今日の迷言・余言・禁言

気負いがなくなると、人は“自由”になる

かつて一世を風靡した歌手の沢田研二がステージ上で歌詞を忘れ、土下座してファンに謝ったらしい。今年はデビュー50周年だそうで、そのための全国ツアーも予定されているらしい。それにしても「沢田研二」は変わった。心身ともに変わった。「心」の方でいえば“裸”になった。もう少しわかりやすく言えば“気負い”がなくなった。「身」の方でいえば“普通のおじいちゃん”になった。“カッコいい熟年”にはならなかった。どう見ても“カサブランカ・ダンディー”ではない。どこにでもいる“中年太りのおじいちゃん”でしかない。つまり、彼は本当の意味で「かつてのアイドル」から卒業したのだ。自分を“昔のアイドル”と思わなくなれば“自由”になれる。外見も、言動も、誰に対しても、気を使わなくても済む。これこそまさに“真の自由”なのだ。ところが、実際には、これがなかなか難しい。別に芸能人でなくても、有名人でなくても、“老いていく自分の姿”をさらすのは勇気がいるものだ。けれども、本当はその方が“楽”だし、楽しく生きられる。確かに老齢となっても、若き頃そのままをほうふつとさせる人はいる。緊張感を保ち、時代に乗り遅れないよう気を配り、スマートに仕事を続けている人たちはいる。けれども、そういう“生き方”は確かに素晴らしいが、ちょっとだけ疲れる。その一方で、もう“普通に年老いていくよ”と悟りきった人たちもいる。もちろん、どちらが良いかは一概に言えず、その人の“人生観”に掛かっている。私は昔、緊張感を保ち、最期まで“理想を追い求めていく”生き方に憧れていた。けれども、最近の外貌はどうだ。とても緊張感を維持している体形ではないし、緊張感を維持している頭脳でもない。やはり「神様」は“運命を平等”に授けているのだろうか。


最近の記事はこちら

「ジュリー」は、もういない

世の中には“美形”に生まれて来る人もいれば、そうでない人もいる。先ごろ亡くなった樹木希林さんは“美形”ではなかったことが、後年になって“重宝”された。CMでも「美しい方はより美しく、そうでない方はそれ…続きを読む

イスラム教は、やっぱり怖い!

イギリスの中東専門ニュースサイト「ミドル・イースト・アイ」は16日、サウジ人記者カショギ氏がサウジ総領事館内で生きたままテーブルの上で身体を切断され7分で死亡した、と伝えている。切断したのは“暗殺集団…続きを読む

インドが「CoCo」で埋め尽くされる日

今から30年以上前、私はビルの中にあった“占いハウス”に出勤する形の占い師だった。或る日、30代半ばくらいのちょっとハーフっぽい男性がやって来た。彼は口数の少ない日本人だったが、ドイツで寿司職人をして…続きを読む

「インド占星術師」に転身の上祐史浩氏⁉

ちょっと驚かされるニュースが入ってきた。元オウム真理教徒で現在「ひかりの輪」を主宰している上祐史浩氏が“インド占星術師”に転身するというのだ。今回のセミナーで初めてそれを公言したらしい。元々上祐氏は古…続きを読む

「情報」や「比較」が倒産・廃業を増やす

あまり大きなニュースにはなっていないが、企業倒産の件数・負債総額とも過去最多ペースで増え続けている。おそらく今のままで進めば、今年の企業倒産は年間400件550億円に達するものと予想されている。この倒…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.