今日の迷言・余言・禁言

気象庁よ「占いとは違う」と胸を張れ⁉

私が年初から言っている「防ぎようのない自然災害」が“猛威”を振るっている。世界各地で、さまざまな形で猛威を振るっている。ただ、こういうものは「今年は運命学的に“そういう年”なのだ」と割り切ってしまえば、別に次々起こっても驚くこともない。人間というのは「先が解からない」から不安になるので、ある程度の“見通し”が立てば、そんなに怖がることも無くなるのが普通だ。そういうわけで、とにかく今年いっぱいは(正確には来年の年初くらいまでは)「防ぎようのない自然災害」というものの“怖さ”を、われわれが乗っている「地球丸」は見せつけることであろう。ただ、それが通り過ぎれば、徐々にではあるが“本来の姿”に切り替わっていくだろう。このまま沈んでいくことはない。結局、形の上での“世界大戦”は無くなったが、“貿易戦争”や“人種戦争”は無くならず、“疫病”もはびこって、嫌でも「地球丸」の乗船者たちは“脱皮”を繰り返しながら、生きていかなければならないように出来ているのだ。むしろ、何事もなかった“平穏な時代”や“平和の時代”や“経済発展の時代”という「順調な歴史」は、地球の歴史から見ればそう長く続くものではないのが“本来の姿”だったのだ。或る意味ではだから、そういう「順調な時代」に大部分の年齢を過ごすことが出来たわれわれは“幸運世代”とも言える。さて、気象庁は昨日“前線の停滞”が予想以上に長くて、西日本一帯の“豪雨”が3日に始まって13日連続となり、記録を更新して、それを見通せなかった「われわれの実力不足だった」と気象庁の関田康雄長官は記者会見場で詫びた。けれども、私は違うと思うのだ。元々、気象庁の天気予報は「占い」とは異なる。的中すれば良いというものではない。世の中の多くの人は間違っているが、逆に「占い」は、本来の役割は“的中させること”で、それが出来れば、その後の“対処法”に関しては多少上手く行かなかったとしても、本来は“責められるべき”ことではない。もちろん、対処法も見つけようと努力するが、見つけられないこともある。さて「天気予報」の方は、的中は“二の次”で良い。むしろ、その後の“対処法”について、的確に指示できるよう他と連携を取りながら、的確な指示を行えば良い。所詮、データによって知り得るのは、その程度のものだからである。「占い」の場合はデータだけでなく、或る種の経験的な直観力が、これにプラスされる。だから、同じデータからでも、当てられる人とそうでない人とが出てくる。何度も失敗して、惨めな経験をして、それがやがて的中をもたらす。だから「外す」ことを怖れるなら、プロ占い師になるべきではない。


最近の記事はこちら

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

5億4000万円「金券ショップ」も加担している⁉

2014年~2016年のわずか2年間の間に5億4000万円分もの切手が「金券ショップ」で換金されていたことが明らかとなった。それも換金したのは、東京の芝郵便局と神田郵便局の当時“課長”と“課長代理”と…続きを読む

作る「銅像」間違えている“お粗末”芸術家

有名人が、その生れ故郷に彫像や銅像を建てられることは珍しくない。そのほとんどは、その街の“誇り”として、記憶に遺したいから建てられる。ところが、たまにはまったく別の目的から、彫像や銅像を建てられること…続きを読む

「500年の寺院」と一体化したホテルが誕生

どのホテルに泊まるかによって、旅の想い出は大きく変わってくる。せっかく京都に泊まるなら、“京都らしいホテル”が良いに決まっている。そこで、おススメなのが9月28日から開業する三井ガーデンホテルだ。一見…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.