今日の迷言・余言・禁言

“法令線の謎”に興味を持った

三笠宮崇仁親王が100歳で「薨去(こうきょ)」された。不勉強な私は「薨去」という文字も言葉も知らなかった。まあ、100歳というめでたい数字(?)で死を迎えたのだから、皇族として理想的な人生と言えるだろう。私が三笠宮氏に“興味”を持ったのはまだ十代の頃であった。それも書店で古代エジプト関係の書籍をさがしていた時、偶然、三笠宮崇仁氏の“顔写真”が大きく掲載された帯の本を見つけた。私はなぜか、その人物の“顔”に興味を持った。正確にいうと、顔そのものではなくて、顔の鼻脇から深く刻まれた“法令線”に興味を持ったのだ。それほど深く刻まれた法令線を見たことがなかった。近年の写真では何故か薄れてしまったが、若い頃には実に見事な法令線が刻まれていたのだ。しかも、それが“皇族の顔”であったことで、どうして皇族なのに“ゴリラのような皺”が出ているのか…という謎が、私の好奇心を捉えて離さなかったのだ。それまでにも「手相」の本は読み漁っていたが「人相」にはそれほど興味が持てず、深入りしていなかった。ところが、三笠宮氏の“深くて長い法令線”を見たことで「人相=法令線」への好奇心が強まり、本格的に人相学も研究するようになったのだ。その後に知ったことだが、三笠宮崇仁親王は日本における“オリエント史研究の権威”として教壇にも立ち、何冊も書籍を出していた。つまり彼は皇族として、同じような立場だったに違いない“古代の王族達”たちの歴史に興味を持ち、謂わば“王家の紋章”を求めて、古代日本とも似ているオリエント史の探索を続けていたのだった。したがって、彼の研究は本格的であり、自らの“使命”と感じての著述であり、教鞭であったに違いない。それが、そのまま“長く深く刻まれた法令線”として反映されたのだ。ところが、通常は年齢がいくほどクッキリする法令線が、近年ぼやけてしまわれ、それと並行するように体調を崩していったようだ。「法令線」は別名「寿帯」とも呼ばれ、それがクッキリ長いのは、その道の権威として長寿を全うする証と言われる。100歳の長寿はそれにふさわしいが「オリエント学会会長」としての要職での活躍は、あまり放映されないのが寂しい。


最近の記事はこちら

神の館で「心の衣裳」は剥ぎ取られていく

近代に入って世界的にじわじわと勢力を拡大しつつあるのが「イスラム教」という宗教である。一日5回の厳格な礼拝義務を課すこの宗教が、ITが普及した現代でも受け入れられているのは奇妙な気もするが、一つだけ“…続きを読む

「くじ」で決まった“落選”が覆される⁉

人には“運不運”というものが有る。その象徴ともいえるものが「くじ運」だ。もし「くじ」で“その職業”を失ったとしたら、あなたは黙っているだろうか。松浦千鶴子氏は黙っていなかった。昨日、選挙管理委員会に対…続きを読む

「悪い予感」が的中した話

書こうか書くまいか、私には珍しく迷った。けれども、もう20年も前のことなので“懺悔”的な意味も含めて書くことにした。先日、パリのノートルダム寺院が焼けたが、あの映像を見ていて、私には何故か20年前の“…続きを読む

“最悪三人組”が経営する「怖~い病院」

「類は友を呼ぶ」という言葉があるが、確かにそういう傾向はある。昨日、福岡県警に摘発された医師達などは正にその典型と言える。どういう仲間だったのかというと、まず一人目は院長で井上勉(61歳)。この人物は…続きを読む

ジェドカラー「貴族の墓」は“大発見”の予兆か⁉

4月13日エジプトのサッカラで、今から4400年前のものとみられる「貴族の墓」が報道陣に公開された。古代エジプト王朝で言えば第5王朝の時代のもので、ギザの大ピラミッドで有名な「クフ王のピラミッド」から…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.