今日の迷言・余言・禁言

“波乱”を予感させる結婚

政治家・三原じゅん子氏が三度目の結婚をした。それだけでも“すごいこと”だが、お相手は24歳年下の議員秘書であり、面倒だから“結婚してしまった”という風な感じが大いにする入籍であった。何しろ、彼とは今年7月に出逢ったばかりなのだ。そして9月から同棲し『週刊文春』にそれをスクープされたので、急遽、入籍と相成ったのが真実のようである。政治家は秘書との結婚を法律で禁じられている。そこで、政治秘書を24日付で辞めての入籍なのだ。これなら問題がない? う~ん、急ぎすぎでは…という声が聞こえてきそうだが、彼女には“蓮舫氏”の顔や“ベッキーさん”の顔が脳裏をかすめていたに違いない。というのも、三原氏は蓮舫氏の“二重国籍問題”を追及していた。もしも、今度、自分の方が“秘書との同棲問題”を追求されたら、倍返しされそうである。だから、秘書を辞めさせ入籍してしまえば良い。品行方正で売っていたタレントのベッキーさんが、すべての仕事を失ったのは『文春』への対応を誤ったからである。自分はそうあってはならない。国民から批判を受ける前に、きちんと入籍してしまえば良いのだ。実は、彼女には“苦い思い出”があった。以前にも恋人のミュージシャンを“秘書”にして国民から批判されたのだ。要するに、それらから学んだのが、今回の“入籍劇”なのだ。もちろん、二人が愛情を育み、良い家庭を築いていけば何ら問題はない。ただ、この人、三度目の結婚になる。一度目はレーサー、二度目はお笑い芸人だった。そして三度目は「無職」。結果的に無職。なんとなく不吉な予感。過去に子宮がんを二度患い、子宮全摘出し、レース事故で骨折7回も経験している彼女は「強い女」。これしきの事で“政治家”の地位を失ってたまるか…。


最近の記事はこちら

「ふれあい」で“地位”も“名誉”も失う時代

いつからだろうか。「ふれあい」が「セクハラ」という言葉に変わったのは…。もはや優しく抱きしめるとか、肩を抱き抱えるとか、そっと頭を撫でてあげるとか…そういう行為も、みんなみんな「セクハラ」にされて、職…続きを読む

「♪心ひとつで…」大寒気に襲われる日本

どっかで聞いた気もするけど、よく知らない言葉の一つ「ラニーニャ現象」。海流と大気の状態から、今後一年、日本全体が低温化する可能性がある現象がペルー沖で発生したらしい。まずい。寒いのは困る。それでなくて…続きを読む

自らの「終活」に入った明石家さんま氏

18日に放映されるNHKの音楽番組で、タレント明石家さんま氏が元妻で女優の大竹しのぶさんを“禁断ゲスト”に招き、二人でトークやデユエットを行ったという。別の局だが、最近、明石家氏は単独トーク番組で“真…続きを読む

「ビットコイン」大暴落の予感!

一部で「未来の通貨」としてもてはやされているのが「ビットコイン」をはじめとする仮想通貨だ。つまり、実際には手にすることの出来ない“お金”。う~ん、解かったような解らないような…。まあ“あやしいモノ”と…続きを読む

永遠の“聖地”&“戦地”であるエルサレム

アメリカのトランプ大統領は7日、エルサレムをイスラエルの首都であると認定した。日本人にとっては、別にどうでも良い話なのだが、世界はこれに著しく反応した。大昔から“イスラエル・パレスチナ問題”というのは…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.