今日の迷言・余言・禁言

“法令線の謎”に興味を持った

三笠宮崇仁親王が100歳で「薨去(こうきょ)」された。不勉強な私は「薨去」という文字も言葉も知らなかった。まあ、100歳というめでたい数字(?)で死を迎えたのだから、皇族として理想的な人生と言えるだろう。私が三笠宮氏に“興味”を持ったのはまだ十代の頃であった。それも書店で古代エジプト関係の書籍をさがしていた時、偶然、三笠宮崇仁氏の“顔写真”が大きく掲載された帯の本を見つけた。私はなぜか、その人物の“顔”に興味を持った。正確にいうと、顔そのものではなくて、顔の鼻脇から深く刻まれた“法令線”に興味を持ったのだ。それほど深く刻まれた法令線を見たことがなかった。近年の写真では何故か薄れてしまったが、若い頃には実に見事な法令線が刻まれていたのだ。しかも、それが“皇族の顔”であったことで、どうして皇族なのに“ゴリラのような皺”が出ているのか…という謎が、私の好奇心を捉えて離さなかったのだ。それまでにも「手相」の本は読み漁っていたが「人相」にはそれほど興味が持てず、深入りしていなかった。ところが、三笠宮氏の“深くて長い法令線”を見たことで「人相=法令線」への好奇心が強まり、本格的に人相学も研究するようになったのだ。その後に知ったことだが、三笠宮崇仁親王は日本における“オリエント史研究の権威”として教壇にも立ち、何冊も書籍を出していた。つまり彼は皇族として、同じような立場だったに違いない“古代の王族達”たちの歴史に興味を持ち、謂わば“王家の紋章”を求めて、古代日本とも似ているオリエント史の探索を続けていたのだった。したがって、彼の研究は本格的であり、自らの“使命”と感じての著述であり、教鞭であったに違いない。それが、そのまま“長く深く刻まれた法令線”として反映されたのだ。ところが、通常は年齢がいくほどクッキリする法令線が、近年ぼやけてしまわれ、それと並行するように体調を崩していったようだ。「法令線」は別名「寿帯」とも呼ばれ、それがクッキリ長いのは、その道の権威として長寿を全うする証と言われる。100歳の長寿はそれにふさわしいが「オリエント学会会長」としての要職での活躍は、あまり放映されないのが寂しい。


最近の記事はこちら

「入れ墨」か「タトゥー」か

時々、どちらの言い分が正しいのか、判別が難しい対決がある。大阪地裁で争われている“医師法違反”もその一つで、医師免許がないのに“入れ墨”の施術をしたとして医師法違反に問われた“彫師の男性”が「タトゥー…続きを読む

“占い界”における藤井聡太はどこに?

最近、プロスポーツの世界では次代を担う“若き天才”たちが続々と誕生している。ここで取り上げる将棋世界の藤井聡太君など、その典型だ。まだ14歳の中学生だが、既に昨年10月からプロ棋士四段に昇格した。そし…続きを読む

「EU」が揺れている

11人が立候補したフランスの大統領選で、予想されていた通り過半数を得たものがなく、改めて5月7日に「国民戦線」のルペン氏と、「前進!」のマクロン氏との間で“決選投票”が行われることが決まった。ルペン氏…続きを読む

北朝鮮にも“隠れキリシタン”がいた!

“隠れキリシタン”と言えば、江戸時代の長崎を思い浮かべる。現在でも、その子孫の方々が存在していて“隠れキリシタンの信仰”が維持されている。もう、日本では堂々と“キリスト教徒”を名乗って良いのに、子孫の…続きを読む

“究極の美”は、“マゾ体質”の証明

確かに、その人は美しい。とても50歳には見えない。「美のカリスマ」と呼ばれる。本人も「肌の美しい人を見ると、つい傍に行って話しかけてしまう」とおっしゃる。確かに“美”へのこだわりが強いようだ。君島十和…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.