今日の迷言・余言・禁言

河村たかし氏が遺す「1000年の宝」

名古屋市長の“河村たかし氏”と言えば中々ユニークなお人柄で知られる。“未来の総理大臣”を自称し、時の権力を批判していた。その後、いつの間にか“総理”ではなく“市長”となったが、実際の行政では中々思うような成果を出せない時期が続いた。彼の描く“理想郷”は思うように実現できていないが、このほど彼の念願の一つ“名古屋城天守閣の木造復元”のための事業費504億円が成立した。実は全国でも木造での正確な再建は初になるらしい。彼の口癖であった“総理”にはなれなかったが、そして名古屋の市政も必ずしも良好とは言えず、市長としての業績も今一つなのだが、これによって彼は“木造天守閣を復元した市長”として永遠に名を遺すことが出来る。この“復元事業”も、紆余曲折を経ての成立で、地元の評判は必ずしも良いものばかりではない。けれども、戦災で喪われた原初の天守閣(1612年完成)の“正確な実測図”が残っていたことは、歴史遺産の観点からいえば大変喜ばしい。実際の復元工事は2020年から始められ、2022年に完成予定らしい。最初“東京五輪”に間に合わせる予定だった完成は予算の関係などで不可能となった。多少遅れるが、ユーチューブで発信すれば世界的な注目を集めることは間違いがない。日本の“城の形状・外観”は我が国独特の趣がある。観る位置や角度によって、違った印象を与えるのも特徴の一つだ。それにしても、日本の多くの名城が戦災によって失われた。河村市長ではないが「1000年の宝」ともいえる名城天守閣の復元は、世界に誇る“現代の歴史遺産”としての価値がある。われわれにはがさつな民族には無い“雅な血”が流れているのだ。


最近の記事はこちら

“車離れ”は「本当の先進国」になった証拠

“若者の車離れ”に歯止めが掛からない。それを何んとか防ごうと、19日、トヨタは新しく「GR」シリーズを発売すると発表した。スポーツカーブランドを一新することで、低迷が続く国内の自動車販売をテコ入れした…続きを読む

「生前継承」された7代目の“宗教”

先日、テレビで今も継承され続ける「カクレキリシタン」に関するドキュメンタリーが放映されていた。その中で印象的だったのは、現在の指導者が口にした“普通のキリスト教やカトリックとは違う”という発言だった。…続きを読む

甲冑姿の「サムライ」が刀を向ける

近年の歴史・時代物ブームで“古戦場跡”観光というものが盛り上がっている。それ自体は良いことなのだが、その“古戦場跡”の一つ「関ケ原」で全身甲冑姿の「サムライ」が、山頂に続く階段を登りきったところで待ち…続きを読む

「時代について行く」選択は正しいのか

毎日、そこかしこに情報があふれている。無意識にわれわれは、その情報の多くを吸収しながら生きている。それが「時代について行く」という“生き方”である。けれども、本当に、それが“幸福な生き方”なのかどうか…続きを読む

「ノーベル賞の卵」が“非正規雇用”で働く

山中伸弥氏と言えば、謂わずと知れた“ノーベール賞科学者”である。現在は京都大学の細胞研究所所長を務めている。そのHP上に「ご支援のお願い」が掲載された。彼によると、研究所で働く教職員の9割が“非正規雇…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.