今日の迷言・余言・禁言

海外の「ストーカー」は本当に怖い

現在は大学の客員教授でもあるタレント菊池桃子氏に対して、3月に現行犯逮捕されたばかりの元運転手のストーカーが、再び彼女の自宅インターホンを鳴らしたということで逮捕された。う~ん、しつこい。しかし、日本のストーカーなど、海外のストーカーに比べると、まだまだ“序の口”だなと感じさせるニュースが海外から飛び込んできた。このほどロンドン市内で逮捕されたストーカーのチャーリー・ブルッカー(30歳)は元恋人に対して「顔に硫酸を浴びせてやる」「ナイフで切りつけるぞ」「お前の頭を踏みつぶしてやる」などの強烈なメールを2500件も送信した。しかも、この男、前歴が96件もあったのだ。ストーカーのプロじゃないか。アメリカでは、初デート後に65000回ものメールを送信した女性が逮捕された。う~ん、なかなかの頑張り屋さん。中国では同級生の片想いが高じてストーカーと化し、身体に火をつけられてしまった美少女もいる。「燃えるような想い」だったのかもしれないが…。そういうわけで、菊池桃子氏に対するストーカーも、まだまだ海外のストーカーには勝てそうにない。今年、丁度50歳になった菊池桃子氏だが、未だ“若々しい風貌”で、だからこそストーカー男性が出現することになる。東京芸大は予定していた「ミスコン」を止めたそうであるが、その理由に「外見的美しさが、その内面性とも受け止められるから…」という風なことを述べていたが、冗談じゃない。一体、誰がそういう風に受け止めるのか。外貌的な“美”と、内面的な“美”は何の関係もない。芸大ならば「個性派美女ナンバー1」を決める大会でも行ったらどうだろう。「美」の基準は時代によっても異なり、地域によっても異なり、個々の趣味嗜好によっても異なる。みんなが同じものを「美しい」と感じるとしたなら、その方が私にははるかに怖い。


最近の記事はこちら

インディオが怖れる「黒い雨」が降る

太古そのままに密林を伴って南米を流れているのがアマゾン川だ。南米の“母なる川”と言っていい。そのアマゾン川で“異変”が起こっている。森林火災が異常発生しているのだ。今年に入ってブラジルで発生した“森林…続きを読む

やがて「香港」は“廃墟”と化すのか⁉

私が最初に《飲み込まれていく「香港」》というタイトルで、その“危うさ”を書いたのは数年前だ。それから2018年1月15日には《台湾やマカオまで「一つの中国」と言われても…》と不吉な予兆について書いた。…続きを読む

“7度目”と“4度目”の「愛の終着駅」

日本人は他の人種に比べて「執念」というものが、それほど強くない。「和食」で“こってり”とか“とことん”とかいう表現はほとんど出て来ない。どちらかと言えば“あっさり”や“さっぱり”を好むのが日本人なのだ…続きを読む

「令和」が感じられない“即位記念切手”

意外に気付かないでいた10月からの“切手代値上げ”だが、それを気付かせる意味もあってのことなのかどうか知らないが、10月18日から「天皇陛下即位記念」の新たな切手が発行されることが公表された。昨日、そ…続きを読む

「風水家相」で大切なのは“基礎的な事実”

吉本興業の“闇営業問題”で謹慎処分になっていた芸人たちの多くが8月19日に「東京吉本」の舞台に立った。その中にはスリムクラブの内間政成氏の姿もあった。彼は妙な形で多くの同情を集めている。何度か5年前に…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.