今日の迷言・余言・禁言

海外は「格安」より「安心」を選ぶ

格安海外旅行会社“てるみくらぶ”が事実上の倒産らしい。昨日になって本社・支社全て臨時休業、航空券すべてキャンセル扱い、及び発券停止となったからだ。資金繰り悪化による「事業停止」となったらしい。どうも社長は雲隠れのようで、今後の対応が待たれる。先日の新聞紙上でも“魅力的な広告”が踊っていた。ところが、この旅行会社、前から評判があまり良くなかった。問い合わせても、反応がないとか、詳しく教えてくれないとか、キャンセルを認めないとか、旅行会社としての初歩的な部分が今一つ確立されていないようなのだ。私なども、それを知って申し込むのを止めた経緯がある。それでなくても、海外旅行は不安が付きまとう。何か問い合わせて、応えてもらえないのでは信頼関係が築けない。どんなに料金的に格安でも、企画内容自体は魅力的でも、安心・安全という海外における重要な要素が欠けていたのでは、企業イメージが低下する。近年は海外におけるテロや事件が多く、昔ほど気軽に旅立てる地域が少なくなった。観光として海外に出向く場合、まずはトラブルの心配が少ないところを優先する。そういう意味で近年「台湾」が日本人の観光先として1位になっているのは、テロや事件の心配が少ないこと、日本人に対し好意的であること、街中の漢字表記も解りやすいこと、食べ物も馴染み或るものが多いこと、交通機関も利用しやすいこと、物価・お土産も比較的安いことなど支援材料が多い。一時期多かった韓国が、近年、日本に対し好意的ではなくなったことが訪韓者を激減させてしまった。その“韓国の激安ツアー”を得意としていたのが“てるみくらぶ”だった。実は社長が“韓流の追っかけ”だったという噂もある。多少、お金が掛かってでも、安心・安全を買おうとする日本人旅行者は、政情不安な昨今、ますます増えそうな気がする。


最近の記事はこちら

「入れ墨」か「タトゥー」か

時々、どちらの言い分が正しいのか、判別が難しい対決がある。大阪地裁で争われている“医師法違反”もその一つで、医師免許がないのに“入れ墨”の施術をしたとして医師法違反に問われた“彫師の男性”が「タトゥー…続きを読む

“占い界”における藤井聡太はどこに?

最近、プロスポーツの世界では次代を担う“若き天才”たちが続々と誕生している。ここで取り上げる将棋世界の藤井聡太君など、その典型だ。まだ14歳の中学生だが、既に昨年10月からプロ棋士四段に昇格した。そし…続きを読む

「EU」が揺れている

11人が立候補したフランスの大統領選で、予想されていた通り過半数を得たものがなく、改めて5月7日に「国民戦線」のルペン氏と、「前進!」のマクロン氏との間で“決選投票”が行われることが決まった。ルペン氏…続きを読む

北朝鮮にも“隠れキリシタン”がいた!

“隠れキリシタン”と言えば、江戸時代の長崎を思い浮かべる。現在でも、その子孫の方々が存在していて“隠れキリシタンの信仰”が維持されている。もう、日本では堂々と“キリスト教徒”を名乗って良いのに、子孫の…続きを読む

“究極の美”は、“マゾ体質”の証明

確かに、その人は美しい。とても50歳には見えない。「美のカリスマ」と呼ばれる。本人も「肌の美しい人を見ると、つい傍に行って話しかけてしまう」とおっしゃる。確かに“美”へのこだわりが強いようだ。君島十和…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.