今日の迷言・余言・禁言

汚れ無き「日本人」&厚かましい「逃亡者」

今年は、いろいろな意味で「日本人」と「外国人」との“違い”を、さまざまなところから感じさせられた。その典型はカルロス・ゴーンという人物である。日産の元会長であり、ルノーの元会長でもあった人物だ。彼は現在、容疑者として収監されていたところから抜け出して、“逃亡中の身”である。謂わば「逃亡者」だ。その逃亡者が、フランスのルノー社に対して「退職金」としての“3000万円を要求・訴訟している”ことが明らかになった。よく「逃げも隠れもしない」という言葉があるが、日本の法律が及ばないところへと居住し、何不自由のない生活をしている。まるで、昔の“ギャング映画のボス”のようだ。そして、逃亡中の身でありながらも「退職金」を要求する。う~ん、何たる度胸。まあ、自分自身は「日産の幹部連中に嵌められた」と思っているようだから、悪びれていないのは当然だともいえる。ただ日本人なら、たとえそうであっても、逃亡者の身で「退職金請求」を行うようなことはしない。ますます「強欲な印象」を与えて、イメージが悪くなるではないか。ところが、真の合理主義者は、日産の問題は日産の問題、ルノーの問題はルノーの問題、という風に考える。私は直接訊いていないが、多分、そうだ。但し、彼の主張にも同意する部分はある。先日、日本の方の日産における2020年3月期の決算が発表されたが、6712億円という巨額赤字となった。もちろん、今年の場合は“コロナ騒動”も含んでいるから、さらに日産の場合は当然のことながら“ゴーン騒動”も含んでいるから、赤字転落は仕方がない。ただ、その赤字額が巨大すぎる。“リーマンショック時”でさえも、今回の三分の一くらいの赤字額であった。いかに今回の赤字額が突出しているかが分かろうというものである。さて、もしも、ゴーン氏が現在も日産の会長でいたなら、これほどの“赤字決算”を生じさせたであろうか。確かに、ゴーン氏のやり方には“問題”があった。そのために“追放”されたのだ。但し、彼が日本に来て、傾いていた日産を立て直し、素晴らしい業績へと転換させた事実は、事実として認めなければならない。日本人の多くは「汚れなさ」の方を取る。私も、どちらかと言えばそうだ。けれども“厚かましく要求する”人種・民族は、どこまでもたくましく生き延びていくのかもしれない。


最近の記事はこちら

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

2021年「恋愛運アップ」“顔相占い”を公開

私は本来あまり自分の“占い公開”予告は好きではないが、今回「ココロニ」サイト側から依頼され執筆・公開したのは、なかなか“ユニークな占いの形”なので、一応、宣伝しておきたい。一言で言えば「2021年の恋…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.