今日の迷言・余言・禁言

“気楽な文化の国”に産まれて良かった?

昔、フィリピンへ行った時、11月からクリスマスソングが街に流れ、デパートにはクリスマスツリーがあって驚いたことがあります。国民の多くがキリスト教徒であることがクリスマスを重視する第一の理由でした。日本でも最近は12月に入ると、すぐクリスマスツリーが出現するデパートもあります。でも、日本の場合は宗教とは関係ありません。「迎春」に対しても、日本では“神道式”“仏教式”とも仲良く“通常の正月”を迎えようとしますが、中華圏では“農暦(旧暦)に基づく正月”を盛大に祝う風習を重視しているようです。日本は「自由な国」なので“何を基準に祝っても良い”のです。要するに「酒が飲めるぞ」という“気楽な文化の国”なのです。でも、こういう“気楽な文化の国”に産まれて良かった…と思うのは私だけでしょうか?


最近の記事はこちら

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

2021年「恋愛運アップ」“顔相占い”を公開

私は本来あまり自分の“占い公開”予告は好きではないが、今回「ココロニ」サイト側から依頼され執筆・公開したのは、なかなか“ユニークな占いの形”なので、一応、宣伝しておきたい。一言で言えば「2021年の恋…続きを読む

「仮想通貨」と「デジタル通貨」の境界線

最近、世界的に株価が上昇していて、その方にマスコミなどは注目しがちだが、もう一つ忘れてならないのは、かつて「仮想通貨」と呼ばれた「ビットコイン」が再び急上昇していることだ。ビットコインは一時的に急騰し…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.