今日の迷言・余言・禁言

気負いがなくなると、人は“自由”になる

かつて一世を風靡した歌手の沢田研二がステージ上で歌詞を忘れ、土下座してファンに謝ったらしい。今年はデビュー50周年だそうで、そのための全国ツアーも予定されているらしい。それにしても「沢田研二」は変わった。心身ともに変わった。「心」の方でいえば“裸”になった。もう少しわかりやすく言えば“気負い”がなくなった。「身」の方でいえば“普通のおじいちゃん”になった。“カッコいい熟年”にはならなかった。どう見ても“カサブランカ・ダンディー”ではない。どこにでもいる“中年太りのおじいちゃん”でしかない。つまり、彼は本当の意味で「かつてのアイドル」から卒業したのだ。自分を“昔のアイドル”と思わなくなれば“自由”になれる。外見も、言動も、誰に対しても、気を使わなくても済む。これこそまさに“真の自由”なのだ。ところが、実際には、これがなかなか難しい。別に芸能人でなくても、有名人でなくても、“老いていく自分の姿”をさらすのは勇気がいるものだ。けれども、本当はその方が“楽”だし、楽しく生きられる。確かに老齢となっても、若き頃そのままをほうふつとさせる人はいる。緊張感を保ち、時代に乗り遅れないよう気を配り、スマートに仕事を続けている人たちはいる。けれども、そういう“生き方”は確かに素晴らしいが、ちょっとだけ疲れる。その一方で、もう“普通に年老いていくよ”と悟りきった人たちもいる。もちろん、どちらが良いかは一概に言えず、その人の“人生観”に掛かっている。私は昔、緊張感を保ち、最期まで“理想を追い求めていく”生き方に憧れていた。けれども、最近の外貌はどうだ。とても緊張感を維持している体形ではないし、緊張感を維持している頭脳でもない。やはり「神様」は“運命を平等”に授けているのだろうか。


最近の記事はこちら

神の館で「心の衣裳」は剥ぎ取られていく

近代に入って世界的にじわじわと勢力を拡大しつつあるのが「イスラム教」という宗教である。一日5回の厳格な礼拝義務を課すこの宗教が、ITが普及した現代でも受け入れられているのは奇妙な気もするが、一つだけ“…続きを読む

「くじ」で決まった“落選”が覆される⁉

人には“運不運”というものが有る。その象徴ともいえるものが「くじ運」だ。もし「くじ」で“その職業”を失ったとしたら、あなたは黙っているだろうか。松浦千鶴子氏は黙っていなかった。昨日、選挙管理委員会に対…続きを読む

「悪い予感」が的中した話

書こうか書くまいか、私には珍しく迷った。けれども、もう20年も前のことなので“懺悔”的な意味も含めて書くことにした。先日、パリのノートルダム寺院が焼けたが、あの映像を見ていて、私には何故か20年前の“…続きを読む

“最悪三人組”が経営する「怖~い病院」

「類は友を呼ぶ」という言葉があるが、確かにそういう傾向はある。昨日、福岡県警に摘発された医師達などは正にその典型と言える。どういう仲間だったのかというと、まず一人目は院長で井上勉(61歳)。この人物は…続きを読む

ジェドカラー「貴族の墓」は“大発見”の予兆か⁉

4月13日エジプトのサッカラで、今から4400年前のものとみられる「貴族の墓」が報道陣に公開された。古代エジプト王朝で言えば第5王朝の時代のもので、ギザの大ピラミッドで有名な「クフ王のピラミッド」から…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.