今日の迷言・余言・禁言

海外は「格安」より「安心」を選ぶ

格安海外旅行会社“てるみくらぶ”が事実上の倒産らしい。昨日になって本社・支社全て臨時休業、航空券すべてキャンセル扱い、及び発券停止となったからだ。資金繰り悪化による「事業停止」となったらしい。どうも社長は雲隠れのようで、今後の対応が待たれる。先日の新聞紙上でも“魅力的な広告”が踊っていた。ところが、この旅行会社、前から評判があまり良くなかった。問い合わせても、反応がないとか、詳しく教えてくれないとか、キャンセルを認めないとか、旅行会社としての初歩的な部分が今一つ確立されていないようなのだ。私なども、それを知って申し込むのを止めた経緯がある。それでなくても、海外旅行は不安が付きまとう。何か問い合わせて、応えてもらえないのでは信頼関係が築けない。どんなに料金的に格安でも、企画内容自体は魅力的でも、安心・安全という海外における重要な要素が欠けていたのでは、企業イメージが低下する。近年は海外におけるテロや事件が多く、昔ほど気軽に旅立てる地域が少なくなった。観光として海外に出向く場合、まずはトラブルの心配が少ないところを優先する。そういう意味で近年「台湾」が日本人の観光先として1位になっているのは、テロや事件の心配が少ないこと、日本人に対し好意的であること、街中の漢字表記も解りやすいこと、食べ物も馴染み或るものが多いこと、交通機関も利用しやすいこと、物価・お土産も比較的安いことなど支援材料が多い。一時期多かった韓国が、近年、日本に対し好意的ではなくなったことが訪韓者を激減させてしまった。その“韓国の激安ツアー”を得意としていたのが“てるみくらぶ”だった。実は社長が“韓流の追っかけ”だったという噂もある。多少、お金が掛かってでも、安心・安全を買おうとする日本人旅行者は、政情不安な昨今、ますます増えそうな気がする。


最近の記事はこちら

「情報」や「比較」が倒産・廃業を増やす

あまり大きなニュースにはなっていないが、企業倒産の件数・負債総額とも過去最多ペースで増え続けている。おそらく今のままで進めば、今年の企業倒産は年間400件550億円に達するものと予想されている。この倒…続きを読む

「アップルウォッチ」が“殺人”を暴くか⁉

トルコ政府に近い地元紙「サババ」は13日、イスタンブールのサウジアラビア総領事館を10月2日に訪問して後、行方不明となっているサウジ人の新聞記者カショギ氏が、サウジアラビアから来た“暗殺集団”に激しく…続きを読む

なぜか『ムー』だけが残った

10月12日から都内で秘かに開催されているのが「創刊40周年・ムー展」である。1979年10月の創刊から正確に言うと来年で40周年になる。まあ1年前倒しでの“40周年記念イベント”らしい。創刊当時から…続きを読む

「中高生アイドル」の問題点

今年3月に自殺した松山市を拠点とする“農業アイドル”「愛の葉ガールズ」の大本萌景(ほのか)さん・享年16歳のご遺族が、娘が自殺したのは所属事務所社長のパワハラが原因として9200万円の訴訟を起こした。…続きを読む

「別件」が気になる「ミイラ取り捜査官」

時々、ニュースそのものよりも、その“関連事項”の方に惹きつけられることがある。札幌駅付近で10月10日に逮捕された成田順容疑者の「覚せい剤事件」もそうだ。実は彼は2008年4月から、ずっと“薬物捜査”…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.