今日の迷言・余言・禁言

海外は「格安」より「安心」を選ぶ

格安海外旅行会社“てるみくらぶ”が事実上の倒産らしい。昨日になって本社・支社全て臨時休業、航空券すべてキャンセル扱い、及び発券停止となったからだ。資金繰り悪化による「事業停止」となったらしい。どうも社長は雲隠れのようで、今後の対応が待たれる。先日の新聞紙上でも“魅力的な広告”が踊っていた。ところが、この旅行会社、前から評判があまり良くなかった。問い合わせても、反応がないとか、詳しく教えてくれないとか、キャンセルを認めないとか、旅行会社としての初歩的な部分が今一つ確立されていないようなのだ。私なども、それを知って申し込むのを止めた経緯がある。それでなくても、海外旅行は不安が付きまとう。何か問い合わせて、応えてもらえないのでは信頼関係が築けない。どんなに料金的に格安でも、企画内容自体は魅力的でも、安心・安全という海外における重要な要素が欠けていたのでは、企業イメージが低下する。近年は海外におけるテロや事件が多く、昔ほど気軽に旅立てる地域が少なくなった。観光として海外に出向く場合、まずはトラブルの心配が少ないところを優先する。そういう意味で近年「台湾」が日本人の観光先として1位になっているのは、テロや事件の心配が少ないこと、日本人に対し好意的であること、街中の漢字表記も解りやすいこと、食べ物も馴染み或るものが多いこと、交通機関も利用しやすいこと、物価・お土産も比較的安いことなど支援材料が多い。一時期多かった韓国が、近年、日本に対し好意的ではなくなったことが訪韓者を激減させてしまった。その“韓国の激安ツアー”を得意としていたのが“てるみくらぶ”だった。実は社長が“韓流の追っかけ”だったという噂もある。多少、お金が掛かってでも、安心・安全を買おうとする日本人旅行者は、政情不安な昨今、ますます増えそうな気がする。


最近の記事はこちら

「正義」に固執しすぎる時代

最近のニュースには「正義」というものに固執し過ぎているものが多い。特に「絶対正義」だ。その時、正義でも時代が変わることで、正義でなくなってしまうことは少なくない。例えば太平洋戦争の時代、お国のために“…続きを読む

ただ働きで借金⁉「連邦職員はつらいよ」

昨年末からアメリカの政府機関が閉鎖したままになっている。当然のことながら、そこで働く人たちに給与は出ていない。その数約80万人である。政府機関の中には仕事そのものも休止した状態で閉鎖されたままの部署も…続きを読む

「もう一つの学校」が必要な時代

中学校などの教育現場で今、深刻な状態を引き起こしているのが「隠れ不登校」の問題だ。病気とかイジメとか精神的な問題から「不登校」が生じてしまうことはしばしば耳にする。学校側が定義する「不登校児」というの…続きを読む

「天使のはしご」で空を飛ぶ

ときどき神様はイタズラをする。神様というのはイタズラ好きなのだ。「天使のはしご」も、その一つなのに違いない。昨日、朝、東京上空には「天使のはしご」が降りた。私はその名称を知らなかった。重く垂れこめた雲…続きを読む

「深くて暗い川がある」商法の限界

このところ“嫌な告発事件”が続いている。「NGT48山口真帆」「純烈・友井雄亮」「YouTuberヒカル」こういった“時代の寵児”と、その周辺で巻き起こった出来事が“告発”という形で次々と表に出て来て…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.