今日の迷言・余言・禁言

消えた5億7000万の行方

このところ「振り込め詐欺」に関するニュースが減ったと嬉しく感じていたが、必ずしもそうではなかった。個人としては最高額となる「5億7000万円」の被害額が“特殊詐欺”で生まれていたのだ。80代の女性が20数回にもわたって“郵送する形”で詐欺グループに金を渡した。その合計額が5億7000万なのだ。ここで注目すべきは「おれおれ」ではなかったということ。「金融庁」などを語っているのだ。そういうところから電話が入って「管財人に預けなさい」とういう、いかにも“金持ち”が引っ掛かりそうなところを示唆して郵送させている。つまり、“おれおれ”でも“振り込め”でもなかった。危険なところから守ってくれそうな“金融庁”や“管財人”だった。だから、信用してしまったのだろう。それにしても独り暮らしの80代の女性が5億7000万もの大金を所有していたこと自体、われわれは驚く。それを察知し、金融庁や管財人で“仕掛けてきた”詐欺グループの巧妙さにも驚く。もちろん、こういう金額は詐欺グループから“危ないところ”へと吸い上げられる。“堅い人生”を歩んできた独り暮らしの老人たちが狙われ続ける。庶民は“お金持ちの独り暮らし”に対して、なぜか“やさしくない”ことが多い。ぎりぎりで生活している人たちからすれば“無駄なお金”に思えるからだろうか。「お金」は無さ過ぎても犯罪を引き起こすが、有り過ぎても犯罪に巻き込まれる。1400兆円ともいわれる“眠っているお金”は、安らかに眠れない。


最近の記事はこちら

「カジノ」で“勝つ”か“負ける”かの選挙戦

北海道と大阪府の知事選で“勝つ”か“負ける”かの「鍵」を握っていそうなのが「カジノ」である。カジノというのは文字通り“勝ち・負け”を競うところだが、そのカジノ誘致が経済活性化の起爆剤と「噂」されている…続きを読む

不可思議なもの「親の血を引く兄弟」

昔、北島三郎氏は「♪親の血を引く兄弟よりも…」と歌った。実際、世の中には“実の兄弟”よりもはるかに“兄弟的な関係”となる友人・仲間・同僚を持つ人達もいる。特に20代から50代くらいまでの間、血縁者たち…続きを読む

「未来」には“さまざまな選択肢”がある

人は思いつめると「もう、これしかない」という結論に陥りがちなものである。さまざまな事件とか、犯行とかは、そういう時に起こる。世の中には、最初から“犯罪者的素質”を持って生まれている人もいることはいるが…続きを読む

「怖い女たち」を彩ったトプカプの至宝

今日3月20日から六本木の「国立新美術館」でオスマン帝国の栄華を誇った時代の「トルコ至宝展」が開かれている。15世紀から18世紀の時代に使われていたトプカプ宮殿秘蔵の品々が展示されているのだ。どうして…続きを読む

「ネット民」は“敵”か“味方”か⁉

現代は「世間の声」としてのインターネット上の“書き込み”を無視できない時代となっている。時として、それが“幸運をもたらす”場合もあれば、“不幸を引き連れて来る”場合もある。昨日、モデルでタレントの梅宮…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.