃があって、滑り落ちてきたものを幼児が拾って遊ぶなど“想定外の出来事”だったのだ。そうはいっても、26歳の若き母親の命は帰らない。似たような“哀しい事件”がアメリカでは時々起こる。それなのに“銃規制”は一向に進まない。日本では昔、武士は「刀」を差して歩いていたが、今はどういうわけか誰も刀を差していない。アメリカは「右の頬を打たれたら、左の頬を打ち返す」“聖書の国?”だから、どんなに“哀しい事件”が起こっても反省などしない。ますます“身を守るため”銃が飛ぶように売れるのだ。トランプは言うだろう。「銃は刀に勝つ!」と。


最近の記事はこちら

「果実」として生きていく姓名

人間の「姓名」というのは、時としてその人の人生を決める。その代表的な人物の一人が「フルーツしか食べない男」として知られる中野瑞樹氏だ。彼は自分の身体を“実験台”として、果物と人間との関係を研究している…続きを読む

「19,000人減」発表で1位→17位転落

2019年卒業予定の学生たちによる就職希望企業ランキングが発表された。そこには“常連”の顔がない。昨年度1位だったはずの「みずほ銀行」が消えているのだ。何んと今年は17位。別に大きな不祥事があったから…続きを読む

「宝くじ」当選で人生が変わる⁈

昨日、たまたま「宝くじ」売り場の前を通った。そうしたら、珍しいことに誰も人が並んでいなかった。それで久しぶりで購入する気になった。そういう日、宝くじが当たるのは何かしらの偶然が作用しているケースが多い…続きを読む

大仁田「フォール負け」からの出発

当然と言えば当然のことなのであるが、昨日開票となった佐賀県神埼市の市長選で現職の松本茂幸氏の四選を阻もうと出馬した元プロレスラー・参議院議員の大仁田厚氏が大敗をした。何んと十倍近い得票数の差があった。…続きを読む

過酷過ぎる減量で王者は作れない

極めて珍しい形の“王者剥奪”が起こった。ボクシングのWBC世界フライ級王者・比嘉大吾選手が、対戦前の“前日軽量”で体重が900gオーバーし“不戦負け”となってしまったのだ。ボクシングは各階級の体重制限…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.